2007年06月の記事一覧
≪05month
This 2007.06 Month All
07month≫
2007.06.30.Sat / 20:10 
(タイトルから続いて)
折角気持ちのいい晴天だったのに、気分が乗らなくて外出は特価品のティッシュを買いに行っただけでした。
「Yahoo!天気情報」やテレビの気象情報によると、来週末は雨模様らしいので、折角の梅雨の中休みなのだから、明日は少し遠出でもしようかと考えています。

……さて、明日から7月。
中日新聞の4コマ版「ちびまる子ちゃん」も始まるし、順調に行けば中旬には梅雨も明ける。そして毎年恒例の劇団はぐるまのミュージカル劇場(近いうちに今年の公演の案内記事を書くつもり)と揖斐川の花火大会も行われる、本当に楽しみな月です。

いよいよ、夏本番が近付くのか。

それでは今夜はこの辺で。
2007.06.29.Fri / 19:47 
その1
今朝留守録したWOWOWの「プルミエール」「ドラマ黄金時代」を早速プレイリスト作成してDVD-Rにダビングしようとして、妙な事に気付いた。
「ドラマ黄金時代」の1本である「必殺仕掛人」の話数が、先週が第27話の筈なのに、プログラムガイド「WOWOW MAGAZINE」の番組表では、1話飛んで第29話となっているのだ。

はて……と思い、先週の番組表やDVD-Rのタイトルを調べたが、やっぱり先週は第27話で間違いない。
結局Google検索して、Wikipediaでようやく欠番の真相が解った(作中のある記述が問題で、WOWOWでの放映は自粛したらしい)。

WOWOWはペイテレビなのだから、地上波と違って過剰に自粛をしないものだと思っていたのに、少し残念でした。

その2
今日で、2本の昼ドラ「暖流」「麗わしき鬼」が終了しました。

結局、どちらも録画しかしていないので(「暖流」は、最初の頃は見ていたが早々に視聴脱落。「麗わしき鬼」は、最初から録画のみ)、終わっても別に感慨はないし、どちらの後番組(「こどもの事情」「金色の翼」)も、あまり観る気が起きないので 、「家族善哉」が終わってからずっと、自分にとって「観たい」という気になる昼ドラに、しばらく出会っていないのが残念です(「愛の劇場 マイフェアボーイ」は、観る前の厭な予感が当たって1話で脱落。好きな俳優さんの為に録画だけはしているが、はっきり言ってしんどい)。

ああ、いつになったら好みの昼ドラに出会えるんだろう(秋以降に期待するしかないか)。

その3
今日は「週漫」の発売日なので、帰りに買って来て、家に着いてから早速ゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)を初め何作か読んでいたが、いつもは良作である「茗荷谷なみだ坂診療所」を読んで、激しく不快な気分になった。

今回の患者は、進行性の癌の疑いがある(と言うより既に手遅れらしい)のだが、そんな事情を読んでも同情したくなくなるほどの厭な男で、談合で仕事を勝ち取っておきながら、その事を恥じようともせずに、逆に入札で蹴落とした他社の人間に説教をするような最低最悪の男なのだ(もう読み直す気はないので細部に間違いがあったら失礼)。

今までこの作品を読んで、患者に同情する事は多々あったが、同情どころか「こんな奴、鈴香先生に迷惑掛ける前にさっさと(以下、自己嫌悪に陥りたくないので略)」と思ったのはこれが初めてだ。

ゲンさんを読んでいる為に「談合は忌むべき事」と刷り込まれているから、談合でぬくぬくと仕事を勝ち取っているこの男に怒りが過剰に湧くのかもしれないが、それを別にしたとしても、どうしてもこの男の病気に同情出来ないし、この男の物言いを許したくない。

ただ気になるのが今回のサブタイトル(前後編の2話構成)で、あの黒澤明氏の映画と同じ「生きる」というのが何かを暗示しているのではないか、と思うと(例えばあの映画のように、男が余命幾ばくもないと知った事により、これまでの自分の生き方を見つめ直す切っ掛けになるかもしれないとか)、やっぱり次回の後編を一度は読むべきなのかな、と考えてしまいます。

今日は「なみだ坂」を読んでから、むかっ腹が未だに治まらないので、ゲンさん第230話感想のアップは、明日以降に行います(勿論、ゲンさんはいい内容でした)。

それでは。
2007.06.27.Wed / 19:38 
某ニュースブログで、ハンバーガー・ショップ「ウェンディーズ」の最新メニューのレビューが載っていたので読んでみたが、読んでいるうちに「ウェンディーズ」に行きたくなり、岐阜県内(出来れば岐阜市内)に店がないかと思って店舗検索してみたが……

……お察しの通り、岐阜県内には「ウェンディーズ」は1店もありませんでした(やっぱりお約束通りのオチ……)。

実は以前、新岐阜にダイエー岐阜店があった頃に、「ウェンディーズ」がオープンした事がありましたが、例のダイエーの業績悪化により岐阜店が閉店してしまい、当然「ウェンディーズ」も運命を共にしてしまい、あっけなく撤退してしまいました。

だけど、あれから何年も経っている事だし、ダイエーはなくなっても何処か新しいショッピングモールのテナントとして「ウェンディーズ」が入っているのではないかと期待していましたが、まさかあれ以来完全撤退していたなんて……(この地方では、愛知と三重にはあるのに岐阜県だけ店舗がない)

私の住む岐阜県西濃地方では、大垣市内を初めとして、ここ二、三年の間に大型ショッピングモールがオープンしているけど、テナントに入るハンバーガー等のファストフード店は、何処にでもあるチェーン店ばかりで、こういった珍しい(?)チェーン店が出店する事はありません(大垣駅北に、また大型ショッピングモールがオープンするらしいけど、そのテナントとして入ってくれないかなぁ)。

ああ、岐阜県内では「ウェンディーズ」のハンバーガーが食べられないと思ったら悲しくなって来た。これなら、この間東京に行った時に「ウェンディーズ」に行けば良かった。

今こそ心から叫びたい(大げさ)。
カ ム バ ッ ク 、 「 ウ ェ ン デ ィ ー ズ 」 ! !

そんじゃ。
2007.06.25.Mon / 21:49 
先月に5冊分の落札した未購入の「週漫」が届いたのに、なかなか報告記事が書けず、新しく落札した1冊を含めた計6冊を、今回の「『解体屋(こわしや)ゲン』全話読破プロジェクト」ヤフオクルートとして報告いたします。

最初にゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)について触れた記事で(追記した時点で記事の日時が変わってしまったけど、最初にアップした日時は2006年6月11日)、「昨日コンビニで『週刊漫画TIMES』の最新号を立ち読みしたり(次号はこの作品のパチンコ化記念特集なので買わなくちゃ)」と書いた号(2006年6月23日号)が、ようやく先月の落札分で入手出来ました。
この号は、ゲンさんよりも(いや、ゲンさんも楽しみだが)、短期集中連載として始まった「女王の部屋」という作品の第1回目が読めるという事が一番の楽しみでした(こちらの記事で、「返すがえすも第1話を読んでないのが悔しい(前々号はゲンさんしか立ち読みしてないから)」と書いた作品)。

それでは、今回の報告分6話分の短評をどうぞ(いつもの感想のように「▽Open more.」を開いて下さい)。
070526_1236~001.jpg
↑こちらが先月の落札分です(今頃気付いたが、この写真に写っている「週漫」は1冊足りなかった……)。
↓そしてこちらが今日届いた最新の落札分です。
070625_1843~001.jpg


▽Open more.
2007.06.25.Mon / 21:11 
またしても、週が変わってからの感想アップですみません(しかもブログ全体でも3日振りの記事のアップ)。
それはそうと、ふと気が付いたのだが、「週漫」の先週号って、私がパチンコ化によって再びゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)に興味を持ち、雑誌の講読を始めてからちょうど1年目だったんですね(ゲンさんのパチンコ特集が巻頭だった2006年6月30日号から購読開始。先頃ヤフオクで落札した6月23日号はコンビニで立ち読み)。

当時は、飽きっぽい自分の事だから興味が1年持つかどうかと思っていたけど、こうして毎週のように感想を書き続けたり(2話まとめたり、現時点では欠番になっている回もあるけど)、本サイトにデータベースを開設するくらいゲンさんの事を好きであり続けている自分に少し驚いています。
これからも、ゲンさんの連載が続く限り「週漫」を買い続けると思いますので、どうかこれからも宜しくお願いいたします。

それではいつものように「▽Open more.」を開いてお読み下さい(今回は、久々に3枚目背景違いのカラーイラストにしました)。

kowashiya-gen_03photo-b2_R.jpg


▽Open more.
2007.06.22.Fri / 19:01 
今日は燃えないゴミの日で、しかも私がゴミ当番でした。

この地域のゴミ当番の仕事は、当日の朝に集積所(プレハブ物置を使用)の鍵を開ける事と(今回のように燃えないゴミの日は他にも準備がある)、収集が済んだ後の集積所の掃除ですが、集積所の掃除をしようとしたら、収集が済んだ筈の集積所の中に、まだ何やらゴミが残っていました。

「何だよ一体」と思いながらよく見ると、何枚かの足拭きマットらしき物が畳んだ状態で置いてあり、その上に「これは燃えるゴミです」という言葉から始まる、平たく言えば「こんなもん今日出すんじゃねぇよ、燃えるゴミの日に出直して来な!!(おいおい)という意味の注意文の書かれた小さな紙が貼られていました。

だけど、この足拭きマット(らしき物)を誰が出したのかは判らないので、このゴミの主に「これ持って帰って出し直して下さい」と言う訳にも行かず、仕方ないので、結局私が持って帰り、来週の燃えるゴミの日に出し直す事にしました。

誰がこんな物を燃えないゴミの日に出したのかは判らないけど、ホント、ゴミ出しのルールくらい守れよなっ!!

そんじゃ。


……あっ、今日はまだ「週漫」を買ってないので、ゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)感想は明日以降のアップになります。

それでは今度こそ失礼します。
2007.06.21.Thu / 21:58 
今週のBS2「衛星映画劇場」の「三人娘」特集も、本日放送の「ひばり チエミ いづみ 三人よれば」で最後です。月曜に放映された「ジャンケン娘」はまだ録画したのに再見してませんが、昭和30年代を舞台にした(今回の作品は昭和39年制作)罪のない和製ミュージカルコメディー映画のシリーズとも今日でお別れです。

それにしても、日本映画華やかなりし頃(ってこの頃だよね?)の和製ミュージカル映画がこんなに楽しい物だとは思いませんでした。

実は以前、WOWOWで「君も出世ができる」という大作ミュージカル映画が放映された時、観る前は期待で胸が一杯だったのに、いざ本編を観たら、「アメリカではどうのこうの(うろ覚え)」という歌詞のミュージカルシーンで、何故か顔から火が出るような恥ずかしさに見舞われ、結局最後まで観られなかったという過去があったので、「自分は和製ミュージカル映画とは相性が悪いのかな」と思っていました(古い作品じゃないけど、数年前のテレビで、当時の新作だった「カタクリ家の幸福」という映画のハイライト場面が紹介されているのを観た時も、同じような恥ずかしさに見舞われたのを思い出した)。

だけど、その後に放映された「ジャンケン娘」を観て、「和製ミュージカル映画もそんなに悪くないかな」と思い、今回の「三人娘」特集で、「懐かしの和製ミュージカル映画バンザイ!!」という気持ちになりました(でも「君も出世ができる」を再見するのには勇気がいりそう……幸い録画したビデオテープが何処かに紛れちゃったけど)。

今回の「三人娘」特集はこれで終わるけど、このような和製ミュージカル映画の特集を、またBS2で放映して欲しいと心から思います(CSの日本映画専門のチャンネルなんかではありそうだけどね)。

それでは今夜はこの辺で。
2007.06.20.Wed / 21:57 
新しいパソコンを買ってから初めての夏を迎えるにあたって、以前からノートパソコンの冷却グッズについて調べていたが、どうやらファンタイプの物がいいだろうと思い、本格的な夏の暑さを迎える前に買っておこうと、今夜ヤマダ電機まで行って「ELECOM 直撃極冷! クールブリザード」という商品を買って来ました。

070620_2048~001.jpg

帰宅してから早速セットして、現在使っている所ですが、前もって検索した時に読んだAmazon.co.jpのレビュー(商品名は違うが同じタイプの商品)で概ね好評なのが納得出来るいい製品です。

ただ一つ不安なのは、Amazon.co.jpのレビューの一つにあった「長時間使用していたらUSBポートが使用不能になった」という記述で、自分のパソコンでそのような症状が出たらどうしよう、と少し心配しています(他のレビュアーの感想にはそういう症状についての記述がないので大丈夫だとは思うが)。

それと、この冷却ファンは上の記述から分かるようにUSB給電によって作動しているのだけど、電気代がどれくらい掛かるのかも心配です(何せ私は、数年前の酷暑の時に扇風機を買ったのに、電気代が思った以上に掛かったので翌年からは一切使わなかったような奴ですから)。

まあ、冷却ファンを使った事で掛かる電気代と、熱でHDDがいかれて再びパソコンがクラッシュした時の修理代を天秤に掛ければ、数百円(あるいはそれ以上)の電気代の上乗せなんて、何てことないですね。

話は変わりますが、今日もBS2の「三人娘」特集(今夜は「大当たり三色娘」という作品)を観ています。
大らかな時代(実際その時代に生きていた人からは「そんな暢気なもんじゃない」と反論されるかもしれないが)を舞台にした大らかな青春ミュージカルコメディー映画はやっぱり自分の好みに合っているのか、本当に楽しいです。

ただ一つ気になったのは、買い物帰り(だったか)の江利チエミさんが歌う場面で、明らかに声が消されており(いわゆる放送禁止用語関係?)、それが残念でした。

それでは今夜はこの辺で。
ビバ、「三人娘」!! 
2007.06.19.Tue / 22:20 
毎年6月になると、NHK-BS2ではトニー賞に便乗してミュージカル映画の特集をしていましたが、今年は何故か一切その手の特集が行われないので驚きました(先週末放映された「ニューヨーク・ニューヨーク」はミュージカル映画だったっけ?音楽映画だったっけ?まだ観ていないから判らない)。

その代りなのか、昨日からBS2で、「三人娘」こと美空ひばりさん、江利チエミさん、雪村いづみさんの主演による青春ミュージカルコメディー映画(?)の特集が放映されています(本日は「ロマンス娘」という作品)。

この特集が行われる事を某所で知った時、その情報を書いた人間が、この特集に関して好意的とは言えない書き方をしていて腹が立ったのを覚えているが、舶来品しかありがたがらない所謂ミューオタには、このような肩の凝らない和製ミュージカル映画の面白さは解らないんでしょうね。

そんな自分も、昨日放映された「ジャンケン娘」が数年前に放映された時に一度観ただけなので、こうして今、今回の特集を楽しんでいる最中ですが、作品世界がまるで故・森村桂さんの青春小説みたいで(昭和30年代前半が舞台で、主人公が女子高校生だから、時代的にはドンピシャなんだよね?)、「もし森村さんの小説が時代設定に忠実に映像化されたら、こんな感じなんだろうな」と思いながら観ています。

それにしてもこの「ロマンス娘」という作品、主人公三人が、東宝劇場で行われている「三人娘」のショー(確か看板に「東宝ミュージカル」と書いてあったが、制作年を考えると、昔の「月刊ミュージカル」の特集でしか知らない「東宝ミュージカルス」の頃でしょうね)を観に行くシーンまであって妙に可笑しい(このくだり、ちょっと楽屋落ちっぽくて笑える)。

ふと思い出したのだが、まだ一度も「三人娘」の映画を見た事がなくて、ある意味自分にとって伝説のスターだった時、「もし『三人娘』の皆さんが全員お元気だったら、宮本亜門氏の『アイ・ガット・マーマン』を演じて欲しかったなぁ」と考えた事がありました。

今回放映される「三人娘」主演作はあと2本(特集は明後日まで)だけど、この機会に、めったに放映される事のない昔懐かしい和製ミュージカル映画を心ゆくまで楽しもうと思っています(昨日の「ジャンケン娘」は、上記の通り数年前に一度観たので、今回の放映はXS57で録画したがリアルタイム視聴はパスした)。

それでは今夜はこの辺で。

※追記※
満足して映画を観終えてからしばらくして、某所の実況スレッドの存在を思い出したので、「どうせこの種の映画は叩かれてるんだろうな」と思いながら怖いもの見たさでログ取得して読んでみたら、意外と好意的なレスが多くて安心しました(ここがミュージカルファンと映画ファンの違いなのかな)。
昨日の「ジャンケン娘」についての彼らの反応も読みたかったけど、既にスレッドが落ちていて残念。
明日は放映前に実況スレッドを開いて、映画を観ながらスレッドも読もうかな。

それでは。
2007.06.18.Mon / 19:47 
まず最初にお詫びをしますが、前回感想の冒頭で、「さて(最近この書き出しが多いような気がする……)、」と書きましたが、あの後ブログの記事をを数日分読み直して、「さて、」という書き出しで始まった記事はこれだけだったのに気付きました。

それなら何故、上記の勘違いをしたのかというと、「紙copi」を使用して書いているゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)感想や「全話読破プロジェクト」の報告記事のうち、書き掛けの記事の書き出しがいずれも「さて、」だったので、ついアップした記事と混同してしまい、上記の勘違いをしてしまったという次第です(恥ずかしいので書き掛けの記事の書き出しは全部書き換えよう)。

それでは、気を取り直してゲンさん第228話の感想とまいりましょう(今回も「▽Open more.」前は2枚目のカラーイラストです)。
kowashiya-gen_2006_08_24color_R.jpg


▽Open more.
2007.06.17.Sun / 19:36 
一昨日の記事に書いた通り、WOWOWから新しいデコーダが送られて来ました。

公式サイトなどで見た画像で大体の大きさは予想していたつもりだったけど、その予想以上に機体が小さいのには驚きました(旧デコーダの半分くらいの大きさで少し薄い。京ぽんで2つの比較画像を撮ったけど、写りが悪いのでブログへのアップは取り止め)。

取り付けてから、早速スクランブル解除ダイヤルに電話してスクランブル信号を解除してもらったので、これでまたWOWOWを存分に楽しめます。

本当に、WOWOWさんありがとう。
(一昨日も書いたけど、我ながら調子良過ぎ……)

それでは今夜はこの辺で。
明日こそゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)第228話感想をアップします。
2007.06.17.Sun / 11:09 
昨日から頭が働かず、ゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)感想も、ストーリー詳細をまとめる途中で止まった状態です(何としてでも明晩までにはアップしますのでお待ち下さい)。

そんなぼやけた頭のまま、今朝の中日新聞の一面を何気なく見たら、「ちびまる子ちゃん」(作・さくらももこ)のカラーイラストが載っているので、あれっと思ってよく見たら、昨日の朝刊で傑作選の連載も終了した「ほのぼの君」(作・佃公彦)に代わる新しい朝刊連載漫画として、来月1日から始まるというのだ。

勿論、朝刊の連載なので、「りぼん」に連載されていた頃のようなショートストーリーではなく4コマ漫画としての連載だが、意外な作品の連載に、あらゆる意味で驚いた。

今でこそ、全くアニメも漫画も観なく(読まなく)なった「ちびまる子ちゃん」だけど(去年やったスペシャルドラマとこの春から始まった「まるまるちびまる子ちゃん」は録画しているが)、初期の頃の漫画とアニメは楽しんでいたので(アニメは癖の強すぎるキャラクターが出張るようになってから観る気がなくなり、漫画の方もそれに合わせるように読まなくなった。実写版は初期の作品を原作にしているようなので録画している)、今回の朝刊4コマ版の「ちびまる子ちゃん」は、初期の頃の雰囲気に近いものになってくれるといいのだけど。

まあ、その答えは2週間後に出るので、今から期待と不安を抱きながら、新たな「ちびまる子ちゃん」の誕生を待つ事にしましょうか。

それでは。
2007.06.16.Sat / 19:24 
今日の午後の事である。

某所に、大垣市内の一地区の昭和57年の航空写真のリンクが貼られていたので見てみたが、じっと見て行く内に、何故か恐怖に似た感覚が胸の中に湧き上がって来た。

何年か前にも、更に昔の別の地区の航空写真を見て怖くなった記憶があるが、これって一体どういう心理が働いているのだろう。現在の航空写真を見ても何も怖くないのに(その証拠にGoogle Earthは大好きで、ナローバンドなので表示が遅いのが難だが時々見ている)、昔の航空写真を怖いと思うなんて。

その心理についてだが、数年前の写真を見た時、その写真に残されていた、開発の為に今はなくなった森や沼などの姿を見て怖いと思ったのだろうか、と考えた事もある(何故それが怖いのかは自分でも良く解らないが)。

あるいは、この航空写真の周りにある(Googleツールバーで上位ディレクトリを辿ってみたら、この写真は国土交通省・国土計画局のサイト内のデータベースのものらしい)数字の書かれた黒い枠みたいな部分(フィルムのふちなのか?)に恐怖を感じたのかな、と考えたりもした(確か数年前に見た写真にも同じ部分があった気がする)。

でも、訳が解らない恐怖に似た感覚を覚えながらも、怖い物見たさなのか、つい、この航空写真に見入ってしまったし、この国土交通省・国土計画局のデータベース(正確には「オルソ化空中写真ダウンロードシステム(試作版)」と言うらしい)もブックマークしてしまった。

我ながらいつにも増して取り留めの無い事を書いているけど、こういう感覚って、皆さんはありませんか?(航空写真じゃなくても別の物でもいいので)まあ、自分の中で結論が出ないので、尻切れトンボで申し訳ありませんが、この件については、ここまでに致します。

明日中には、ゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)感想をアップ出来ると思います(今日はちょっと頭が働かずに感想を書く気になれなかった)。

それでは。

※2007.06.17 おわび※
昨日の記事では、航空写真のリンク元が「オルソ化空中写真ダウンロードシステム(試作版)」らしいと書きましたが(上記記事の部分参照)、あれは間違いで、どうやら「国土情報ウェブマッピングシステム(試作版)」内のデータベースからだったようです。
お詫びして、訂正します。
2007.06.15.Fri / 18:27 
今朝の記事で、デコーダの不具合らしい原因でWOWOWの番組を3本タイマー録画失敗したという話をしましたが(記事では詳しく書かなかったが、アニメが1本と映画が2本)、あの後に留守録した番組(演劇情報番組と海外ドラマ)は、何とかきちんと録画出来てました。

だけど、これからも録画失敗の可能性があるかと思うと落ち着かず、帰宅してからWOWOWカスタマーセンターに電話して、これまでのいきさつを話しました。

カスタマーセンターの係員の説明によると、推測される原因としては、古くなったデコーダの不具合(私もそれを疑っている。何せ1991年春の開局当時から使っているし)、もしくはデコーダと録画機器(ここでは東芝RD-XS57)を繋ぐコードの不具合などが考えられるそうで、とりあえず、新しいデコーダを送付してもらえる事になりました(多分2、3日中には来るだろう)。

的確な説明と素早い対応をして下さり、本当にWOWOWカスタマーセンターの係員さんには感謝しています。

ありがとう、WOWOWさん。
(何でしょまあ、我ながら現金な。今朝とはえらい違い)

あとは、これで録画失敗の原因だったスクランブルの不解除がなくなるといいけど。

余談ですが、カスタマーセンター係員との話の中で、「この機会にデジタルWOWOWに移行したらどうか(大意)」と勧められ、ついコピワンさえ無ければすぐにでも移行したいんですがねぇ」と返答して、苦笑されてしまいました(やっぱりWOWOW関係者の中にも、コピワンがデジタル放送普及の妨げになっているという自覚があるらしい)。

話は変わりますが、ゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)感想は、明日か明後日になると思います(ようやく心配事が去ったので、夕飯を終えたら買いに行く)。

それでは。
WOWOWデコーダ最悪。 
2007.06.15.Fri / 07:39 
こんな朝早くの忙しい時だけど、どうしても書かずにはいられない。

この頃、WOWOWのデコーダがおかしい。

開局当時から使っているからなのかもしれないが、時々スクランブルを解除してくれないのでタイマー録画を失敗してしまうのだ。
そのせいで一昨日は2つ録画失敗し、昨日は1つ危うく録画失敗する所だった(録画開始ギリギリで気が付いてデコーダの電源を入れ直したのでセーフだったが)。

だが、今朝録画していた番組が3本とも糞デコーダのせいで全滅してしまったのには納得行かない(録画時間には寝ていたのでデコーダの電源を入れ直す事も出来ないし)。

帰宅してからWOWOWに問い合わせるけど、下手したらデコーダを買い直さなくちゃいけなくなるかも。

……死 ね 、 W O W O W 。
録 画 失 敗 し た 番 組 返 せ 。

(録画失敗した番組に限ってアナログWOWOWでは二度と再放送されないんだ、これが。それで録画する気もない番組はアナログでも延々再放送する、厭なマーフィーの法則だよ……って、マーフィーの法則ってこんなんだったっけ?)

この記事を送信したら、急いで家を出ないと。

そんじゃ。
梅雨入りです。 
2007.06.14.Thu / 19:45 
夜7時前の各局の気象情報によると、東海地方が梅雨入りしたそうです。

これからしばらくは雨や曇りといった天気が多くなるけど、今年の梅雨は短いらしいので、その間は水不足解消期間だと思って、雨を歓迎しようと思っています(なんて書いたけど、今日も大変だったし、やっぱり雨は嬉しくない)。

短いけど、今日はここまで。
それでは。
2007.06.13.Wed / 20:22 
さて(最近この書き出しが多いような気がする……)、ゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)感想ですが、予定からかなり遅れてしまいましたが、ようやく書き上げました。
今回は、久し振りに2話分まとめてのアップです。

それでは、いつも通り「▽Open more.」を開いてお読み下さい(久々に、新作ではないけど、2枚目のカラーイラストを「▽Open more.」前にアップしてみました)。
それと、先日大幅更新したゲンさんデータベース「五友爆破株式会社 活動記録集」も、宜しければお立ち寄り下さい。

kowashiya-gen_2006_08_24color_R.jpg


▽Open more.
2007.06.12.Tue / 20:17 
一旦帰宅してから、買い物をするのを忘れていたのに気付き、原付を飛ばして目当ての店まで走っていたら、その店の近くにあるネットカフェ兼漫画喫茶の灯りが消えているのに気付き、一体どうしたんだろうと思ってその店の前まで行くと、入り口の貼り紙に、「6月3日をもって閉店しました」と書かれていた。そう、閉店してから一週間以上も経っていたのだ。

このネットカフェには思い入れがあり、5年前にパソコンを買うまでは、ここの深夜料金を利用してネットサーフィンを楽しんでいたのだ(他にもソフトピアジャパンや情報工房のパソコンコーナー等を利用していたけど、ファイルのダウンロードや公共施設では見られないサイトの閲覧などにネットカフェを利用していた)。

午前0時から6時まで、確か980円で利用出来たので、思い切りネットサーフィンをしたいと思った日は、(平日の場合は)帰宅してから午後11時過ぎ頃まで徹夜前の睡眠をとり、その後、午前0時に間に合うようにネットカフェに出掛け、終夜ネット三昧の時間を過ごしていた訳です。

上にも書いた通り、5年前にパソコンを買って、自宅でネットを存分に楽しめるようになってからは(正確には、ネットを存分に楽しめるようになったのは翌年の春にAirH"に加入してからで、その前はPHSのPIAFSデータ通信だったのでネットサーフィンは時間との戦いだった)、この店を利用する事はなくなってしまいました。

だけど今でも、当時店内に流れていた有線の曲(その頃は、「千と千尋の神隠し」の主題歌やミニモニテレフォンがどうのこうのとかいう歌、それに三木何とかっていう一発屋の歌手のヒット曲が頻繁に掛かっていたのを覚えている)や、2001年9月の、世界を震撼させた大事件について報じていたテレビの音声(外出前にテレビを観ていなかったので、その事件を知ったのはネットサーフィンの最中だった。そして帰宅してから朝刊を見て事の重大さに愕然とした)、そして帰宅してから気付く、服に染み付いた煙草のにおいなどが思い出されます。

今回の閉店が不況のせいなのかどうかは分かりませんが、また一つ、自分にとっての想い出の店が消えてしまいました。

そんな訳で今夜は、ちょっと感傷的な夜になりました。

それでは。

……あっそうそう、忘れる所でしたが、ゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)第226・227話感想は、約束通り明晩アップします。
ご期待下さい。
暑かった…… 
2007.06.11.Mon / 21:27 
週末は雨模様だったけど、今日は朝から気持ちの良い晴天。
それにつれて、気温も天候に比例するように上昇。暑がりの自分としては大変な1日でした。

だけどこの晴天も明後日まで。週の後半はまた雨模様で、今度こそ梅雨入りするそうだ。
憂鬱だけど、水不足の事を考えたら、やっぱり雨は必要。だから、これから来る梅雨を少しでも気分良く過ごせるように気持ちを持って行こうと思っています。

話は変わりますが、今日の帰りに市内のダイソーを何軒か廻って、国立国会図書館から先週届いたゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)の複写を綴じる為のリングファイルとクリアポケットを買い込んで来ました。

帰宅してから、夕飯も食べずに少しずつ製本作業を続けているけど(いつもの事だけど、何か一つの事をやり始めたら食欲が薄れてしまうタチなのです)、何とか今日中に終わらせようと思っています(今はこの記事を書く為に手を休めているけど)。

それと、先々週・先週のゲンさん感想は、明後日に必ずアップします!!
なので今しばらくお待ち下さい(先々週のエピソードはイマイチだったけど、先週のエピソードは新キャラクターも気に入って、巻末なのが惜しいと思ったくらい良かったです。詳しくは明後日にアップする感想記事で)。

それでは今夜はこの辺で。
2007.06.09.Sat / 19:30 
さて、半年振りとなりました(何とこの時以来)「『解体屋(こわしや)ゲン』全話読破プロジェクト」国立国会図書館・複写ルート成果報告です(まだ記事を書いていない先週の国立国会図書館での閲覧・調査報告と区別する為、今回は「複写」の文言を付け加えました)。

先週の東京行きでは、思ったほど買い物をしなかったので(交通費や飲食代を除けば「あきばお~」で買ったDVD-R、RWとミュージカル「くたばれ!ヤンキース」のパンフレットくらい)、東京での買い物用に貯金していたお金がだいぶ余りました。
なので、今週の月曜に、その貯金の一部を使おうと、久し振りに国立国会図書館に未読のゲンさんの複写請求をしたのです。その請求したものが、今日届きました(まさか今週中に届くとは思わなかったので嬉しい誤算)。

最初は、国立国会図書館で直接閲覧請求したエピソード(2005年4~8月掲載分)を中心に18話分を請求しようと思ったのですが、「やっぱり複写請求ルートは掲載順に請求しないと落ち着かないな」と思い直し、前回請求分(第56~73話)の続きから18話分請求しようかと決まり掛けました。

その時、ふと「いつもファイリングしやすいように6話ごとの単位で請求しているけど、続き物のストーリーの途中までで請求してしまったら、次回の請求まで続きが気になって仕方なくなるんじゃないか?(既に一度、第38~55話を請求した時に経験済み)」と気が付いたので、それならばと思い、石井さだよし先生のサイト「石井漫画工房」の、ゲンさんの「あらすじ紹介」ページを見て確かめる事にしました(今までは、未読エピソードの内容を読む前に知りたくないと思って、このページにはアクセスしていなかった)。

そうして確かめたところ、18話分で請求すると、ちょうど18話目にあたる第91話「海堡爆破(かいほうばくは)〈5〉」が、連続するストーリーの完結編でした。

「じゃあ、この18話分でOKか」と思って、あらすじのページを見ると、第92話「トシの恋」というのが気になり、「中途半端だけど、このエピソードも含めて請求しようか」という事で、ようやく複写請求するエピソードが決定したのですが、ここで大きなポカをやらかしてしまったのです。

前回の請求分が第73話で終わったのだから、今回は第74話からの請求になる訳なのに、計算した時、何故か73話から計算してしまい、「あれっ、請求するのは19話分の筈なのに20話分なのか?」と勘違いしたまま、複写請求完了分はチェック済みの、プリントアウトしたNDL-OPACの「週漫」所蔵詳細リストと首っ引きで20話分請求した結果、今回の請求分は、第74~93話になってしまい、あれだけ注意深く調べたつもりなのに、今回の請求分はご丁寧に続き物の途中で終わってしまいました(20話目のエピソードは第93話「手抜き工事(前編)」)。

……自分で書いていて混乱しそうになったけど、お読みになっている皆さんは、この顛末の詳細をご理解いただけましたか?

070609_1800~001.jpg
↑こちらが、今回一番読みたかったトシさんの失恋話・第92話「トシの恋」
070609_1801~001.jpg
↑そしてこちらが、余分に請求してしまった第93話「手抜き工事(前編)」

まあ、そんなポカをやらかしましたが、先週の国立国会図書館での直接の閲覧に続き、またまた一気に未読のゲンさんを読めて幸せです(今日は午前中に、今週号の「週漫」を買って第227話を読んだし)。

あとは、今回の請求分をファイリングする為のリングファイルとクリアポケットを買わないと(今日と明日は天気が思わしくないから、週明けの帰りにロックシティのダイソーにでも行って来よう)。

それと、今回の請求分の作品データは、早速本サイトのゲンさんデータベース「五友爆破株式会社 活動記録集」にアップしました(ストーリー概略などは、今までの分も含め、その内に追記・アップするので気長にお待ち下さい)。

それでは、次回の「『解体屋(こわしや)ゲン』全話読破プロジェクト」国立国会図書館・複写ルート成果報告をお楽しみに(その前に、先月のヤフオクルートと先週の国立国会図書館での閲覧報告の方が先でしたね)。
2007.06.09.Sat / 11:11 
(タイトルから続いて)
……なんて書いてるけど、まだ実際は梅雨入りはしてないんですよね。
それでも湿りがちの天気に、気持ちも湿っているのは事実です。

先週末の東京行きについての記事や、積み残しになっているゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)感想も書かないといけないけど、まだ手が付けていないのが殆どで、それを全部片付けるまで、まだ日数が掛かると思いますが、気長にお待ち下さい。

今の所、積み残しになっている執筆予定の記事は以下の通りです。

・ゲンさん第226・227話感想
(来週水曜までにはアップ予定)
・東京の道中記
(何枚か写真入りで)
・ミュージカル「くたばれ!ヤンキース」感想
(こちらは本サイトで発表予定)
・「『解体屋(こわしや)ゲン』全話読破プロジェクト」国立国会図書館ルート報告
(先週の現地での閲覧報告と、現在請求中の複写サービスの2記事)
・「『解体屋(こわしや)ゲン』全話読破プロジェクト」ヤフオクルート最新報告

……改めて書き出してみると、積み残しが多くなったなぁ。
大変だけど、何としてでも今月中には片付けないとね。

それでは、今朝はこの辺で。
何かあったら、午後や夜にまた何か書きます。
2007.06.07.Thu / 18:35 
3月下旬に書いた記事で「思わぬ復活を遂げた」と書いたdynabook V5/410PMEですが、今日、久し振りに休止状態から復帰させたら、「システムファイルがどうこう」というメッセージが出たり、ブルーバックになったりして、結局クラッシュしてしまいました。

復帰した時から、いつかはこうなるのではないかと思っていたから、このパソコンで作成したファイルは、そのつどUSBフラッシュメモリを使って現在のメインマシンであるAX/94BLSに移していたので別に実害はないけど、折角復活したと思ったパソコンがまた使い物にならなくなったのは、ちょっと残念です。

それにしても、2ヶ月半しか持たなかったのか……
短かったのか、それとも(完全にクラッシュしたと思った状態からの復帰だから)長かったというべきか。

うーん。

それでは。
2007.06.06.Wed / 20:18 
東京から無事帰還して、早や3日が経ちました。

先週末の東京滞在に関する記事は、まだ1つも完成していませんが、その代り、国立国会図書館での調査・閲覧結果、そして先日のヤフオクでの落札結果を元に、本サイトのゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)データベース「五友爆破株式会社 活動記録集」の作品データベースを大幅に更新しました。

上記リンクの更新記録に、今回更新したエピソードの話数は記録してありますが、こちらにも詳しく書いておきます。

・データベース 短期集中連載版+第1~50話トップページ
「週漫」2002年4月12日号・次号予告ページに掲載された紹介文の採録を追加。

・短期集中連載版(全4話)
・レギュラー版 第1~4話
作品の初出データ、および扉ページの煽り文などを追加。
データ未調査エピソードのうち第5~7話は、今回は調査断念(詳しい事は後日、別記事で)。

・第119~125、127~134話
ヤフオク・ビッダーズの落札・購入で一部しか読んでいないエピソードを中心に、国立国会図書館で閲覧(作品データは閲覧時に記録)。

・第167、169~171、178話
先日のヤフオクでの落札(これも詳しくは後日の記事で)で読んだエピソード。

・第221~225話
先々週分までの、最新エピソード5話分の作品データ(ストーリー概略もアップ)。

前回の更新から、だいぶ間が開いてしまったので、今回は一気に更新してみました。
来週あたりには、東京から帰った翌日に複写請求したエピソード(久し振りなので、今回は一気に20話分!!)も届くので、また来週もデータベースの更新を行います(それと「『解体屋(こわしや)ゲン』全話読破プロジェクト」の報告記事も)。

これからも、近日中に色々とアップされる報告記事やデータベースの更新に期待して下さい。

それでは。
2007.06.05.Tue / 19:38 
昨日から、先週末の東京での出来事、ミュージカル「くたばれ!ヤンキース」の感想、そしてゲンさん(「解体屋(こわしや)ゲン」)関連のレポートなどを書き始めていますが、まだ体が本調子じゃないのと、暑さで頭の中がとっ散らかってしまっているせいで、なかなかはかどりません(先週のゲンさん感想に関しては、別の理由で筆が進まないので、今週発売の号と合わせての観想にします)。

だけど、先延ばしにしていると結局書く気が無くなってしまいそうなので、頭を冷やしながら、ちょこちょこ書いていく事にします。

今月中には、全ての記事をアップするつもりなので、気長にお待ち下さい。

それでは。
業務連絡です。 
2007.06.04.Mon / 20:54 
先日、季節物のプラグイン(ブログパーツ)「どんどんのぼれ鯉のぼり」を外したばかりですが、今日、FC2ブログの管理者ページ内の「新着共有プラグイン一覧」を見ていたら、梅雨の季節に相応しい「Rain*Bow」というプラグインが紹介されていたので、早速設置しました(当ブログに設置するにあたり、「ブログの中にも雨が降る。」と改題)。

一応、東海地方が梅雨明けするまで設置する予定です(それまでには、また夏に相応しいプラグインが出ると思うし)。

それでは。
久し振りの熟睡。 
2007.06.03.Sun / 18:50 
あれから色々と用事を済ませたあと、軽く寝ようと思って午前10時過ぎくらいに横になったら、瞬く間に眠りにつき、先ほど起きたら既に夜6時半近くになっていました。

やっぱり、先週火曜の歯痛からずっと眠りが浅かった上に、高速バスでは全く眠れなかったので、やっぱり蓄積した疲労がだいぶ溜まっていたようですね(一旦記事を送信してから読み直して気付いたけど、「蓄積」した疲労が「溜まっていた」ってすんげえ重複表現。ごめんね、日本語が不自由で)。

ちなみに歯痛の方は、久し振りの上京に対する不安などのプレッシャーが原因だったらしく(検索した見つけたページで、歯痛の原因としてストレスなども挙げられていた)、東京に向かう前頃から薄れ始め、昨日の滞在中は全く歯痛に悩まされずに過ごせました。

一旦眼が覚めたのでこうして記事を書いているけど、まだまだ寝足りないので、今日は早目に寝る事にします。

それでは、おやすみなさい(いくら何でも今から再度寝るわけじゃないけどね)。
2007.06.03.Sun / 08:30 
今年の一大イベントである、ミュージカル「くたばれ!ヤンキース」観劇を中心とした夜行バスによる東京への旅行から、先ほど無事帰還いたしました。

パソコンにも2日振りに電源を入れて、只今この記事の執筆と同時にメールチェックの最中です。
東京滞在中は忙しさと疲れで京ぽんからのメールチェックをしなかったので、新着メールが513通も溜まっていました。

昨夜の復路のバス乗車の辺りから、こまごまと不愉快な出来事があって(詳細は略)、「もしかしたら、大垣駅に着いたら駐輪場に停めた原付が盗難もしくは撤去されてたりして」とか「ようやく家に着いたのに、留守中に空き巣によって部屋が荒らされていたら……」とか悲惨な事態を想定してしまうほどへこんだけど、何とか原付も自宅も無事だったので、そういった傷を除いて、やっぱりこの5年振りの東京行きは有意義で貴重なものだったと思います。

ちなみに、今回のスケジュールは以下の通り(詳しい事は後日別記事でアップします)。

新宿到着後、地下鉄丸の内線で霞ヶ関駅まで行き(いつも東京滞在の最初はこのスケジュール)、日比谷近辺のビル群の写真を撮影
開館に合わせて国立国会図書館へ行き、作品データ未調査のゲンさん「解体屋(こわしや)ゲン」の閲覧を請求して、作品データを調査すると共に、何話かの未読のゲンさんを閲覧
前々から行ってみたかったのと、通販で買った物が切れかかっているという事もあったので、「あきばお~」の店舗でDVD-RとRWを買い足す為に秋葉原へ
そして、青山劇場でミュージカル「くたばれ!ヤンキース」夜公演を観劇

……と、昨日1日でこれだけの事をして来ました。

今日は、この記事を書いたらひと寝入りするつもりです(さすがに数日続いた寝不足がこれだけ蓄積されたら体調にも係わる)。

それでは、後日アップ予定の東京滞在についての記事や「『解体屋(こわしや)ゲン』全話読破プロジェクト」最新報告(未アップの先日のヤフオク落札分の報告、そしてようやく今日買った最新号のゲンさん感想も合わせてアップします)、そして本サイトのゲンさんデータベース「五友爆破株式会社 活動記録集」のデータ更新をお待ち下さい(今週中には全部取り掛かるつもり)。

それでは。
2007.06.02.Sat / 16:53 
今日は寝不足にもかかわらず色々と歩きまわって用事をしましたが、いよいよ午後5時半から、青山劇場で上演されるミュージカル「くたばれ!ヤンキース」を観劇します。

チケットを買ってから約3ヶ月半、どれほどこの日を楽しみにしたでしょうか。

詳しい感想は帰宅してから書くので、それまでお待ち下さい。

それと、今日はだいぶ疲れたので、記事はこれでおしまいです。

明日、無事に帰宅したら、簡単な報告を行い、後日、詳しい記事を書く予定です。

それでは。
2007.06.02.Sat / 06:49 
結局、下の記事を書いた後、全く眠れなくなって、午前5時過ぎに新宿に到着するまで、運転席越しに見える景色を眺めながら過ごしました。

その後、地下鉄で日比谷まで行き、ビル群をデジカメで撮影しながらうろついて(って言うと表現が悪いな)、現在は二重橋前のベンチで、この記事を書いている所です。

それにしても、国立国会図書館が開館するまで、どうやって時間を潰そうか……
2007.06.02.Sat / 00:28 
ご存じの通り、今私は東京に向かう高速バスに乗車しており、本来ならば、消灯時間で眠りについている筈です。

……ですが現在、バスは岡崎駅に足止めされてしまっており、眠気も吹っ飛んでしまいました。

何か、乗客の到着の遅れなのか判らないけど、すっかり運行スケジュールが遅れてしまっているようです。

まさか、こんな形でハプニングが起こるとは思いませんでした。

ようやくバスが動き出したので、記事を送信して、また京ぽんの電源を切ります。

それでは、おやすみなさい。
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
05 ≪│2007/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.