2010年06月の記事一覧
≪05month
This 2010.06 Month All
07month≫
2010.06.30.Wed / 18:25 
今日で今年の6月は終わり。

そんな今日は昨日までの天気予報が大幅に外れ、気持ちの良い晴天の一日でした。

日差しが強い分暑いのが難点だけど、曇りや雨の癖に気温だけ高くて蒸し暑いよりはましなので、今日は一日快適に過ごせました。

ホント、天気予報が外れて嬉しいのは久し振りです。

明日からは7月ですが、梅雨が例年通りに明けてくれる事と、梅雨期間中に豪雨が少ない事を願いたいです。

それでは。
2010.06.28.Mon / 18:53 
四日振りに書く記事は、今夜起こった悲しい出来事から書きます。

昨日の午前中、夕食の為に久し振りに煮物を作ったのですが(昼食にも味がまだ染みてない状態のを少し食べたが)、一日経った今夜、夕食に食べようとしたら既に煮物は傷んでしまっていました。

確かに昨日と今日はけっこう蒸し暑い日だけど、一味唐辛子も入れて火も通してあるから二日間くらいは大丈夫だろうと安心していたらこれだ(気を付けてたのに去年のこの時とおんなじだ)。

まだ鍋に半分くらい残っていたのに、しかも昨日の煮物はおつとめ品で安かった鶏肉を奮発してたっぷり入れたのに、陽気のせいで全部パー。

もう怖くて秋になるまで煮物なんて作れないや、チクショウ。

……と、今日はこんな事を書く為にFC2ブログにログインしたんじゃなかったんだ。


それではここから本題ですが、前号は発売日当日に買ったのに先週発売されたゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌は何故か当日に買う気がせず、ようやく今日の帰りに買って来ました。

第377話から続いている今回のゲンさんのエピソードですが、今回(第383話『民間事業(後編)』)でもまだ完結するような気がしませんでしたが、やはりまだこのエピソードは次回以降も続くようです。

それならば以前の大事業関連(北海道の長期出張や閉鎖された遊園地の解体など)のエピソードのように「サブタイトル・数字」の形式にしてくれればいいのにとも思うけど、良く考えれば去年の旧迎賓館移設のエピソードも今回のような形式だったし、そんなに気にするような事ではないですね。


そしてここからが(しつこい!)真の本題ですが、今回のゲンさんには嬉しい人物の再登場が二人もありました。

まずは、今年最初のエピソードである第359~361話「ジョージの決断」を最後にオーストラリアに強制送還され、作中のゲンさんの台詞によると「おそらくもう日本への入国は許可されないだろう」と言われていた(それについての嘆きはココ)ジョージ富田が、内田女史を通じての今回の爆破解体作業へのスポンサー依頼(掲載誌78・79ページ)と、慶子さんからゲンさんがプリントアウトした物を手渡されたアドバイスメール(同81・82ページ)、そしてオーストラリアの海岸に佇むジョージが遠い日本にいるゲンさんに想いを馳せる場面(同86ページ)とふんだんに登場していました(下のアドエス写真参照のこと。殆どの写真でピントが甘いのはご容赦)。

kowashiya-gen_no383_001.jpg

kowashiya-gen_no383_002.jpg

kowashiya-gen_no383_003.jpg

kowashiya-gen_no383_004.jpg

kowashiya-gen_no383_005.jpg


それにしても、ゲンさんも怒ってるようにジョージってメールの文章でも高笑いしてるんですね。

だけどメールを書いている時に「ハーッハッハッハ!」とタイプしているジョージの姿を想像したら、ちょっと楽しくなって来ました。

それと、掲載誌79ページ二段目左コマで(一番目の写真参照)、ゲンさんがジョージの事を初めて「オレの古くからの… 大切な友達さ」と言ったのに驚くと同時に、二人の絆に胸が熱くなりました(まあ、四番目の写真で分かるように、3ページ後の82ページ二段目右コマで、あっさり「やっぱり友達でもなんでもねえ!」と翻されちゃうんだけど……)。

実は今回のジョージ再登場には慶子さんが一枚噛んでたんだけど(掲載誌84ページ一段目左コマでゲンさんが指摘している)、最近は第375話「相互理解(後編)」でゲンさんが楽しみにしていた仕事のギャラを先廻りしてゲンさんが手出し出来ないように握ったり、第377話「二つの事業仕分け」で何処かの政治家気取りで事業仕分けゴッコを光と一緒にしてみたりと「何なのこの女。ゲンさん、こんな女とは別れちゃえ!(冗談です)」と言いたい行動が多くなっていた慶子さんが、久し振りにゲンさんの為になる事をしてくれたのに感激し、「やっぱり慶子さんは良妻だわ」と思いました(調子いい?)。


そしてもう一人は、ストーリーが不穏な展開を見せていた二年前の第264~266話「保証人」を最後に長い事作中に登場する事のなかった大日本化薬工業の社長・曽我さんで、こちらもお元気そうで何よりです(しかもよく読んでみたら、以前はゲンさんの事を「ゲンさん」とさん付けで呼んでたのに、今回は下のアドエス写真を見ると分かるように「金型は欲しいが金はない…か おい ゲン ずいぶんと虫のいい話じゃないか」と呼び捨てなんだよね)。

kowashiya-gen_no383_006.jpg


本当に、もしかしたらもう二度と作中で会えないと思っていた人が二人もいっぺんに登場してくれたのが嬉しいです(これで、同じように長い事登場していない「山読人」じゃない方の木村さんも元気に再登場してくれたら嬉しいのですが、それは次回以降のエピソードに期待する事にしましょう)。


それでは。
▽Open more.
快適な梅雨の中休み。 
2010.06.24.Thu / 18:30 
先週の日曜に梅雨入りしてから、殆どの日が曇りか雨という(梅雨なのだから当然だが)日々が続いていますが、今日は朝から晴天、それも朝は少し肌寒いくらいの快適な陽気で、久し振りに気持ち良く梅雨の中休みを過ごせました。

天気予報が正確なら、明日も(気温は高くなるかも知れないが)今日と同じ晴天を楽しめるようなので、雨が降るらしい週末の代わりに、明日は帰りに寄り道して何か買い物をして来ようかと考えています。

それでは。
2010.06.20.Sun / 08:34 
昨夜は、結局WOWOWの映画を一本録り損ねただけで(BS2の番組は再放送がないので仕方なく冒頭数分が受信状態最悪なのを残すしかない)、それ以降の番組は何とか無事録画出来ましたが(昨日の記事を書いた時には忘れていたが、BShiの「プレミアムシアター」も録画予約していた)、今日も今のところ雨は止んでいるものの、いつ泣き出してもおかしくない空模様で、ついタイトルに書いたように「降らないなら晴れろ、降るのなら徹底的に降れ!」なんて思っているところです(まあ、本当に徹底的に雨が降ったらまたBSの受信状態に響くから厭だけど)。

そんな訳で今日も、何の出掛ける当てもなく家で過ごしています。

それでは。
2010.06.19.Sat / 17:11 
下の記事では「今日は昨日の雨が止んで『梅雨の中休み再び』だ(大意)」と書いたけど、あれから30分もしないうちに昨夜のような激しい雨が降り出して今も続いています。

やっぱり今は梅雨、天気の油断は出来ませんね。

そんじゃ。


※2010.06.19午後9時前 追記※
昨日までの大雨で録画失敗したBSの番組はなかったのに、今日の大雨の降り方はいつもと違うのか、午後8時過ぎにWOWOWで録画していた映画とBS2の番組の受信状態が一時悪くなり、結局WOWOWの方は録画をストップする羽目になった(後日の再放送待ち)。

この追記を書いている時点では雨は小康状態になったけど、この後にも別のBS2の録画予約もあるのに、雷も微かに鳴っていて心配だ……
2010.06.19.Sat / 16:38 
今日は、昨夜の激しい雨が嘘のように止み、基本的に曇り空とはいえ一時は晴れ間も見えた「梅雨の中休み再び」と言ってもいい天気だったが、最近金欠気味なのと(それについては先週のこの記事を)、BShiで今週放送されたトニー賞関連番組のDVDへのダビング作業(それと「ちりとてちん」もまだダビングしてなかった)があったので、何処にも出掛けられず一日家にいた。


それにしても、今年のトニー賞関連番組のナビゲーターが、シマヅなんちゃらとかいうNHKアナログBSの番組の前後に割り込んで入る1分ほどのデジタル加入促進告知放送(最近はイルカなどが泳いでいる映像中心の奴に切り替わっているが)で仏頂面を晒している女子アナなのにはゲンナリした(さすがにこれらの番組では仏頂面じゃなかったけど、トニー賞授賞式生中継の時にチラチラとあからさまにカンペ目線で喋っていたのには呆れた)。

折角の年に一度のミュージカル関連番組だというのに、司会者やナビゲーターのせいで観る気が失せたのは、十年くらい前にNHKの覚えがめでたい某脱税カブキ役者がナビゲーターをやった時と、数年前にミヤモトアモンが生中継のスタジオ部分の司会者をやった時以来だ。

まあ、授賞式の中身や舞台中継本編には割り込んでいないので、ダビングしたDVDを観る時はナビゲーション部分を飛ばして観ればいいのだけど、プレイリスト作成時に厭な物を見てしまった不快さは容易には消えそうにない。


明日はBS2で字幕版のトニー賞授賞式が放送されるけど(同じ物が来週土曜の午後にBShiでも放送される)、どうかシマヅが1秒も番組に映りませんように(ナレーションぐらいなら我慢する)。

そんじゃ。


※2010.06.20追記※
先ほど、BS2のトニー賞授賞式の字幕放送版を出だしの部分だけ見たけど、上で書いた願いも虚しく、結局シマヅが出しゃばっていやがった。

そうと分かってたら、録画するのはADAMSの番組情報が入るXS57じゃなくXS53で充分だった(なんか腹が立つからダビングするDVDのグレードを落とそう)。

26日のBShiもこれと同内容だろうから、なんかBShiの放送を録るのが厭になって来た……
2010.06.18.Fri / 20:15 
今週はゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)が巻頭という事もあって、復活した梅雨でぐずついた天気にもかかわらず、今日は帰りに早速掲載誌を買って来ました。

gen-san_hyoushi_20100702gou001.jpg

↑これか今週号の表紙ですが(表紙全体を映さなかったのは雑誌タイトルロゴとその左上にある変な絵をフレームインさせたくなかったから)、このアドエス写真で分かるように表紙メインの美人画よりもゲンさんのイラストが目立っていたので(ところで今回の表紙に使われたイラストって、もしかしてゲンさんだけでなく後ろに小さく描かれているヒデ・光・ロクさんも描き下ろしかな?)、「ゲンさんがこんなに目立っているのは嬉しいけど(実際コンビニで表紙が眼に入った時はものすごく驚いた)、本来のメインである美人画の絵師さんが気の毒だな(以前に某フクイ汚物が表紙を乗っ取った時を思い出してしまった)」と思ってよく見ると、美人画の女性の膝の上にゲンさんとお揃いのヘルメットが置かれているのに気付き、「そうか、ちゃんと絵師さんは今回の表紙にゲンさんが登場する事を前もって知らされて、こうしてゲンさんとのコラボ的な美人画を描かれたのかな」と納得しました。

先月の掲載誌のアンケートで、表紙について「現在のままがいいか漫画メインがいいか」みたいな設問があったけど(ちなみに自分は、いくらアンケートを熱心に出しても意見が何も反映されない現状に厭気がさしたので、こんな雑誌の為のアンケートを書くのはハガキ代の無駄でしかないと思って書かなくなった)、今回の表紙のように連載漫画とのコラボ的な美人画なら、これからも色々な取り合わせで見てみたいかなと思いました(だけど今回も裏表紙は最低。本当ならすぐにでも切り落としたいのに、裏表紙裏が「コボちゃん」複製原画通販のカラー広告なので切り落とせない……)。

それでは。
早くも梅雨の中休み。 
2010.06.16.Wed / 18:31 
三日前に梅雨入りしたばかりで、しかも昨日は夜に一時雨脚が強くなるほどだったのに、今日は朝眼が覚める頃には雨は止み(地域によっては小降りだったかも)、それからは一日中晴天の暑い日でした。

昨日までの気象情報では梅雨の中休みは明日一日だけと言っていたから、今日の晴天は空からの嬉しいプレゼントの筈ですが、どうせ梅雨の中休みが二日続くなら、今日と明日より、明日と明後日の二日にして欲しかったです。

でも、昨日までの雨ですっかり気が塞いでいたので、やっぱり今日の晴天はありがたかったかな。

そんじゃ。
ついに梅雨入り。 
2010.06.13.Sun / 16:51 
そろそろ来ると思っていたので別に驚かないが、今日の昼前に東海地方(他には近畿地方など)が梅雨入りしたと発表された。

今年の梅雨入りは平年よりも遅かったけど、果たして梅雨明けは例年より早くなるのか遅くなるのかどちらだろう(このサイトのデータを見ると、去年の東海地方は梅雨入りが6月3日、梅雨明けが8月3日と丸二か月も梅雨が続いた)。

明日からの週間天気予報を見ても雨が降らない日は木・金曜だけらしいし(それだって当日にどう天気が変わるか分からない)、しばらくは雨合羽が乾かない毎日が続きそうだ。

それでは。
心は曇りのち快晴! 
2010.06.12.Sat / 12:05 
三日前の記事「しばらくは買い物を控えよう(大意)」と書いたけど、明日からしばらくは雨で買い物に行く(もしくは立ち寄る)気がなくなるし、今日のうちにゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌も買っておかないと下手したら来週だと買いそびれそうなので、今朝は原付を飛ばして特売品を買う為に市内のスーパーをはしごしたり、気晴らしも兼ねて少し市内を流したりして来た。

そして最後に立ち寄ったコンビニでゲンさん掲載誌を買ったけど、厭な予感がしたから裏表紙を見ないようにしてレジに出したのに、精算時にうっかり裏表紙が眼に入り、そこに編集部が大プッシュしている穢らしいエロマンガの単行本の広告が写っているのを見て一気に不愉快な気持ちになってしまった(ここの編集部って、エコヒイキしている漫画とそうでない漫画の扱いの差が読者に解るくらい露骨だから厭になる。読者がみんな編集部のお気に入り漫画の大ファンという訳じゃじゃないのだから、まともな雑誌ならば路線外の作品のファンである読者に裏事情を悟られないように巧く対処するだろうに、ここの編集部員は頭が悪いから「読者はみ~んなxxのファン」とでも思って隠そうともしない。これじゃ競合他誌に水をあけられるのも当然だわ)。

そして家に帰ってからも不愉快な気持ちは消えず、早速裏表紙を切り取って生ゴミの袋に押し込み、少し気持ちを落ち着けてからゲンさんと「茗荷谷なみだ坂診療所」「シネマ鑑定談」を読んでから早々に段ボール箱に仕舞おうとして、ふと何の気なしに「どうせ次号も編集部お気に入りの変なマンガが巻頭なんだろ」と思いながら次号予告ページを見たら……

何と次号の巻頭は
ゲンさんでした。


しかも、前回の巻頭が第376話「もったいない」で次号のゲンさんは何と6号(約一か月半)振りという最近では珍しく早い間隔での巻頭だったので、これで直前までの不愉快な気分が一気に晴れました。

今週号は、読む前は変に不安で(それについてはこちらの記事の前半を)本当はまだ買う気はなかったのに買わざるを得なかったけど(天気予報が明日から雨じゃなかったら週明けにするつもりだった)、次号は当然発売日当日に買います!!

それでは。
ひどいやひどいや。 
2010.06.11.Fri / 20:52 
いよいよ来週月曜はNHK-BShiにて今年のトニー賞授賞式の中継および関連番組が連日放送されるので(実際は今週の「ハイビジョンシネマ」でミュージカル映画特集を行ったので既に関連番組自体は始まっている。昨夜のBS2と今夜のBShiで直前番組も放送されたし)、これらの番組を録画する為にW301に録り溜めた番組のDVDへのダビング作業を今週は毎日熱心に行っていた。

今夜は上で触れたトニー賞直前番組の録画が終わった後、今日の放送でDVD一枚分溜まった「鉄腕アトム」と先週末に録画したBShi「プレミアムシアター」「上海バンスキング」をダビングしたが、滞りなくダビング出来た「鉄腕アトム」はともかく、「上海バンスキング」の方は予定通りには行かなかった。

というのも、この作品は高レートで録画したいと思ったので、全二幕の舞台を第一幕、第二幕に分けてダビングする事にしていたが、あらかじめ「上海バンスキング 上演時間」のキーワードでウェブ検索した時に見付かった、この舞台の感想記事中の「第一幕 1時間20分 第二幕 1時間40分」という記述を信じて、録画レートを時間が長い第二幕に合わせて設定したのだ。

だけど、今夜プレイリスト作成の為にチャプターを打ちながら第一幕が終わる1時間20分(+解説の8分)近辺を再生しても、この辺りで第一幕が終わる気配がなく、ずっとピクチャーサーチで再生していたら、ようやく第一幕が終わったのが(解説部分も含めて)2時間を過ぎた辺りだった。

これではどう考えてもこのままではDVDには収まらないので、仕方なく第一幕の途中の区切りの良さそうな所で切る事にして(プレイリスト作成時に、区切った部分が少しダブるようにした)何とかダビングを終えたけど、折角楽しみにしていたこの舞台中継の録画が不本意な形になってしまったのが残念だ。

……まあ、「上海バンスキング」は明後日の深夜にBS2の「プレミアムシアター」で再放送されるので(「ハイビジョンシアター」「ウィークエンドシアター」と統合され「プレミアムシアター」になって「良かった」と思うのは、BS2でも同じ内容を放送してくれる事と、両チャンネルの放送内容が一週間ずれているので、仮にBShiで録り損ねてもBS2で録り直せるという事だね)、今度こそは今回の失敗を踏まえて録画レートを設定する事にしよう。

それでは。
一気に金欠気分。 
2010.06.09.Wed / 20:03 
このブログでも前に触れたように、先々月の下旬に「@nifty WiMAX」に加入してから、それまで使っていた「WILLCOM CORE 3G」は一切使わなくなった。

なので今月下旬のWILLCOM通話料金の引き落とし額は先月に比べて格段に下がると思っていたので、「来月はかなり金銭的に余裕が出るな」と安心していた。

だが、今日届いた請求金額確定メールを見たら、今月の引き落とし予定額はむしろ先月分より上がっており、「何だよ、『WILLCOM CORE 3G』は使ってないし、通話やアドエスでのパケット通信もしてないのにどうして上がるんだ」と奈落の底に突き落とされた気分になった(少し大げさだが、メールを見た時は正直言ってそんな気分だった)。

まあ、問い合わせの電話をする前に色々調べた結果、今月分の「WILLCOM CORE 3G」請求額が先月と変わらないのはパケット超過分の引き落としが利用月の翌々月(つまり今回請求されたのはまだ「WILLCOM CORE 3G」を使っていた4月分)だと分かったし、音声通話の請求額が先月より多いのは、アドエスの「W-VALUE SELECT」割賦代金の割引が先月までの1日から末日までではなく1日から15日までの分しか割り引かれていない為と分かったけど、おかげで昨日まで考えていた支払いの予定が全て狂ってしまった(パケット超過分の請求時期についてすっかり忘れていた自分も悪いと言えば悪いんだけどさ)。

来月はWOWOW視聴料の引き落とし(三か月分一括払い)もあるし、来月の金銭的余裕を見越して先延ばしにした支払いもあるので、これらの支払いの為に来月はへそくりを取り崩さないといけないし、今月もしばらくは買い物を控えて支払いに備えないといけなくなった(まあ、今月から引き落としが始まる「@nifty WiMAX」の通信料等は、先々月に加入してからずっと何時引き落とされてもいいように取り置きしてあるから、その点は心配ないが)。


ああ、ちょっと順調に行ったかと思うとすぐに落とし穴が待ち構えているこんな人生なんてウンザリだ(みみっちいと言われそうだけど、こちとらどっかの元首相やマスコミ関係者みたいにタンマリ小遣いや裏金を貰える身分じゃないからね)。

そんじゃ。
2010.06.08.Tue / 18:38 
(タイトルから続いて)
……だけど放送するのがテレビ愛知なのが残念。

というのも、テレビ愛知は額縁画面の黒味ではなく番組本編の画面に平気で糞地デジ移行促進テロップを入れるので、今日最終回を迎えた「西遊記Ⅱ」も前番組の「西遊記」も折角録画していたのに、そのせいで台無しでした。

でも、こういう古いドラマはもうスカパーに加入するかDVD-BOXを買わないと観られないと思っていたので、こうして地上波で放送されるだけでもありがたいと思わないといけないようですね。

何はともあれ、明日からはお楽しみです(こうなったら1990年代中頃に「スタア誕生」「青い瞳の聖ライフ」などを続けて放送したように、またこの枠で大映ドラマを連続して放送してくれないかなあ。以前CBCで「スチュワーデス物語」が再放送された時に後番組として期待していたのに放送してくれなかった「遊びじゃないのよ、この恋は」とかさあ)。


……あっそうそう、上で「スタア誕生」のタイトルを出したので思い出したけど、今日の深夜に放送される「スジナシ」(CBCテレビ0:55~)は、堀ちえみさんがゲストです(もう録画予約済み)。

それでは。
お知らせです。 
2010.06.07.Mon / 20:43 
下の記事を書いてから、「ブログパーツ レシピ」でウェブ検索したら、無料で使えるレシピ関連のブログパーツが幾つか見付かったので、その中で気に入った「今日のおすすめレシピ/オレンジページ」(このブログではタイトルスペースの都合で「オレンジページの今日のレシピ」と改題)を新たに設置する事にしました。

ブログパーツガーデンより
「今日のおすすめレシピ/オレンジページ」
http://blogpartsgarden.jp/cs/blogparts/detail/071212182569/1.html

それでは。
何てこったい。 
2010.06.07.Mon / 20:23 
今夜、FC2ブログにログインしてから「ブログの確認」でこのブログを表示してみたら、何故かプラグイン「↓今夜、なに食べたい?」の画像が表示されておらず、しかも画像があった部分にポインタを重ねてみるとリンク先が「MSNレシピ」ではなくこのブログになってしまったので、「これはおかしい」と思ってMSNのサイトにアクセスしてみたら、何と「MSNグルメ」「MSNレシピ」があったMSN内のページ)は今日をもってサービス終了し、レシピ関連のページは「MSNビューティスタイル」というページに移動したのだそうだ。

なので、もうこのプラグイン(元のプラグイン名は「今日のレシピ」)は使えなくなったので外しました(この記事に書いたように、既にこのプラグインの作者はFC2共有プラグイン登録の解除をしているようだから改訂版も望めないし)。

そんじゃ。
2010.06.06.Sun / 08:47 
いつもより早起きしたというのに、今日は何もする気が起こらない(まあ、こうやってブログ記事を書くくらいの気力はあるが)。

いつもの買い出しや他の買い物、そしてXS53に録り溜めた番組のDVDへのダビングもしなくちゃならないのに、どれも手を付ける気にならない。

困った……

そんじゃ。
危なかったぁ…… 
2010.06.05.Sat / 19:30 
(タイトルから続いて)
明日が「スカパーe2!大開放デー」なのをすっかり忘れてた。

先ほど、また忘れないうちに幾つかの録画予約をしておいたけど、昨日までのうちに今夜の「プレミアムシアター」(BShiで「上海バンスキング 復活公演」が中継放送。BS2で13日深夜にもやるけどハイビジョンで先に録画したかった)の為にW301のHDD容量を空けてなかったら、折角思い出しても録画を諦めなきゃならなくなる所だった。

ホント、思い出して良かった。

そんじゃ。
2010.06.04.Fri / 19:41 
今週は6月第一週、そして今日は金曜日。

なので今日は帰りに「いまじん大垣店」に寄って「GOLFコミック」最新号とゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌を買って来ました。

実は先週、別件で「いまじん」に行った時に何気なく二階の漫画雑誌コーナーを覗いたら、珍しく発売日当日にゲンさん掲載誌の最新号(6月11日号)が置いてあったので、「ようやく『いまじん』も以前のようにきちんと発売日にこの雑誌を売るようにしたのか」と思って手に取り、「あっそうだ、来週火曜(つまり三日前の6月1日)は『GOLFコミック』の発売日だし、来週(つまり今日)に二週分まとめて買った方がいいか」と思って取り置きしてもらったのですが、今日行ったらまだ今週号(6月18日号)のゲンさん掲載誌は置いておらず、結局「いまじん」で先週号と「GOLFコミック」を買い、今週号は他の買い物の用事があったスーパーで買う事になりました(何たる二度手間……)。


……そんな訳で、四年前に購読を始めてから初めてゲンさんを二週分一気読みした訳ですが、まさか今回のエピソードが今週でまだ完結しないとは思いませんでした。

後で紹介するゲンさんデータベースを見れば分かるように、今回のエピソードは第377話「二つの事業仕分け」から始まり(この回は、五友爆破の事務所での事業仕分けごっこの場面が、現実世界の政治を捻りもなく茶化しているようにしか見えなかったので印象が悪かった。文句なしに良かったのは釣り人姿のゲンさんだけ)、第378~380話「民の思い」へと続き、そしてまだ次号以降に続くという変則的なパターンですが(今考えたら、昨年の第340~342話「大棟梁」から351話「訪れる変化」へと続いた職人ネットワークの一世一代の大仕事のエピソードも似たようなパターンだったかな)、どうやらこのエピソードが、ゲンさんが手掛ける今年一番の大仕事になるのではないかと思っています(そのせいで、また去年秋のような「まさか今回のエピソードは連載を大団円に向かわせる為の物なんじゃないか」という不安がチラリと胸をよぎっていますが……っていい加減この性格直したいよ)。

そして二週分のゲンさんを読み終えた後、「茗荷谷なみだ坂診療所」などの他作品も読みましたが、密かに気に入っていた「ハガワの異常な愛情」(作・大羽隆廣)が今回で完結してしまったのが残念です(このラストからすると「ハガワの異常な愛情2」とか「ハガワの異常な愛情ふたたび」みたいな続編も望めそうにないし)。

でも、読者や編集部に媚びた薄汚い萌えやエロもない上に、過去のヒット作によるネームバリューだけで天下りして来た訳でもない(作者の「大羽隆廣」でウェブ検索してみたが、実績はあるが別段ビッグネームという訳ではないようだ)作家の作品が単行本化されるのは(最終ページによると8月発売予定)、この性根が腐った雑誌では久し振りの快挙と行ってもいいでしょうね(佐藤智美の「ムショ医」もそうじゃないかと言われそうだが、この作者が、この雑誌に数年に一度しか載らない某特攻隊漫画の作者……というより「ブラックジャックに何たら」とかいう他社のヒット漫画の作者と夫婦だと知ってからは、「なるほど、編集部はなかなか作品を執筆してくれない亭主への御機嫌伺いの為にこの人を優遇してんだ」としか思えなくなってしまい、その作風には今でも敬意を表してるが何か醒めた)。


これでゲンさん掲載誌で読める漫画やページ(といっても漫画以外の連載で読んでいるのは「シネマ鑑定談」だけ)は全て読んだので、それから「GOLFコミック」を(というより石井さだよし先生の「素振りの徳造」を)読みましたが、今回の徳造さんのラストは珍しく辛口に思え、新鮮に感じるというより「あれっ、どうしちゃったの?」と少し戸惑いました(いつもだったら、人を外見でしか判断しない女レッスンプロが改心した後に救いを持たせて終わるだろうに、今回は改心も救いもないまま終わっている。まさか次号に今回の続きが書かれるとも思えないし)。


……という事で、今日は初めてのゲンさん二週分一気読みを体験しましたが、また来週からはいつものようにゲンさん掲載誌は金曜から日曜の間にコンビニかスーパーで買う事を決意しました(「GOLFコミック」だけはこれからも「いまじん大垣店」で買うつもりだけど)。


そして最後になりますが、今回でデータベース一ページ分のデータが溜まったので、例によって本サイトのゲンさんデータベース「五友爆破株式会社 活動記録集」を更新しました(今回は第376~380話)。

それでは。


※余談※
……ところで、この記事を書く前に石井先生の公式サイトにアクセスしたら、ゲンさん最新号紹介ページのサブタイトルと概要は今回の物なのに扉絵画像が前回のままだったのだが(試しに扉絵画像のURLの数字を379から380に変えて直接アクセスしたら表示されたので、画像ファイル自体はサーバにアップされている)、次号が発売されるまでには直るかなあ……

そんじゃ。

※2010.06.06追記※
今夜ふと思い出したのでゲンさん最新号紹介ページにアクセスしたら、ちゃんと扉絵画像は380話のものに直ってました。

それでは。
| BLOG TOP |
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.