感想メモ の記事一覧
NEXT PAGE ≫
2015.03.02.Mon / 22:22 
日本での公開は一か月以上も前の先々月下旬なのに今更と言われそうだが、ようやく今日、ずっと観ようと思っていた映画「ANNIE/アニー」を観て来た。

K0120040.jpg

本当は、前売り券を買って公開初日に観るつもりだったのに、映画館に前売り券を買いに行ったら売り切れなのか元々取り扱いがなかったかで買えなかった為、出鼻を挫かれたような気持ちになってしまって「これならファーストデーかメンズデーの時に観るか」と考えながら先延ばしにしているうちに上映が一日一回のみに縮小されてしまい、「もういっその事パンフレットだけ買って本編はDVDかBlu-ray発売まで待つか」と思ったりした事もあったけど、やはり前々から楽しみにしていたのにスクリーンで観なかったら後悔すると思い、思い切って今日時間を取って観に行った。

今回の映画版「アニー」の情報を数年前にネットニュースで知った時は、様々な改変部分についてかなり不安になっていたけど、公開が近付いて来て予告編の動画を観たりしているうちに「これはこれでアリかも」と思うようになり、そして今日ようやく全編を観て、やはりこの映画「ANNIE/アニー」のような思い切った現代化もアリだと思った(劇中曲「It's the Hard Knock Life」のアレンジは、似たような試みを行った1999年の日テレ版よりずっと良かったし、スマホやツイッターそして動画サイトがストーリーに絡むのも、個人的には面白く感じた)。

ところで、観ている時に気が付いたのだが、スタックス(オリジナルのミュージカル版のウォーバックスに当たる役)の対立候補の名が確かHarold Grayだったと思うが(一度しか観ていないのでスペルが正しいか自信ない)、これは大元の原作コミック「Little Orphan Annie」の作者の名から、それにアニー達が映画のプレミアに招かれたシーンで劇場の看板に書かれていた出演者の名前に「ALVIN」と「GOODSPEED」とあったのは、前者は舞台ミュージカル「ANNIE」を初演した劇場・Alvin Theatre(現・Neil Simon Theatre)、後者はその公演のトライアウト(ワールドプレミア)を行った海外ミュージカルファンには有名な地方劇場・Goodspeed Opera House(ここの劇場で初演された作品では他に「ラ・マンチャの男」も有名。詳しくはこのリンクを参照の事)から付けたのだろうか(パンフレットに「この映画のトリビア」みたいに触れられているかと思って読み直したが、それらしき記述はなかった)。

帰宅してから早速Amazon.co.jpでサントラも注文したし、多分今年中にはDVDやBlu-rayソフトも発売になると思うので、今から発売が楽しみ。
2014.01.25.Sat / 17:09 
前の記事に書いた通り、三日前にヤフオク!で落札したドキュメントスキャナが届いた訳だが、届いたその日に試したスキャン結果があまりにも酷かったので「やっぱり安いものには安いだけの理由があるのか」と落胆していた。

だが、スキャン画像の修整について検索していた時に、スキャン時の網点の除去について書かれたページがあったのでスキャンソフトの設定を良く調べてみたら、初日にスキャンした時には網点除去機能を使用しなかったのと、明るさやコントラストの調整をしなかったからスキャン結果が悲惨な事になったのだと気付き、それから色々と設定を変えてスキャンを試したら幾分ましになったので、その結果について色々書いてみようと思う。


ちなみに今回買ったドキュメントスキャナは、GEANEEというメーカーの「YASHICA ADF-400」http://www.geanee.jp/products/yashica_adf-400.html )。

K0120006.jpg
↑自炊用の本の解体作業用に新しく買った折畳みテーブルの上に載せてみた。

(長くなるので続きは追記部分に)
▽Open more.
2013.05.20.Mon / 20:16 
今夜は、引っ越しの荷造りや部屋の整理はお休みにして、放送を知ってからこの日を指折り数えて待っていたBSプレミアムの宝塚歌劇中継「川霧の橋/ル・ポアゾン ~愛の媚薬~」を観ている所です(先日の事があってから、長時間番組の録画がちゃんと出来るか心配していたが、AVCRECとVRの両モードとも無事録画されていた。本当はBD-R用にも録画したかったけど、最近DVD-RやBD-RへのダビングをサボっていたせいでHDD容量がAVCREC MN4.6で200時間を切ってしまっているから断念した)。

この作品には結構思い入れがあって、自分が宝塚歌劇を知ってから(切っ掛けは、NHK-FMのミュージカル特集で「ミー&マイガール」の主題歌が紹介されたのを聴いた時か、斉藤由貴さんが故・乙羽信子さんの伝記ドラマに主演なさった時に冒頭に紹介されていた「南の哀愁」の一場面を観た時のいずれか)好きだった当時の月組トップスターコンビの剣幸さん・こだま愛さんのサヨナラ公演というのと(実際の舞台は観に行けなかったが、パンフレットと舞台中継CDは買ったし、今観ているNHKの中継が最初にBS2で行われた時や「花の指定席」で放送された時にビデオ録画している)、CDや舞台中継でハマってからは原作小説(山本周五郎氏の「柳橋物語」「ひとでなし」。残念ながら「ひとでなし」はどの単行本に収録されているのか判らなかったので未読)を買って読むくらい夢中になった作品でした。

なので今日のこの日をずっと待ち望んでいた訳ですが、「川霧の橋」は、大体のストーリーを覚えているせいか、前半の賑やかな場面でも「この登場人物はこの後こんな境遇に見舞われるんだ」とか考えてしまって妙に泣けて仕方ありませんでした。

細かい感想は苦手なので書くのは止めておくが、ラストシーンで主人公がようやく想いが通じ合って結ばれる幼なじみのヒロインに向かって「もう、何処へも行くな」と言うくだりは、初見の時も今も「言われた方は女冥利に尽きるだろうな」と思います(そして二人が手に手を取って去った後、誰もいなくなった柳橋の風景で幕が下りるのも、余韻を感じさせる味わい深い演出だと思う)。

この舞台を観ていたら、また「柳橋物語」を読みたくなったので、電子書籍で配信してないかと検索したらパソコン用の電子書籍はhontoとBookLive!しかないようなので(どちらのサイトも会員登録しているけどeBookJapanの方がいいので購入は止めた)、パソコンでの使用は諦めてDELL Streakで読めるAmazon Kindleで購入しました。

そして今は続けて「ル・ポアゾン ~愛の媚薬~」を観ている所ですが、主題歌以外全然覚えていないので、新鮮な気持ちで観られて幸せです(と言いながらこうしてブログ記事を書きながらの「ながら視聴」ですが)。


これで当面の一番の楽しみは終わったので、明日からまた引っ越しの荷造りや部屋の整理に精を出そう。


柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)柳橋物語・むかしも今も (新潮文庫)
(1963/04/01)
山本 周五郎

商品詳細を見る


数年前に今回放送のNHK中継版を(著作権上の都合で若干の場面カットをして)ソフト化した「川霧の橋/ル・ポアゾン ~愛の媚薬~」の復刻版DVDが発売されたが、Amazon.co.jpでは取り扱いがないようなので残念ながらアソシエイツのリンクが貼れない(調べてみたら既に発売元のTCAでも「SOLD OUT」になってた……そりゃ商品が売り切れたら取り扱い出来る訳ないな)。
2013.01.14.Mon / 00:38 
最近(というかここ数年くらい)は連ドラやアニメをリアルタイムで見る事が少なくなったけど、今夜始まったドラマ「とんび」(初回二時間スペシャル)をリアルタイムで久し振りに観てみた。

去年放映されたNHK土曜ドラマ版の時から気になっていた作品なので(その割りに、NHK版は総合テレビとBSプレミアムの両方を録画したが未見、原作も未読)、放映開始前にWikipediaの本作の項目や今回の連ドラの公式サイトで少しは予備知識を得ていたけど(それならNHK版も観ろよ、自分……)、それでも自分が予想しないくらいに泣けてしまい、この第1話を観終えてからこの記事を書いている今も気が昂ぶってまだ眠れそうにない(今日が祝日で良かったわ)。

ドラマ前半、幸せだった主人公夫婦の姿を観ていて、(事前に主人公とその妻が結婚するまでは家庭に恵まれなかったと知っていたからか)何故か二人とも今の幸せが壊れないように互いに遠慮しあっているように感じたのだが、一人息子が生まれて何年か経ったある日の、家族で出掛ける予定が雨で中止になった朝の二人にとって初めての喧嘩の場面で、これで二人の中にあった(と推測される)心の壁が取り払われて、これからは今まで以上に結ばれあった夫婦、そして息子も含めた三人家族になって行くのだろうと思った矢先に辛い別れが訪れるとは思わなかった(予備知識で展開は知っていたけど、もっと先だろうと思ったので、この日のうちに起こるとはとショックだった)。

そしてこの辺りからの場面でも涙腺が弱くなっていたが、主人公の妻が亡くなってしばらくしたある夜、息子が眠ってから主人公が外出している間に、眼を覚ました息子が誰もいないのに気付いてアパートの室内を探し廻るくだりで、ふと頭の中に辺りを見廻す息子の目線が再現され、不安と寂しさで一杯になっているであろう息子の気持ちが自分の子供の頃に感じた不安と寂しさにシンクロしてしまい(自分の子供の頃の場合は状況が全然違うけど)、そこからはどうしようもなく泣けてしまい、アパートに帰ってきた主人公が階段を上る時の独特の足音が聞えた辺りからは、堪えきれずに声を上げて泣きじゃくりながら観ていました(正月二日に観たWOWOWの「ユーミン×帝劇 8月31日~夏休み最後の日~ 純愛物語 meets YUMING」の時もクライマックスで「Anniversary」が歌われる辺りの場面の貫地谷しほりさんの台詞で泣いたけど、それ以上)。

リアルタイムで最後まで観るかどうか迷ったけど、やっぱり最後まで観て良かったし、これからの展開も気になるので、来週以降もリアルタイム視聴をするつもりです。

それと、やっぱり次回までに原作も買って、録画したNHK版も観ておこうかな。
2010.12.10.Fri / 23:44 
ずっと以前に公演の案内が来た事を書いておきながらそれきりになっていましたが、今夜は岐阜まで足を延ばして御浪町(みなみちょう)ホールで今日初日を迎えた劇団はぐるまの最新公演「シルバー・チルドレン」を観劇しました。

今年は夏のミュージカル劇場が事情により休止されたので、岐阜に来るのは2月に同ホールで上演された「頭痛肩こり樋口一葉」観劇以来でした。

今回の作品は主人公(ともう一役)がダブルキャストだったので、公演案内に同封された公演チラシにダブルキャストの出演日程などが記載されていなかったので当日プログラムを見るまでどちらの役者さんが主人公を演じるのか分かりませんでしたが、今回(今日と明日の一・二回目の公演)主人公を演じた若い役者さんは、初日なので少し固い部分も見受けられたが、大抜擢に応えた確かな演技で主人公の易しいようで難しい役柄(それについてはネタバレになるので詳しくは書かない)を演じており、劇団のこれからを担う若い人材が育っている事を印象づけられました(本当はダブルキャストの役者さんのファンなので「初日なら絶対この方だろう」と思ってチケットを取ったので最初はどうかと思ったけど、これは嬉しい誤算でした)。

それと、いつもは後ろの方の席で観劇する事が多いですが(指定席でなく自由席の場合でも)、今回は入場してから案内の劇団員の方に「前の方が空いてます」と勧められたので、初めて最前列で観劇しました(なので今回は眼鏡を掛けなくても出演者の表情をはっきり観られた。端の席だったので舞台後方のセットが見辛かったのが少し残念ですが)。

作品の内容についてですが、あらかじめ予備知識を公演チラシの粗筋以外に入れずに観劇したので(「上演時間はどのくらいだろう」と検索しようと思ったが、うっかりブログ等の感想記事などを読んでストーリーの核心部分まで知ってしまったら初見の面白味がなくなるだろうと思って止めた)、舞台後方に五床並べられたベッドの空いた一床(自分の席からは舞台上手前方に置かれたデスクでよく見えなかったが)の意味と主人公の新任看護師についての意外な真実が明かされるラストは全く予測が付かず、暗転後のエピローグでそれに気付いた時には内心愕然としてしまいました(「なんて大げさな」と言われそうだが自分は本当に驚いた)。

この作品は、認知症の老人が入院している病院が舞台なのだが、作中でベテラン看護助手が、まるで笑い話でもするかのように、ある病院(作中の舞台ではなく別の病院)での入院患者に対する扱いを語る場面で一瞬「なんて無神経な」と思ってしまったが、その後の場面で、その看護助手が急死した別の病棟の患者の家族について当直医と遣り切れないような思いで語り合う場面を観て、「ああ、老人福祉の現場にいる人達は、患者と家族の両面から綺麗事ではない辛い現実を見過ぎているから、それを笑い飛ばすようにして自分を奮い立たせないと遣り切れなさで潰されてしまうのかもしれないな」と思い、最初に看護助手について感じた誤解を恥ずかしく思いました(デリケートな問題なので、もしかしたらこの文章を書いている今もまだ当事者の心情を理解出来ていないのかもしれないが……)。

それともう一つ、作中で「船長」と呼ばれている老人が、主人公に向かって怯えたように、自分を入院させたまま見舞いにも来なくなった息子(だと思うが作中でははっきり言及されていなかったと思う)について語る場面が、自分にとって何かを突きつけられたような痛みを覚え、観終わってからもまだ頭から離れません。

そんな訳で、この舞台を観た事で今夜はいつになく「老い」について考えています(帰宅してから一時間半以上経つけど、まだ気持ちが昂ぶっていて眠れそうにない。明日が土曜で良かった)。

それでは。
2010.02.17.Wed / 22:57 
タイトルにもあるように、今夜のWOWOW「宝塚への招待」は一昨年の秋に上演された「グレート・ギャツビー」でしたが、最初の方だけのつもりで観ていたら夢中になってしまい、結局最後まで観てしまいました(ここしばらくはリアルタイムで観るより録画したものを後日観る事が多くなったので、久し振りのリアルタイム鑑賞)。

この作品は、「世界初のミュージカル化」の触れ込みで宝塚歌劇団が1991年に当時の雪組トップスター杜けあきさんの主演で上演した作品(当時のタイトルは「華麗なるギャツビー」で、ショー「ラバーズ・コンチェルト」と二本立て。翌年だったかにNHK-BS2で中継放送もされた)ですが、実はこの作品が自分にとって初めて生で観劇した宝塚の舞台でした。

原作小説も読んだ事がないし映画版も観た事がないのに、当時大好きだった雪組娘役トップスターの鮎ゆうきさん(近年は東海昼ドラでエキセントリックな役柄を演じてらしたのを観て複雑な心境だった……)が本作で退団なさると「歌劇」だったかの雑誌で知って、退団なさる前に一度でいいから鮎さんの舞台を観たいと思い、東京公演を観に行ったのですが、上にも書いたように初の生宝塚だった事で色々と思い入れの深い作品となりました(やっぱりオペラグラス越しとはいえ生で観た鮎さんは美しかった!)。

そして一昨年、この作品が日生劇場の特別公演として一本立てとして改訂公演が行われると聞いた時は、「再演されるのはいいとして、無理に場面を増やしてバランスが悪くなったらどうするんだろう」とか、「再演版はDVD化前提だろうから初演に使われていた曲の(外国曲を転用していた)何曲かは差し替えられちゃうんだろうな」と思っていましたが、今日WOWOWの放送を観て、所どころ初演との違いが気になったけど、全体的には満足出来る作品に仕上がっていました。


それでは今日の放送を観て気付いた事をいくつか。

自分が東京で観た初演の時は、第一幕の幕開きに序曲があったと記憶していたけど(序曲が入ったのは東京公演からなのか、観劇後に買った大劇場版の実況録音CDには序曲がなくて物足りなかった記憶も。ここ数年テレビ中継の録画ビデオも観ていないし実況CDも聴いていないので記憶違いがあったらご容赦)、折角一本立ての公演になったのだから、いきなりニックの登場から始めずに、古き良きブロードウェイ・ミュージカルのように幕開きは序曲で盛り上げて欲しかったです。

初演を観た時は、デイジーの夫トムの愛人マートルが大嫌いだったけど、第二幕に追加されたナンバーを観て、初めて少しだけだが彼女の満たされない哀しみのようなものが理解出来たような気がします(だけどやっぱり、裏切られても彼女を信じ続けた夫の事を考えると、同情はするが共感は出来ない)。

それと、初演を観た時は(って上と同じ書き出しだな)、デイジーを追い求めたギャツビーの行動自体は頭で理解しても今一歩自分の中で共感にまで結び付かなかったけど、年を重ねて少しは男女の機微が解るようになったのか(まさか)、今日の放送を観ていたら何故だかギャツビーのデイジーをめぐっての行動全てがいじらしく思え、クライマックスでマートルの夫に撃たれた所では柄にもなく泣けて来ました(「マートルの夫に撃たれた後、ギャツビーはデイジーの住む対岸を振り仰いで彼女の幻を心の眼に焼き付けようとしたんだよね?」なんておセンチな事を考えてしまう次第で……)。

ところで、上の方で「何曲か差し替えられるかも」と書いたけど、自分が覚えていた初演の曲で「あっ、これ差し替えられたな」と気付いたのは、ニックと共にデイジーがギャツビーの屋敷を訪ねた場面で、場面転換が終わってすぐに屋敷の使用人(だっけ?)がピアノを弾きながら歌う場面ぐらいしか思い当たりませんでした(確かギャツビーとデイジーが初めて出逢った回想シーンのワルツは初演と同じ曲だよね?)。


それと最後にしょうもないネタで恐縮ですが、ニックと恋仲になった(けどラストで破局した)ジョーダンがライバルのゴルファーとゴルフ勝負をする場面で、出演者が曲に乗って一斉にゴルフクラブを振る場面を観ると、初演の時も今回も、反射的に頭の中で「寿がきやの、焼きうど~ん」と響いて来て困りました……(訳の分からない方の為に説明すると、初演の頃に放映されていた「寿がきや焼きうどん」のCMが、ゴルフ練習場だったかが舞台で「寿がきやの、焼きうど~ん」という掛け声に合わせて一斉にゴルフクラブを振る場面があり、初演「華麗なるギャツビー」のゴルフ勝負のダンス場面を初めて観た時、ついそれを思い出してしまったという訳です)


そんな訳で長くなりましたが(録画を観ながら書いている訳ではないので早々に記憶違いがあるかも)、思い出深い「華麗なるギャツビー」も今回の「グレート・ギャツビー」も、どちらも傑作だと思ったし、どちらのバージョンも相応しいスターが現れたら何度でも再演して欲しいと思いました。

それでは。
2009.09.28.Mon / 21:55 
今夜帰宅したら、シルバーウィーク中に「ちょコムBOOKS」で注文していた「ベティ・ブープDVD-BOX」が届いていました。

もう二ヶ月半くらい前に発売については知っていたのに、色々と事情があってなかなか買えなかったので、ようやく買えて良かったです(まあ、そんなにすぐに品切れにはならないだろうと思っていたけど)。


ベティ・ブープ DVD BOX (DVD付)ベティ・ブープ DVD BOX (DVD付)
(2009/07/07)
不明

商品詳細を見る

(キャプチャ画像なども入れたら記事が長くなったので続きは「▽Open more.」を開いて下さい)
▽Open more.
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.