喜び・驚き の記事一覧
NEXT PAGE ≫
2014.07.13.Sun / 17:18 
久し振りの二日続けての記事です。

今日の午後(今も午後だけどさ)、ある漫画家の作品がeBookJapanで発売されていないか調べていた時に、ついでで今後の発売予定のページを見ていたら、「少年コミック」のカテゴリの発売予定タイトルに意外なタイトルを発見して驚いた。

……なんと、横山隆一氏の代表作である新聞漫画「フクちゃん」(と他の二作品)が今月22日に発売されるというではないか。

fukuchan_ebj-hatsubaiyotei.jpg



「フクちゃん」といえば、昭和を代表する新聞漫画の一つでありながら「サザエさん」「コボちゃん」と違ってメディア化や単行本の発売に恵まれていない作品だったのに(アニメ化は1980年代に一度だけ、単行本はアニメ化当時に奇想天外社という出版社から刊行されたが版元の倒産で絶版、それ以降はどこの出版社からも刊行された様子がない)、何故今頃になって発売されるのかと不思議に思ったが、好きな作品だったので素直に嬉しい(前述の奇想天外社の単行本も当時の限られた小遣いの中で何冊か買ったが、結局全巻揃えられなかった。今回の発売予定の巻数を見るとどうやらeBookJapanの電子書籍版の底本は奇想天外社版じゃないかと思うのだが、どうだろう)。

発売予定を見ると単行本が全十六巻の他にダイジェスト(発売予定リストには「戦前・戦中・戦後」とまとめてあるが、それぞれ別々に発売するのか、戦前・戦中・戦後合わせて一冊なのか不明)が発売されるというので、基本的に毎月二巻、余裕のある時は三、四巻ずつ買おうかと思っています。


何はともあれ、22日の発売が楽しみです(某マンガ家の作品への興味が薄れて掲載誌も積ん読状態になった今、定期的に追いかけている作品は、はるき悦巳氏のウェブ連載「帰って来たどらン猫3」「じゃりン子チエ」をはじめとする旧作くらいだから、他の作家の漫画を定期的に読める機会が増えて嬉しい)。


▽Open more.
2012.12.06.Thu / 19:46 
(タイトルから続いて)
というのは大げさですが、先週木曜にメイン機のW301が故障したのに気付いてから、去年本放送を録画出来なかった「おひさま」だけではなく、それまでW301で録画していた色々な番組の録画もXS57でまかなう事になった為、HDDの残量が心配で(と言ってもSPモードで50時間は切っていない)WOWOWの番組をいくつか諦めなくてはならなかったので、テレビ番組の録画が数少ない楽しみである自分には、本当に辛い日々が続いています。

ですが、先ほど電器屋に電話したら新しいレコーダーが既に入荷しているという事なので、来週月曜夜に配達してくれるように頼みました(本当は先方から明日配達に行くと言われたが、残念ながら明日は忙しいので来週にしてもらった)。

それで新しいレコーダーの機種ですが、先週の記事で書いたDBR-Z150で間違いありませんでした(REGZAレコーダーの商品ラインナップページのトップになかったので廃番かと思ってたが、この前検索して見付けた商品紹介ページを改めて見てみたら、「在庫些少」と書いてあるがまだ廃番ではなかった模様)。

今度の機種はHDD容量が1TBもあるので(今までのレコーダー三台~XS53、XS57、W301~を合わせた容量より多い!)、今までのレコーダーになかった記録方式であるAVCRECというのが使い物になるのなら、従来のVRモードとAVCRECのW録(ダブロク)が出来るようなので、思い切って現在XS57で録画しているWOWOWの番組もDBR-Z150でまかなえるのではないかと期待しています。

それに、(このブログでは触れなかったけど)プレイヤーもないのにBlu-rayソフトを既に持っているので(去年観に行けなかった映画「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ天使たち~」のソフトを特製ブックレット目当てで買った)、ようやく観る事が出来て嬉しいです。

ホント、来週が待ち遠しいです。

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~ ブルーレイスペシャル版 (初回限定生産) [Blu-ray]映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~ ブルーレイスペシャル版 (初回限定生産) [Blu-ray]
(2011/12/07)
水田わさび、大原めぐみ 他

商品詳細を見る
見たぞ!金環日食。 
2012.05.21.Mon / 07:41 
急いでるので書き殴り。

話題の金環日食、昨日まではあまり興味なかったけど、今日になってから起きて窓からちゃんと太陽が出ているのを見たら(今日は曇りだから太陽は出ていないと思ってた)何故か見たくなったので、ウェブ検索をして金環日食の時間を調べ、事前の準備をしてなかったので立体映画用の赤青眼鏡を二つ重ねて(本当はこの方法は駄目なんだけどね)無事金環日食を見る事が出来ました。

前にどこかのサイトで「岐阜で金環日食が見られるのは九百何十何年ぶり」と書かれていたのを見たので、それは記憶違いでなかったら次の金環日食を見る事はもう出来ないけど(生まれ変われりゃ別ですがね)、こうして今生きている時にこんな珍しい物が見られたので、柄にもなく感動しています。

じゃあ、この記事を送信したら、パソコンを休止状態にして急いで出掛けてきます。

では。


※2012.05.21夜・追記※
朝に上の記事を書いた時は、急いでいたので次に日本で金環日食が見られる機会について知らなかったし調べる時間がなかったけど、帰宅してから調べてみたら、次にこの地方で金環日食を見られるのは何百年も後ではなく2041年10月だそうですね(ウェブ検索で見付けたこのサイト参照の事。地域限定なら2030年に北海道で見られるらしいが)。

それと、上の本文に書いた「岐阜で金環日食が見られるのは九百何十何年ぶり」という部分ですが、気になって一緒に検索してみたら、別に岐阜だけでなく名古屋等も含めた広い地域で九百三十二年ぶりという事らしいですね。

でも、次に金環日食が見られるまで(この地方では)二十九年とは……

やはり今日見ておいて良かった。
2011.10.19.Wed / 17:59 
昨夜は調子が良くなかったのでネットニュースのチェックもせずに早く寝たし、今朝も忙しかったのでネットニュースなど見る暇がなかったので、後でニュースを知って驚きました。

今年は長い期間「もうやだ」と言いたくなる事が多かったけど、こうして嬉しい結果を見られて感謝しています。

去年も書いたと思うけど、これは一つの通過点なので、まだまだ気を引き締めて頑張って欲しい。

みんな、おめでとう。
そして、ありがとう。


(去年に続いて思わせぶりな書き方ですが、上の文章の文字色で察して下さいませ)
2011.03.25.Fri / 21:02 
今日は朝から気分がすぐれなかったので、夕食後はすぐ寝てしまおうと思って早々にパソコンを休止状態にして八時前に布団に潜ってアドエスで動画を見たりしていたが、ふと「そういえばテレビの放送も普段通りに戻ったし、先々週放送する予定が流れた『芸術劇場』がもしかしたら今日放送されたりして」と思って新聞のテレビ欄を見たら……

何と今日は
「劇場への招待」の最終回で、
しかも放送演目は
劇団四季の「赤毛のアン」とは!!!!


「劇場への招待」「芸術劇場」と運命を共にして今年度で打ち切りになる事は知っていたけど、まさかその最後の放送が「赤毛のアン」とは思いませんでした(「芸術劇場」の放送スケジュールが大幅に変わったので、「劇場への招待」は先月の放送を最後に一足早く終了した物とばかり思ってた)。


勿論それを知ったら黙っておれず、すぐに起き上がってXS57(アナログ録画、DLモード)とW301(地デジ録画、同じくDLモード)で録画予約しましたが、もうちょっとで放送を知る事なく後で泣きを見る所でした。


NHKで放映された劇団四季の「赤毛のアン」といえば、八年前(2003年)の正月にBS2で放映された時の事を思い出すけど、あの時は老害山川の司会進行の上に、実際の舞台の第一幕・二幕の区切りを無視した(確か二幕前半のステイシー先生登場のナンバー後)変な切り方をしてゲストトークを入れたせいで気分が壊れた記憶があるが(この時はあまりにも腹が立ったので、その気持ちを鎮めようとカナダ版のCDを繰り返し聴きまくっただけでなく、あるミュージカルファンサイトに当時あった掲示板でNHKへの怒りをぶつけた書き込みをしてしまった……)、今回は放送時間(23:00から数分解説、放送終了は01:47)を見る限りだと前回のような変な事にはならないと思うので、今日は疲れているのでこの記事を書いたら寝る事にするが、明日はW301のプレイリスト作成がてら八年ぶりにテレビでミュージカルの「赤毛のアン」を楽しむ事にしようと思います。

それでは。


※おまけ※
この記事を書く前に検索してみたら今公演のDVDが出る事を知り、FC2ブログの「マイショップの管理」で検索したら商品紹介ページが見付かった。なので以下にBlu-rayと一緒にAmazonアソシエイトのリンクを紹介します。

劇団四季 ミュージカル 赤毛のアン [DVD]劇団四季 ミュージカル 赤毛のアン [DVD]
(2011/05/27)
不明

商品詳細を見る


劇団四季 ミュージカル 赤毛のアン [Blu-ray]劇団四季 ミュージカル 赤毛のアン [Blu-ray]
(2011/05/27)
不明

商品詳細を見る
2010.12.15.Wed / 18:54 
帰宅してからメールチェックとポイントサイト巡回をしていたら、某ポイントサイトのニュースヘッドラインに「ジブリ最新作は少女漫画原作」とあったので「へえ、今度は誰の作品をアニメ化するんだろ」と軽い気持ちでクリックしてびっくり。

なんとその作品は、30年前に「なかよし」に連載されていた高橋千鶴先生の「コクリコ坂から」(Wikipediaの同作品の項目によると同誌の1980年1月号から8月号まで連載されたとの事)だというではないですか(毎日新聞「MANTANWEB」の該当記事リンクはこちら)。


今でこそ少女漫画は読む事が少なくなったけど(近年の作品は全然解らないので昔の作品をブックオフとかで買うか電子コミックで読むくらい)、少年時代は家にあった「なかよし」「キャンディ・キャンディ」が連載されていた頃から「なな色マジック」の連載途中くらいまで買っていた。自分で買ったのは最後の二、三年くらいでそれ以前は母か姉のどちらかが買っていた)や「りぼん」(のちに日本に舞台を移した東海昼ドラになった「砂の城」が連載されていた頃に読んだ記憶はあるが、次第に買うのは「なかよし」一本に絞られたので長くは読んでいない)などの少女漫画誌を愛読していました(あと、ドラマ「セーラー服通り」を観ていた頃に「ちゃお」も買っていた)。

なので「コクリコ坂から」も読んだ記憶がかすかにあり(Wikipediaの高橋先生の項目の作品リストを見ると「GOOD MORNING メグ」から「さくらんぼデュエット」までリアルタイムで読んだ記憶あり)、そんな当時の読者としては、嬉しさよりも「どうして今この作品に眼を付けたんだ」という驚きというより戸惑いがあります(今回のアニメ化を担当する監督の父親が愛読していたというのは「アニメージュ」に昔載ったエッセイで読んだ気がするが)。


スタジオジブリでの少女漫画のアニメ化といえば「おもひでぽろぽろ」「耳をすませば」がありますが、どちらも原作の絵柄(というか絵のタッチや画風)を無視した「ジブリ調」というべき絵柄になるのが既定事項みたいなので(まあ、どちらの作品も好きですが)、今度のアニメ化も「ちるる先生(当時の『なかよし』での高橋先生の愛称)の絵柄とは似ても似つかない物になるんだろうな」と今から覚悟しています(先に挙げた二作品は原作を読む前にアニメ映画を観たから良かったけど、今度は微かとはいえ原作を読んだ記憶がある上に、高橋先生の絵柄に思い入れがあるから)。


それと、この記事を書く前に上にリンクを貼ったニュース記事を見たら、この作品が今年の夏に角川書店から新装版で再刊されている事を知ったので、早速Amazon.co.jpで注文しました(家電エコポイントから交換したEdyをどこで使おうか先月から迷っていたけど、これでEdyの最初の使い道が決まった)。


最後になりますが、元「なかよし」読者としては、このアニメ化を切っ掛けに高橋先生の当時の作品の再評価がもっと起こって欲しいと思います(映画はジブリブランドのおかげでヒットするだろうから心配していないが、映画を観たジブリ愛好者が原作にも眼を向けてくれるかが気になる)、

それでは。


コクリコ坂からコクリコ坂から
(2010/07/10)
高橋 千鶴

商品詳細を見る
2010.11.29.Mon / 20:12 
数年前からeBookJapanの電子コミックを利用しているけど、販売点数が多い割りに自分が読みたい作品は発売される事がないので(一度リクエストしたけどスルーされたし。死ね)、メルマガが来ても全然開いて読む気にならなくなったし、既に購入している電子コミックをトランクルームからダウンロードして読む気すらなくなっていました。

ですが今日帰宅してからのメールチェックの際に、eBookJapanからのメルマガの件名に「あさりちゃん」のタイトルがあるのに気付き、「やった、久々に『あさりちゃん』を読めるぞ」と思ってeBookJapanのサイトにアクセスし、取りあえず1巻の立ち読み版をダウンロードして読んでいたら全部読みたくなり、今日は1・2巻だけ購入しました(丁度ちょコムが900円以上あったので。もしまた買い足す時はEdy支払いにしようか)。

思えば、アニメの「あさりちゃん」を小学生の時に観て(今ウェブ検索で放映期間を調べたらWikipediaに1982年1月から1983年2月までの放送と書かれていた)、それから数年後に古本屋で何冊か「あさりちゃん」のコミックスを買って楽しんでいたけど、独り暮らしを始める時に全部実家に置いて来てしまったし、ブックオフとかで買い直そうかと思っても滅多に見付からなかったので、新刊で取り寄せて買うほど強く「欲しい」と願っていた訳ではなかったから、長い事漫画の「あさりちゃん」とは縁がありませんでした(アニメは数年前に発売された「あさりちゃんセレクション」のDVDを買った)。

でも、こうして場所を取らない電子コミックで「あさりちゃん」を買う事が出来るなんて、本当に久し振りにeBookJapanを褒めたい気分です。

まだトランクルームに空きがあるので、またしばらくしたら3巻以降も何冊か買おうと思っています。

それでは。
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.