2011年07月の記事一覧
≪06month
This 2011.07 Month All
08month≫
2011.07.31.Sun / 19:05 
今日で7月も終わりだが、今朝は夢見が悪かったせいで起きてからもなかなか気力が湧かず、天気も微妙だったので、結局買い物は近場で済ませたし、DVDのダビングもする気が起きなかった。


それはそうと今年の7月は、揖斐川の花火大会は中止で、二年振りの劇団はぐるまのミュージカル劇場は来月に行われる為か、「いつもの夏」が来た実感もなくただカレンダーの上だけでしか夏が来ていないような気になっている。

それに、今年の7月は去年に比べて晴れの日も少なかったような気がするし、気温も去年に比べて低いのか、「暑い」と思いながらも去年のように室内でじっとしていると汗が滝のように流れるという事も少なかった気がする。

そして明日から8月だが、ネットの気象情報を見ると明日と明後日は曇りや雨(と言っても一時的に降るくらい)らしいが、それ以降は夏らしい晴天や真夏日の気温になるらしいので、ようやく「いつもの夏」を実感出来るかもしれない。

ただ気になるのは、また台風が発生しているので、その進路によっては又しても気味が悪いほどの豪雨に悩まされるかもしれないという事だが(今日の時点では来月3日に沖縄に接近するらしいが、下手したら週末にはこの地方に接近もしくは上陸するのではないかと心配)、この記事この記事で書いた部屋の壁の雨漏り対策が先日の台風六号上陸時に何の役にも立たなかったので、本当に台風だけは来て欲しくない(と書いたらどうせ来月はいくつも台風が上陸するんだろうな。ケッ)。


……それはさておき、実は一昨日久々に「業務スーパー」に行って来たのだが、やっぱりここの店(岐阜・中鶉店)はいつ行っても公式サイトの商品紹介にある商品が殆ど欠品か未入荷で厭になる(いつも週末に買い物に行っているので「平日なら週末と品揃えが変わっているかも」なんて思って行ってみたが結局何も変わらず)。

でも、「せめてこれだけは売ってますように」と思っていた「ぷち大福」が置いてあったのと、先々月に行った時には欠品だった「徳用ウインナー」が今回は置いてあったので(どちらも二袋買った)、買い物に行ったのは無駄にはならなかったと思った。

そして今日、昨夜のうちに容器に何個か移し替えて冷蔵庫で自然解凍していた「ぷち大福」を食べてみたが、結構良かった。

110731-175428.jpg

冷凍食品なので、「大福」と銘打っていても粉はまぶしていないから、解凍したのを見た感じでは大福というより餡入りの団子と言った方がいいかと思ったが、実際食べてみると、中の餡がこしあんであっさりしているが、餅の部分はやはり団子ではなく大福と言っていいと思った(見た目をもっと大福らしくするなら、解凍してから自分で片栗粉でもまぶせばいいか)。

それに冷凍なので食べたいと思った分だけ解凍して食べられるし、解凍の手間はともかく甘い物が欲しい時に気軽に食べられるので、今回買ったのが無くなったらまた買いたいと思った(望んでも仕方ないけど、今度行く時には今回置いてなかった姉妹品の「伊達ごまだれ餅」も入荷してくれるといいのだがなあ……ってここの店に「公式サイトで紹介している商品の半分でも置いていて欲しい」と望むのは無理か)。


最後になるが、明日からの8月がどんな月になるかは分からないが、体調や気力の管理をしっかりして夏バテだけはしないように頑張ろうと思う。

それでは。
2011.07.30.Sat / 17:55 
今日の昼の話だが、冷蔵庫で冷やしている冷水筒の烏龍茶が空になったので、新しく作ろうと冷水筒を洗ったまま別の用事をし、その後でお湯を沸かしてティーバッグを冷水筒に入れ、沸いたお湯を注いでしばらく置いたらお茶の色がどう見ても緑茶の色だ。

どうやら他の用事をしている間に「空になったのは烏龍茶の冷水筒だ」というのを忘れてしまい緑茶のティーバッグを入れてしまったようだが、まだ冷蔵庫には手付かずの冷水筒に作っておいた緑茶がある事を思うと、どのみち暑いからすぐに飲んで無くなるとはいえ、これまで作った順に「緑茶→烏龍茶→緑茶→烏龍茶(以下繰り返し)」の順で飲んでいたローテーション(説明すると、暑くなってからは冷蔵庫に常に緑茶と烏龍茶を冷水筒に作って入れておき、一方が空になってからもう一方を飲むようにしている)が崩れたのが地味にショックだ。

そんじゃ。
2011.07.24.Sun / 19:16 
下の記事の最後に「簡単な感想は夜にでも」と書きましたが、ちょっと疲れているので感想というより気になった場面等のアドエス写真に簡単なコメントを付けるだけにします。

↓まずこれは、前号(第436話掲載)の表紙です。

kowashiya-gen_no436-hyoushi.jpg

ああ、うなぎ食べたい(それだけかい!)。


↓そしてこちらは今回(第437話)のエピソードからの写真ですが、ロクさんに話し掛けているチョイ悪オヤジ(死語?)風のこの人、一体誰だと思いますか?

kowashiya-gen_no437_001.jpg

kowashiya-gen_no437_002.jpg

実は……

kowashiya-gen_no437_003.jpg

そう、この記事で触れた第425話「BONSAI・インターナショナル」でオランダに盆栽の指導に行っていた植木職人のイチさんでした!

kowashiya-gen_no425_001.jpg

↑ちなみにこちらはオランダに行く前のイチさんですが、いやあ、まさか昔気質の職人といった感じのイチさんが、約三か月(作中の経過時間は実際と違うかもしれないが)の海外滞在でこんなにダンディに変身するとは思いませんでした(個人的には去年のこの記事で触れた「さくら商店街」の鶴田さんのイメチェン姿より似合っていると思う。ちなみに今回のイチさんのスーツとシャツ姿は前半だけで、後半は半纏は羽織っていないけど以前と同じ職人姿でした。でも髪型は上のアドエス写真と同じ)。

前号までのエピソード「ベストな選択」がもっと長く続くと思っていたので(いつものような前・中・後編ではなく(1)から始まる通番だったので、一体何話で完結するのか見当がつかなかった)、新しいエピソードが今回買った三号の中で読めるとは思わなかったのと、意外な人の意外なイメチェン姿を見られたので嬉しかったです。

そして、予告煽りによると次回のゲンさんは巻頭カラーだそうだけど、期待して次号予告ページを見たら、次号からの掲載誌は通巻3,000号だか何だかの記念企画を四週連続でやるそうで、下手したらゲンさんよりも特別企画にかこつけた某フxイx物の第1話紹介特集に力を入れるんじゃないかと思い(今の汚xマガジンx臭部だと厭な予感が当たりそうで憂鬱)、期待と買う意欲が著しく減ってしまった……(もしかしたら次号は8月に入って「GOLFコミック」の最新号が発売されてから買うかもしれないな)

それでは。
朝からお知らせです。 
2011.07.24.Sun / 08:32 
先ほど三号分溜まっていたゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)を読み終えたので、なかなか更新出来なかった本サイト「五友爆破株式会社 活動記録集」の作品データベースを更新しました(今回は第431~435話まで)。

それでは取り急ぎご報告まで(今回のゲンさんの簡単な感想は夜にでも)。
2011.07.23.Sat / 20:54 
月曜の記事で、「いまじん大垣店」で定期購読している雑誌が(この時点では)二週分溜まっているのに買いに行く気になれないという意味の事を書いたが、昨日の最新号発売によって三週分も溜まってしまったので、さすがにこれ以上溜めたら良くないだろうと思い、夕食後の涼しくなった頃に原付を飛ばしてようやく三号まとめて買って来た(だが今夜は疲れたので読まない。明朝の買い出しが終わってから三号まとめて読む事にしよう)。

そして他にも廻って色々と買い物をして来たが、その途中で馴染みのガソリンスタンドの前を通ったら一昨日まではリッター当たり139円(プリカ価格。現金会員価格は141円)だったのが、何と3円も上がって142円(144円)になっていたのを見てショックを受けた。

そろそろ原付のガソリンが減って来たから明日辺りに給油しようと思っていたのに、これなら一昨日給油しておけば良かった……(自分の人生、いっつもこんな間の悪い事ばかりで厭になる)


それはそうと、ついに明日の正午に地上波アナログ放送が(東北の三県を除いて)強制終了されるけど、それまでにホームセンターなどで売っていた安い地デジチューナーが値崩れを起こすかと思ったら、安くなるどころか(ネットチラシを見た限りだと)先々週にイオン大垣店で買ったのが底値で、先週半ばに同じ店のチラシを見たら価格が元に戻っていたし(自分が買った時はこの記事に書いたように3,680円、その前後の価格が3,980円)、それまで安い地デジチューナーの情報を載せていたホームセンターのチラシからは、奇麗さっぱり地デジチューナーについての情報が消えてしまっていたので、やっぱり先々週に思い切って買って良かったと思った。

それにしても、まだ「地デジ難民」に対する対策が不十分らしいのに(厭がらせは十二分に行っていたけど)アナログ終了を強行するテレビ局や行政、そして無責任に「どうせ7月24日が過ぎてもアナログ放送は終わらないって」と言っていたマニア崩れの地デジ問題関連ブログの管理人や某人気ブロガーとかは、明日の正午が過ぎてからの「地デジ難民」たちの悲痛な声にどう答えるつもりなんだろうね(どうせテレビ局と行政は「前々から警告しているのに対策を取らない視聴者が悪い」、ブロガーどもは「自分は素人。だからその素人の書いた物を鵜呑みにして対策を怠った奴等が情弱なだけ」とホッカムリを決め込むだけだろうがね。ああ醜い)。


まあ、どうでもいいけど。
2011.07.18.Mon / 09:25 
今日は海の日。

だけど台風が近付いているせいか空はどんより曇り空。

そのせいという訳ではないけれど、今日も昨日と同じようにパソコンにかじりついてネット巡りをしている次第(昨日と違うのは現在BSフジでやっている「赤い霊柩車6」の再放送もW301で録画しながら観ていること)。

だけど本当は、雨が降らないうちに二週分溜まっているゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌を買わなきゃならないんだよね……(昨夜買い物に出掛けた時に買うつもりだったのに、買い物中に厭な事ばかり続いて厭になって買うのを止めたんだ)

それなのに、「どうせこの間から『いまじん』で定期購読の手続きをしているから二、三週分溜まっても取り置きして貰えるし、これだけ遅れたんだから今週金曜以降に三週分まとめて買うか」なんて思ったりもして、そのせいで重い腰はなかなか上がらなくて困る。

別にゲンさんに冷めた訳でもないのに、現在進行中のエピソードが個人的にあまり好きでないせいで、ここしばらくは毎週発売日直後に買う事が少なくなっている(そういえば前回も二週分「GOLFコミック」と一緒に買ったんだったな)。

でも、最新号の扉絵を石井さだよし先生のサイトで見たら今回のストーリーは面白そうだし、やっぱり「赤い霊柩車6」を観終えたらひとっ走り原付を飛ばして買いに行こうかな。

それまで天気がもちますように(……なんて書くとすぐにでも雨が降るような気がするが)。


※2011.07.18夜・追記※
結局、上の記事を送信してから天気は悪化して午後は雷混じりの豪雨の為に出掛ける気が完全になくなり、その後天気が回復したものの、夜7時前に「じゃあ今から出掛けよう」と外に出たら、狙い澄ましたように雨がポツポツ降り出した(降りようは軽かったけど、もし出掛けてからいきなりザーッと雨脚が強まったらと思うと行く気が半減した)だけでなく、原付のキーをよく見たら、キーと一緒に付けていた、原付を駐車場のフェンスに繋いでいるチェーンをロックしている南京錠の鍵が無くなっているのに気付いたので出掛けるのを断念(鍵は部屋にスペアがあるので、部屋に戻ってから付け直した)。

明日からは台風が長く居座るせいで、雨合羽を着てもずぶ濡れになるから帰りに寄り道なんてしたくないし、もうこうなったら雑誌は金曜まで待って三冊まとめて買う事にした(確か「いまじん」の定期購読の取り置き期間は一か月以上OKだった筈)。

ああ、これだったら昨日出掛けた時に買っておけば良かった。
2011.07.17.Sun / 11:27 
つい先ほどの話。

連休二日目の今日は、出掛ける気もDVDのダビングもする気が起こらず朝からいつものようにウダウダとネット巡りをしていたが、玄関のドアをノックする音がしたので「もしかしたら先月交換申請したネットサービスの商品の配達かも」と思い「どちら様ですか」と応えたが相手の反応がない。

この時点で厭な予感はしたが、仕方ないので手早く身支度を調えてドアを開けてみたら……

そこにいたのは
3月で購読解除した中日新聞の
勧誘の男だった!!!!

(こちらがドアを開けて相手の顔を見てから、向こうが「お久し振りで~す、中日新聞です」と言いやがったのでようやく相手の素性を知った)


最初の呼び掛けで名前や身分を名乗らないからおかしいとは思っていたけど(最初は宗教の勧誘か何かかと思っていた)、まさかとっくに縁を切った相手が図々しく接触を図って来るとは思いもよらなかった。

最近は新聞離れが進んで来ているというから相手も必死なんだろうけど、こんな事をしたら余計相手が再購読したくなくなるとは思わないんだろうか。

まあ、思わないからこそ名乗りもせずに押し掛けて来るんだろうけど、本当にゴキブリみたいにしつこい奴だと思った(「これでもう二度と新聞と名のつく物は買わないぞ」と心の中で誓った)。

そんじゃ。
2011.07.16.Sat / 20:40 
毎年この季節になると書いている事だが、自分にとっての夏の欠かせないイベントといえば、劇団はぐるまの夏のミュージカル劇場と揖斐川の花火大会(正確には「岐阜新聞大垣花火大会」)だ。

去年は諸事情により劇団はぐるまの夏のミュージカル劇場が休止された上に、揖斐川の花火大会も始まってから慌てて観に行ったせいで充分楽しめなかったので(それについてはこの記事を)、今年は準備を整えてどちらも楽しもうと思っていた。

だが、今夜ふと気になって「花火大会の開催は来週だっけ、再来週だっけ」と思って検索したら、何と今年の花火大会は中止だそうだ(下に紹介するリンク先のページから辿ると、他にも長良川の花火大会も中止らしい)。

Wakerplus「全国花火大会 花火カレンダー2011」より
「岐阜新聞大垣花火大会(岐阜・大垣市)-中止」
http://hanabi.walkerplus.com/detail/fw0372.html

上にリンクを貼った去年の日記では「来年こそはこれまでよりも近くで花火を観られるように、見物場所の確保を前もってリサーチして花火大会に臨みたいです」なんて書いたのに、まさかこんな形で楽しみにしていたイベントの一つがなくなってしまうとは思わなかった(あくまでも中止は今年だけらしいが、なし崩しに「2010年を以て終了」という事にならないか心配)。

でも、劇団はぐるまの公演は来月下旬に確実にあるし(当日の天気がどうなるかは判らないが)、地元で行われるもう一つのイベント「大垣ひまわりランド」は予定通り行われるらしいから、それを楽しみにしますか。

大垣市公式サイトより
「大垣市のひまわり畑」
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000001283.html
(今年は榎戸町でやるらしいけど、上記リンク先にあるPDFファイルを見る限りだと、去年の開催地だった美濃国分寺跡周辺からそんなに遠くないみたいだな……)


そんじゃ。
2011.07.16.Sat / 08:12 
先月辺りから続く心身の不調と日増しに強まる暑さのせいで、毎日の生活を送るのに精一杯でブログを書く気が起こらなかったが、今日は休日だし昨日までよりは朝が涼しいので久し振りに書いてみる。

WOWOWの録画をデジタルに切り替えてから三週間近く、地デジチューナーを買ってから一週間になるが、ここ数日は録画予約時にチャンネルやラインの切り替えを間違えて録画失敗する事もなく、何とか順調に行っている。

でも、テレビ局のデジタルへのゴリ押しがなければしなくてもいい苦労(というのは少し大げさだが)をしてまでテレビ番組の録画をしている事を考えると、まるで自分がよく飼い慣らされた家畜か奴隷になったような気がして気が殺げる。

そして24日にアナログ放送が終わったらADAMS(テレビ朝日系列の地上波アナログ電波を利用して送信される電子番組表)も終わるので、ネットに繋いでないから一々録画予約時にタイトルと時刻を入力しないといけなくなるし、ジャストクロックも効かなくなるので定期的に手動で時刻合わせをしないといけなくなる。

今からそれを思うと憂鬱だが、どうせすぐに慣れるんだろうな……

もうすぐ、デジタル奴隷の完成か。
2011.07.10.Sun / 18:54 
ここ数日、雲は多いものの雨は予報にない夕立程度のものしか降らなくなったので「おかしいな」とは思ったけど、まさか一昨日に梅雨明けしていたとは……

最近の暑さのせいで「気象情報なんか観てもどうせ『暑いから熱中症に注意しろ』とか『冷房をかけすぎるな(冷房なんかねえよ!)』とか言うばかりで腹が立つから観たくないや」と思い、先月の終わり頃からもうテレビの気象情報は観なくなったし、ネットニュースもこまめにチェックしていなかったので(もしかしたら「Yahoo!天気情報」「ウェザーニュース」のピンポイント天気のページに梅雨明けについて書いていたかもしれないが)、久し振りに今日の昼前の気象情報を観て「あれっ」と思いウェブ検索するまで知らなかった。

……道理で暑い筈だわ。

これで名実共に夏真っ盛り、下手したら9月や10月になってもこの暑さが続くのかと思うとゲッソリするけど(もう今日だけでも窓を開けても風が入らない部屋で汗だくになってしまったし)、何とか先日買ったハッカ油などの猛暑対策を上手く使って乗り切る事にしよう。


それはそうと、デジタル地上げのせいで早々とテレビ番組の録画を外部チューナーからのライン録画に切り替えてから二週間近く経つが(地デジは一昨日からだがWOWOWは先月終わり頃から切り替えている)、まだ慣れないせいで録画失敗が相次いでいる。

先週半ばにNHKBSプレミアムの映画を留守録したら、録画予約のタイトル入力を電子番組表から行った時にチャンネルをラインに切り替えるのを忘れたせいでアナログBSプレミアムで録画してしまい、折角録画された映画にはテレビ局ご謹製の「アナログ終了まであとxx日」の厭がらせテロップがデカデカと入ってしまったし(結局DVDにダビングする気もなくなってタイトル削除した)、昨日のWOWOWの映画も似たような失敗のせいでこの記事の写真のような画面(ただしデコーダは既に取り外しているので、実際は刺繍の裏側のようなスクランブル未解除画面だが)を数分録画した所で気が付いて録画をストップせざるを得なかった。

そして今日は今日とてWOWOWの映画が、Bデジチューナーの視聴予約はしていたのにXS57の録画予約を忘れていた(昨日のうちに予約していたと思い込んでいた)せいで録画失敗(一応再放送はあるが吹替版)。

これらの失敗はテレビ局のデジタルゴリ押しがなかったら起こらなかった事だと思うと(アナログ放送に厭がらせテロップ等さえなければ普通にXS57の内部チューナーでアナログ放送を録画出来たのだから)、また日本のテレビ局に対する憎しみが湧いて来た。

本当に、今年に入ってから日に日に日本のテレビ局というテレビ局とその関係者が大嫌いになっている。

ハッカ油P 20mlハッカ油P 20ml
(2007/03/29)
健栄製薬

商品詳細を見る


北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml
()
北見ハッカ通商

商品詳細を見る


ハッカ油(食添) 50mlハッカ油(食添) 50ml
()
小堺製薬(株)

商品詳細を見る
2011.07.08.Fri / 19:10 
デジタル利権に目が眩んで、アナログ視聴者限定で放送画面を視聴に堪えないテロップだらけにするなどのデジタル地上げを喜々として行っているテレビ局(WOWOW含む)の皆さん、お元気ですか?(そんな奴等がこんなブログなんて読まないって)

ついに私も
あなた方の厭がらせに屈して、
本来なら必要のない
地デジチューナーを買いましたよ!


110708-190007.jpg

↑で、これが今日の帰りにイオン大垣で買った地デジチューナー(既にアンテナを繋いでXS57に接続済み)。

今月に入ってから、アナログ放送のテレビ画面左下に「アナログ終了まであとxx日!」とかいう穢らしいテロップが入るようになったせいで、ようやく重い腰を上げざるを得なくなった訳だけど、それでもなかなかチューナーを買う気になれなかった。

だけど、昨夜何気なく「シュフー Shufoo!」でイオン大垣店のチラシを見ていたら、地デジチューナーが他店より安い3,680円で売っている事を知って(これまでチェックしていた市内のホームセンターでは、メーカーは全て違うけど何処も3,980円だった。ちなみに今回買ったチューナーのメーカーサイト商品紹介ページはここ)、「(色々とウェブ検索して)どんなに探しても安いチューナーに自分が欲しい機能(それについては後ほど)なんて無いんだし、どうせこれ以上安くなる事はないんだから(これで来週あたりに値崩れして2,000円台で売ってたら笑うしかないけどね……)、もうここらで手を打った方がいいや」と思い、今日の帰りに寄り道して買った次第。


本当は一緒にアンテナ分配器も買いたかったけど、イオン大垣の電器売り場にあるのは高かったし、「イオン大垣ショッピングセンター」内にあるテナントの家電量販店も(先々月に厭な思いをしたので本当は見たくなかったけど)覗いてみて「やっぱり高い」と思ったので、当分はテレビに接続していたアンテナケーブルを直接チューナーに接続する事にした(どうせ今は7時前の気象情報すら観なくなったからテレビがレコーダーのモニター代りになっても別に構わない)。


110708-190048.jpg

で、帰宅してから今書いたように必要な接続や初期設定をして使い始めた訳だけど、上のアドエス写真を見ても分かるように、穢らしいテロップがないテレビ画面がこんなに精神衛生にいい物だとは思わなかった(考えてみればこれは当たり前の事だし、アナログ視聴者だからと言ってそれを阻害する権利はない筈なのに、テレビ局のキxxイどもにはそれが解らないんだね……)。

今日は地デジの録画する番組は(上のアドエス写真にある)「ドラえもん」しかないので、これが終わったらチューナーはスイッチを切るけど、明日は「おさるのジョージ」「3分クッキング」「よしもと新喜劇」と三本もあるので(本当は「宝塚CAFE BREAK」も録画しているが、こちらはW301での録画に切り替えた。良く考えてみれば4月から朝7時台前半はW301で別の番組を録画し続けていたのだから、その時からW301での録画に切り替えておけばよかった……)、本格稼働は明日からだ。


でも、昨夜のうちに型番で検索したメーカーサイトの商品紹介や接続前に読んだ説明書などで覚悟はしていたけど、いくら安い品物だからと言って、せめて番組表から一日分(二番組か三番組くらい、それが無理なら一番組でも)の視聴予約機能くらい付けて欲しかった(仕方ないから、他の地デジ番組はなるべくW301で録画する事にするが、どうしてもBデジの録画したい番組と重なる時は諦める事にするか)。

それとこれは個人的な事だが、2004年の秋に買ってから七年近く(途中に修理期間はあったが)使って来たXS53だが、これからはアナログ放送もなくなる上にCPRM対応のDVD-Rも使えないし、電気代やその他の予算の関係でデジタルチューナーをもう一台買って接続する事も出来ないので、思い切って録画機としての役目を終える事にし(その分XS57とW301での録画が増える事に)、これまで録り溜めた番組(まだダビングしていない「霧に棲む悪魔」の最終週や他の色々な番組)は涼しくなってから少しずつDVD-Rにダビング(DVD-Video作成)する事にした。


そんな訳で、これでようやく穢らしい厭がらせテロップ入り画面とは完全に縁が切れたけど、最後にひと言これだけは言いたい。

これで満足だろ?
デジタル亡者のテレビ局さん。


そんじゃ。
2011.07.03.Sun / 12:47 
今日は今のところは雨は降っていないものの、どんよりとした曇り空で、どのみち今日は出掛ける予定はなかったとはいえ(必要な外出は昨日済ませた)、窓から見える空の色が灰色というだけで気分も憂鬱だ。

そんな今日は、午前中にXS57で録画したWOWOWの番組をせっせとDVDにダビング(正確には移動もしくはムーブ)していたが、やはりアナログからデジタルに変わっただけでもダビングの手間が掛かって面倒で(XS57使ってない人には分かりづらいが、コピワンの番組をプレイリストからDVDに「移動」させてからHDD側の「見るナビ」を表示すると、録画タイトルの入っていたフォルダではなく録画された一番古いタイトルの入っているフォルダが表示されるのだ。それにXS57ではDVD-R DLはVideoモードでしか使えないからコピワンの長時間番組をDLモードでは録画出来ないので、今朝やっていたスポーツ中継もMN3.0で録画した)、「何でテレビ局側の勝手な事情に視聴者が振り回されないといけないんだ」と思い、デジタル録画を始めてからまだ一週間も経ってないのに厭になって来た。


それにしても、今回のテレビ局の「デジタル地上げ」とも言うべきアナログ視聴者への厭がらせやデジタル移行への強硬な姿勢には背筋が寒くなる。

そりゃあテレビ局を始めとするマスゴミのご主人様である自民党が推し進めていた政策だし、テレビ局側にもデジタル利権というメリットがあるから、視聴者にはとっととデジタル移行して貰わないと自民党様に褒めて貰えないと思って地上げ屋真っ青な厭がらせをするんだろうけど(WOWOWは既にデジタル移行したからその後は知らないが、数少なく録画している地上波の番組にはデカデカと「アナログ終了まであとxx日」とかいうテロップが入っている。これって地上げ屋ヤクザがターゲットの家の前に糞尿をぶちまけて追い出そうとする行為とどう違うって言うのさ)、利権に目が眩んで客に厭がらせをする事が「是」とされているこんな国、もう駄目なんじゃないか?(ネット上で今回のテレビ局が行ったデジタル地上げについての意見を読んでみると、少なからず「デジタルに移行しない視聴者の方が悪い」という意見が眼に付くが、どんだけコイツラ奴隷根性が身についてるんだろうと気味が悪くなって来る。それともコイツラは自分たちも脳内経営者のつもりなんだろうか……)

近いうちに地デジチューナーとアンテナ分配器も買わないといけないけど、自分が本当に欲しいと思っている訳でもない物を買う精神的負担(最初は「苦痛」と書くつもりだったが少し大げさかと思い書き換えた)は、利権に目が眩んだ上に客を客とも思わない(どころか自分の意見を言った客を、マスゴミと自民党がタッグを組んでこしらえ定着させた「モンスタークレーマー」という穢らしい造語で蔑む)テレビ局には解らないんだろうな……


話は変わるが、DVDへのダビング作業の合間に、昨日買って来たゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌の汚物マガジン二週分と「GOLFコミック」最新号を読んでみたが、覚悟していたとはいえやっぱり今月も新刊汚物は汚物マガジン変臭部の覚えが目出度い天下り汚物やズリネタエロ汚物ばっかりで、チラリと見たくもないのに眼に入ったせいで怒りで血圧が上がりそうになった(ちなみに今回のゲンさんは可も無し不可もなしという内容)。

前にもチラリと書いたけど、権力者のお気に入りや一部の派閥に属する人間や天下りだけが利益を分け合っている汚物マガジンの実情は、本当に(未だに日本全土を亡霊のように支配している)自民党政治を見ているようで醜悪だ。

それに、何十年も表紙画を描いて下さった絵師さん(確かに時代にそぐわない古臭いイメージだったが、独特の雰囲気があって自分は好きだった)をパージして、長年の功労者に対して「お疲れ様でした」の一言もなく(この雑誌はゲンさん他一部の漫画や「シネマ鑑定談」くらいしか読んでないので、もしかしたら自分が読み落としているだけかもしれないが)何事もなかったかのように他誌のような小綺麗に見える漫画イラストの表紙で生まれ変わった風を装っているけど、変臭部の性根なんて全く変わってないじゃないか、下衆。


なので「GOLFコミック」の徳造さん(ゲンさんの作画者である石井さだよし先生の「素振りの徳造」)で口直しをしたけど、今回は本誌だけでなく年に一度の恒例となった別冊のベストセレクションもあるので、普段の何倍も楽しめました。

tokuzou-bs3and4_01.jpg

↑これが今年(と去年)の「素振りの徳造」ベストセレクションの表紙です(去年の三冊目の時にも記事を書こうかと思っていたが、時機を逸して書けなかったのでせめて表紙写真だけでも)。

tokuzou-bs3and4_02.jpg

↑それとこれは今年のベストセレクションで一番笑えた場面(一応このコマの前にいくつか男性読者へのサービスカットがあったのだが、そんなサービスシーンの締めがこれだったのがツボった)。

……とまあ長々と書いたけど、何とかDVDのダビングは午前中のうちに終わったし、後は夕方に近くのスーパーのタイムサービスで買う物があるだけなので、この記事を送信したら一汗流してゆったりと過ごそうか。

そんじゃ。
| BLOG TOP |
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
06 ≪│2011/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.