2012年01月の記事一覧
≪12month
This 2012.01 Month All
02month≫
2012.01.29.Sun / 16:01 
一週間振りの記事、そして八日振りの「しもやけ備忘録」です。

今月に入って症状が進んだ今シーズンのしもやけですが、手のしもやけは、記事を書く前に手袋を外して見てみたら、何とか無事なのは両方の親指だけになっていました。

前回の備忘録で新たに発症したと書いた両方の小指は前回書いた部分と左の第一関節脇が腫れ、左人差し指は爪の下から第二関節の上辺りまでの皮膚がうっすら腫れている上に変色してヒリヒリ痛いです(今回新たに発症した右中指も似たような症状。こちらは第二関節まで腫れている)。

そして右人差し指の第二関節の上(中指寄り)と左薬指の第一関節の上(小指寄り)にポツンと新たなしもやけの腫れが出来ています(どうせあと一週間もしないうちに本格的な腫れになるんだろうな)。

他には、今年最初に発症した左手中指の内出血部分がかさぶたになって痛いのが今シーズン一番のしもやけの悪化ですが、一時は一番酷くなるかもと思っていた右薬指の腫れが治まって来たのが意外です(皮膚の変色はあるが)。

先週はかなりの冷え込みが続いたり雪やみぞれが降ったりしましたが、あれだけ寒かったのにしもやけの症状がこれくらいで済んでいる事に感謝するべきなんでしょうかね。

そんじゃ。
2012.01.22.Sun / 17:21 
(タイトルから続いて)
……というのは大げさですが、今日は数年振りに沢山のいなり寿司を作りました(早めの夕食として)。

そもそもの始まりは、先月のスーパーでの買い物でおつとめ品で安くなっていたパックの味付けいなり揚げを買った事ですが、寿司飯を詰めればいいだけの簡単な物なのに、なかなか作ろうという気が起こらずに日が過ぎて行きました。

だけどこのまま放置していたら賞味期限が切れてしまう、とようやく重い腰を上げたのが今日の午後で、「折角だから中の寿司飯はちらし寿司にしよう」と去年安売りで買ったちらし寿司の素も用意し、先ほどまで台所でいなり寿司作りに励んでいました。

ただ、いなり揚げのパッケージの「作り方」によればいなり寿司は三十二個出来る筈でしたが(十六個分が二パック)、寿司飯の配分が上手く行かなかったようで二十七個しか出来ませんでした(最初の一個を詰める時にキッチンスケールで重さを量って「大体このくらい詰めればいいか」と確かめたけど、何個も詰めているうちに最初に量ったのより多く詰めていたようだ)。

それでも、久し振りに自分で詰めたいなり寿司が皿に積み上げられているのを見ただけで大満足でした(残ったいなり揚げは何か工夫して料理に使おう)。

出来たいなり寿司は上にも書いたように二十七個ですが、この記事を書く前に今日の夕食で九つ食べたので、残った十八個のいなり寿司は明日と明後日の夕食に九つずつ食べる事にします。

それにしても、二十七個分(本当は三十二個分の予定だったが)のいなり寿司を詰める作業は大変だけど楽しかったです。

またいつか、どこかのスーパーでいなり揚げを安く売ってたら、何パックか買って今日みたいに作ろうかと思っています(何か今日の記事は子供の日記みたいな内容だな……)。

それでは。
2012.01.21.Sat / 13:18 
前回の備忘録から一週間も経たないのに、今シーズンのしもやけは更に広がりを見せました。

足のしもやけは、左の踵が硬くなって来ただけでなく、両足の指も痒くなって来ました。

そして手のしもやけは、両方の小指(右が第一関節の下、左が第二関節と付け根の間)に新たに出来ただけでなく、左人差し指もヤバそうです(はっきりとはしていないが第一関節の下辺りに違和感がある)。

1月だけでこの状態なら、寒さが本格化する2月にはどんな惨状になるかと思うと憂鬱ですが、もうこれは毎年恒例の自分に課せられた試練だと思うしかないようですね(何か毎年似たような事書いてる気がするが、今シーズンは12月中は無事だったのにと思うと1月に入って結局例年通りだったのかとガッカリしている)。

発症してしまったのは仕方ないとして、せめてこのしもやけが先シーズンのような悲惨なあかぎれに発展するのだけでも防ぎたいです。

それでは。
2012.01.16.Mon / 20:50 
買った、
買いましたでぇーっ!!!!


……といきなりゴンみたいな口調で始まる今回の記事は、勿論先々月より再三再四に亘ってこのブログで取り上げ、本日より全国のコンビニで発売されているコンビニコミック「HOUBUNSHA MY PAL COMICS 『解体屋(こわしや)ゲン』 危機一髪 爆破解体編」についてです。


当初は普通に夕方コンビニを二軒廻って買うつもりでしたが、やはり朝のうちに欲しいと思い、ちょうどいつもより早く眼が覚めた事もあり、それなら朝の散歩がてら徒歩圏内にあるコンビニを二軒廻って買っておこうかという事になりました。

ですが、自宅から近い某コンビニ(特に名を秘すがセ●ン●●ブン)ではコンビニコミックの棚をくまなく見たのにゲンさんの姿は影も形もなく(同じ版元から出てる植田まさしの「コボちゃん」「おとぼけ課長」はあったのに。しかも「コボ」は二種類計四冊)、仕方がないので少し離れたココストア(東海地方在住でない人は知らないかも)に行ってみたら二冊入荷していたので、背表紙を見比べて奇麗そうな方を一冊買いました(ここは他のコンビニと違って雑誌が縛られていなかったので、ついでに先週号のゲンさんのサブタイトルを確かめてみましたが、ちゃんと正しいサブタイトルに直っていたようで安心。謝罪文があったかは不明なので、そのうち「いまじん」で買ったら謝罪文が載りそうな目次ページとかを見てみる)。

そして帰りに市内のサークルKに寄り(ちょうどここが帰り道で一番近かった)もう一冊ゲット、無事に普段読み用と保存用の二冊を発売日当日に買う事が出来ました(先日書いた自炊用は買うかどうか未定)。

kowashiya-gen_c-comicx2.jpg

↑これがその証拠です(右のビニール包装されているのがサークルKで買った方、左がココストアで買った方)。


そして帰宅してから夕食もそこそこに読んでいるところですが、最初からページをめくってみて、「冒頭にカラーの口絵くらいあって欲しかったけど本文は全て一色刷りなのが残念」と思ってしまいましたが、やっぱり「廉価版」なのだからそんな期待をする方が間違いでしたね(コンビニコミックを買ったのは数年前に「シティーハンター」のそれをブックオフで買ったくらいで、しかも今その本は手元にないのでこの種のコミック本の仕様は知らないも同然です)。

それとコンビニコミックがいわゆる「雑誌」扱いだという事は知っていたので、「単行本といっても本誌のように連載されている他のマンガの広告がページ柱にビッシリ貼り付いてるんじゃないか」と買う前は気が気じゃありませんでしたが、さすがにそんな酷い事はなく、広告は表紙・裏表紙裏と奥付裏にあっただけでホッとしました。


それでは、読んでいて気が付いた点をいくつか。

まず、短期集中連載版の第1話サブタイトルが従来の「爆破解体」から「大いなるチャレンジ」に改題されていました(サブタイトルの変更は、他には短期集中連載版第2話『錦(にしきごい)鯉』のカッコ内のルビが省略されていたくらいか)。

発売前に知った情報では、今回のコンビニコミックに収録されているのは2003年秋に発売されて絶版となった唯一の単行本第1巻収録分全話と初期エピソードからのセレクション9話を合わせた全20話だと聞いていましたが、実際は単行本に収録されていたレギュラー版第3話「夕陽を差す女神」(初出タイトル「夕陽をさす女神」)がカットされています。


そして今回の(廉価版とはいえ)コミック化の為に、初出では広告が入っていた部分の加筆などがいくつかありましたが、一番大きく変わったのはこれでしょう。

本サイトのゲンさんデータベース「五友爆破株式会社 活動記録集」内にある登場人物紹介を読んでもらえば分かるように、トシさんは当初「十円」という渾名で呼ばれていましたが、今回のコンビニコミックでは近年読み始めた読者の混乱を避ける為なのか、その設定をなくして最初から「トシ」と呼ぶように台詞が書き換わっていました。

kowashiya-gen_no22-zassi_00.jpg
kowashiya-gen_no22-zassi_01.jpg
kowashiya-gen_no22-zassi_02.jpg

↑こちらが、数年前に国立国会図書館の複写サービスで取り寄せた第22話「ミンチ解体(前編)」でのトシさんとゲンさんのやり取りですが、それがコンビニコミックでは下記に挙げる写真の通りになっています。

kowashiya-gen_no22-c-comic_00.jpg
kowashiya-gen_no22-c-comic_01.jpg
kowashiya-gen_no22-c-comic_02.jpg

他にも細かい台詞の違いはあると思いますが、これ以上調べると重箱の隅をなんとやらになりそうなので自重します。

そして最後になりますが、今回のコンビニコミック発売で大幅にデータベースを書き換えた(というより追記した)ので、お暇がありましたら上にリンクを貼った本サイトのデータベースもご覧下さい。

それでは。


※余談※
巻末の広告を見たら、来月には同じように同誌連載の「釣り船御前丸(みさきまる)」(江口賢一・作)もコンビニコミック化されるんだね(さすがにゲンさんのように二冊買うつもりはないけど、発売が楽しみ)。

これから他の作品もコンビニコミック化してくれるのならば、「茗荷谷なみだ坂診療所」(作・宇治谷順、作画・向後次男)もコンビニコミック化して欲しいよ!(つーかゲンさんと同時にコンビニコミック化される物と思ってた。同じように単行本化して貰えない長期連載なんだから)

そんじゃ。
2012.01.15.Sun / 16:09 
今日は朝から格別に寒く、昨日までの時点では行くつもりだった買い出しも「まだ卵も切れてないし他に絶対買い逃したくないという物もないから止めた」とキャンセルして、朝からウダウダとパソコンに向かっていましたが、午後になってから妙に左手小指が痒いので手袋を外してみたら、小指の付け根近くに赤い斑点が出来て腫れていました(左手中指のしもやけの初期と同じ)。

それによく見ると左手中指の腫れていた部分が内出血を起こしているし、右手薬指のしもやけは第一関節の下から第二関節の辺りまでが、腫れというよりうっすら膨らんだ感じになった上にその部分の皮膚が赤味を増しているしで、結局前回の備忘録から症状が進んでしまいました。

どうやら今シーズンのしもやけは今月から本格活動を始めたようです。

やっぱりどんなしもやけ対策も寒さにはかなわないという事か。

そんじゃ。


※全然関係ない余談※
記事を送信してから気付いたけど、右カラムのカウントダウンブログパーツって、目的の日まで一日切ったら昨日まで「××日」という日数表示だったカウントダウン部分が時間表示(今は「07:4×:××」という感じ)になるんだね。

全然気付かなかったわ。
2012.01.13.Fri / 20:03 
今シーズンから始めた対策が少しは功を奏しているのか、今年のしもやけは進行が遅いようで、前回の備忘録からそれほど症状は進んだり広がっておらず、右手人差し指は昨日少し腫れが進んで曲げにくくかったかと思ったら今日は腫れも治まったし、左手中指の小さい腫れは少し広がったように見えるくらいです。

そして足のしもやけはというと、左の踵に二、三か所内出血が出来ているけれど別に硬くはなっておらず、後は布団に入った時に両足の指が痒くなる事があるくらいで、先シーズンのような酷い状態はなっていません。

後、耳たぶのしもやけは今シーズンは軽いようで、右は少し触ってみて以前腫れた部分がかさぶたになっているくらいで、左はいつの間にか腫れも痒みも治まりました。


こうして書いてみると、この冬もそれなりに寒いのに、しもやけがこれくらいの症状で治まっているという事は、やっぱりしもやけ対策はそれなりの効果を見せているという事でしょうね。

なので、室内でのニット手袋着用と起きてから寝るまでの間へその辺りに当てている使い捨てカイロは、これからも続けようと思っています。

それでは。
お知らせです。 
2012.01.09.Mon / 21:21 
ゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)のコンビニコミック発売まで一週間となったので、ふと思い立って右カラムのカウントダウンブログパーツを新しく作り直しました。
2012.01.08.Sun / 08:28 
前回の備忘録で触れた右手薬指の違和感がはっきりとしたしもやけに成長し、昨夜手袋を脱いだら左手中指の第一関節の下が小さく赤く腫れていました。

そんな訳で、結局今年も手のしもやけから逃れる事は出来ず、前回の備忘録から三日で新たな備忘録を書く事になりました。

まだどちらのしもやけも軽いので、昨夜布団に入ってから今まで何度も一昨年買った軟膏を手に擦り込んで様子を見ているけど、これからの冷え込みによっては先シーズン初期のように急速にしもやけの腫れが悪化するのではと恐れています。

今シーズンに行ったしもやけ対策は養命酒と使い捨てカイロの二つがあったけど、養命酒はしもやけに関係なく断続的にでも続ける事にするつもりだが(今のがなくなる前にまたどこかのドラッグストアで安売りしてくれるといいけど)、使い捨てカイロの方は、あと一セット(十個入り)分試してみて経過が思わしくなかったら止める事にします(三日前に一年ぶりに試したせんねん灸はもうやらない。あの後何日も部屋がかすかに煙くて大変だったし)。

毎年の事とはいえ、これでまた4月まで憂いの日々が続くのか……

そんじゃ。
2012.01.07.Sat / 19:36 
今年のゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌の発売は昨日だったけど、昨日は気分があまり良くなかったので今夜早めの夕食後にひとっ走り原付を飛ばして「いまじん大垣店」に行き、久し振りに発売日から間を置かずに買って来ました。

で、先月に4話分の作品データをアップしていた本サイトのゲンさんデータベース「五友爆破株式会社 活動記録集」に、未アップの第460話の作品データを追記しました。

kowashiya-gen_no460-hyoushi.jpg

↑今週がゲンさんの巻頭および表紙なのは分かっていたので買うのがいつものように億劫ではなかったけど、それでも折角のゲンさんのイラストの周りに(写真には写らないようにしたが)天下り汚物マンガのイラストやタイトルがあるのがウザいです。

kowashiya-gen_c-comic_koukoku.jpg

そしてこちらが本誌27ページ掲載のコンビニコミック「HOUBUNSHA MY PAL COMICS 『解体屋(こわしや)ゲン』危機一髪 爆破解体編」(1月16日発売、定価・税込み500円)の広告ですが、広告右下の「今では読めない連載初期の」という部分を見てカチンと来た。

「今では読めない」と言うが、
読めなくしたのは
単行本も出してくれないだけでなく、
電子書籍にも
オンデマンドコミックにもしようとしない
痰壷マガジン
「臭刊マンガTIMES」変臭部のせいじゃないか!!


「2003年に出した単行本が売れなかったんだからしょうがないだろ」と痰壷変臭者と客の癖に「脳内経営者」とでもいうべき一部の読者は言うだろうが、単行本の続巻が無理ならせめて電子書籍での配信やオンデマンドコミック(何の為に「eBookJapan」「コミックパーク」に参入してんだよ、カスが)などで読めるようにしてくれればいいのに、それもしてくれず放置しておいて(自分のような酔狂な読者でない限り、国立国会図書館の複写サービスやヤフオク等でのバックナンバー購入までして読むなんて事は考えないだろうに。何度も言うが、本来ならゲンさんのコンビニコミック化は、2006年にパチンコ化された時にパチンコで作品の存在を知った新規読者発掘の為に行うべきだった筈だ)、よくもまあヌケヌケと言えたもんだ。

しかも折角コンビニコミックが発売されるというのに、今回のゲンさんのページ柱は相も変わらず変臭部お気に入りの天下り汚物マンガの広告ばかり、しかもゲンさんのコンビニコミック発売日には天下り汚物マンガの正規版単行本がいくつも発売されるのだから(いつものようにフクイ汚物等を破り捨てる際に見たくもないのに広告が眼に入った)、折角の嬉しい気分に水差されまくりだ。

死ね、
痰壷マガジン「臭刊マンガTIMES」変臭部。



……まあ、いくら怒ってもコイツらには「蛙の面にションベン」だし、折角今回のコンビニコミック発売を喜んでいる石井さだよし先生の顔を立てて、この件(ゲンさんコンビニコミック発売についての誌内での扱い)で怒るのはコレで止める事にしますわ。

とにかく、16日には市内のコンビニを廻って少なくとも保存用も含めて二冊は買う事にします(もしかしたら、いつかはスキャナを買って行うかもしれない自炊用にもう一冊買うかも)。

そんじゃ。


※追記※
今回の記事で、初めて「痰壷」なんていう汚い言葉を出してしまったが(痰壷なんて生まれてこの方見た事がないのに)、心が荒れていた10代後半に「俗物図鑑」などの筒井康隆作品を小説・エッセイ問わず貪り読んでいた影響で、人前では使わないが独り言などで時々、罵言としてこの言葉を使う事があるのだ(どうでもいいけどATOK2008では「罵言」が一発変換出来ないんだね。糞ソフトが)。

これまでも、腹が立つ事をブログ記事で書く時についこの言葉を使いそうになった事が何度もあるが、これまでは理性で押し止めていた。

だけど今日はどうしても我慢が出来ず、ついにこんな汚い言葉を使ってしまった。

これからはやはり、ブログの品位を保つ為にこんな言葉は使わないよう心掛けるつもりだが、これだけ今回の件とこれまでの鬱憤で雑誌編集部に腹を立てているという事だけは解って欲しい。

そんじゃ。

※追記・その2※
上の追記を送信してから、石井さだよし先生のサイト「石井漫画工房」にアクセスし、ゲンさんの最新号の紹介が更新されているか確かめた後、日記ページ「石井のつぶやき」の石井先生の最新の書き込み(2012年1月6日 17:22:17)を読んでビックリ!

何と今回の第460話(と次回の461話)のサブタイトルは、雑誌掲載の「銀行突入」は間違いで「強行突入」が正しかったのだそうだ(念の為、該当部分のキャプチャ画像を下にアップする)。

ishii-no-tsubuyaki_20120106b.jpg


……どうりで読んでいて「銀行なんて何処に出て来るんだ」と妙に思った訳だよ(後でこの件についてデータベースに追記しておく)。

さすがにこの件では普段はお人好しそうな石井先生も怒っているけど(上のキャプチャ画像参照のこと)、やっぱりチャランポランな仕事しかしない痰壷マガジン変臭部のヤツラは糞溜めの中の糞や痰壷の中の痰と同列でいいわ。

もし、次週の後編(もしかしたら中編かも)の時にお詫びの文章と共に訂正されてなかったら、オレは未来永劫コイツらを痰壷呼ばわりするかもな(当事者である石井先生は、原作者の星野茂樹先生と共にもっと怒るべきだよ!)。

んじゃ。

2012.01.08おことわり
思うところあって、追記・その2の「石井のつぶやき」キャプチャ画像を記事に関係のない文章を画像修正でぼかした物に差し替えました。
2012.01.05.Thu / 19:07 
三日振りの記事はまた「しもやけ備忘録」になってしまいましたが、ついに今シーズンも手のしもやけが発症しそうです。

今朝起きたら、右手薬指の第二関節に妙な違和感があり、手袋の上から擦って温めてもその違和感が消えないので手袋を外してみたら、うっすらと赤味がさしていました(今の所は周りの皮膚と比べてちょっとピンクがかった感じ)。

前回の備忘録で、折角昨シーズンのしもやけ発症日より二週間経っても発症しなかったんだから、あと一週間はもって欲しいという意味の事を書いたのに、それから三日でそれが覆されようとしているとは、やはり今年もしもやけ対策はあまり功を奏さなかったようですね(今週はいつものドラッグストアで養命酒が1,480円なので、切れないうちに明日買い物する予定があるから一緒に買っておこうかと思ったけど、もう止めとこうか)。

あとは昨シーズン初めのように、瞬く間に指が腫れて始末に負えなくなるような症状の進行にならない事を祈りたいです。

それでは。


※追記※
上の記事を送信した後、最後の悪あがきとして約一年振りにせんねん灸を右手薬指の関節に続けて三つすえてみました(まあ、どうせ効かないだろうけど)。

おかげで今は、部屋にこもった煙を追い出す為に窓を開けているので寒いです(あと少ししたら閉める)。

そんじゃ。
2012.01.02.Mon / 14:20 
今日は続けてもう一つ記事を。

今年のしもやけシーズンが始まった先月に二つ(コレコレ)記事を書いて以来長らく間が空いた「しもやけ備忘録」ですが、あれから足のしもやけは歩くと少し圧迫されて痛いのと布団に入って暖まると痒くなるけど、先シーズンまでのように全体的に内出血が広がる事もなく、症状は軽いと言えます。

耳たぶのしもやけも、触ると所どころ硬くなって痒いけど我慢出来ないほどではなく、こちらも去年よりましと言えます。

そして何故か今年も膝に出来たしもやけは(ブログ内検索をしてみたら一昨年のこの記事が出て来たので、出来るようになったのはこの頃かららしい。昨シーズンもブログでの言及はないが出来ていた)、右膝のしもやけが内出血になって痛くてたまらないです(下手したら足のしもやけより酷いかも。何でこんな所にしもやけが出来るのかよく分からないが)。


さて、ここまで読んだ人は「毎年しつこく書いている手のしもやけはどうしたんだ」と思ったでしょう。

幸い今シーズンは、先月から使用している室内用のニット手袋のおかげか、数年振りに呑み始めた養命酒のおかげか、それとも血行を良くする為に試しに使い始めた使い捨てカイロ(ネットで「大動脈を温めると温まった血液が循環して冷えを緩和する」と読んだので、三日前から腹部の大動脈がある辺りに当てている)のおかげか、今日の時点ではしもやけの症状はおろか、はっきりと「これはもうアウトだ」と感じる予兆すらなく(時々「手が冷たい」とか「手がちょっと痒くなったな」と思ったら手をこすり合わせたりして摩擦熱でそれ以上広がらないようにしていた)、ここ数年来悩まされていた手のしもやけがない穏やかな日々を過ごしています。

今シーズン最初の備忘録「せめて手のしもやけが発症するとしても先シーズンの発症日より二週間は遅く発症して欲しい(大意)」なんて書きましたが、その二週間をクリアしてくれてホッと胸を撫で下ろすと共に、「こうなったら何処まで手のしもやけの発症が防げるだろうか」という気持ちになっています。

これから寒さがどれだけ進むか分からないので、とりあえず来週辺りまでこのまま何もない事を祈りたいです。

それでは。
2012.01.02.Mon / 13:52 
2012年の正月二日目です。

例年は元日に新年最初の記事を書いてましたが、今年は記事に書く事も別になかったので初めて元日をスルーし、こうして二日目に新年最初の記事を書いている次第です。

そんな今年の正月は、昨日も今日もあまり天気が良くないのと(今朝は一時期雨が降った)、「シュフー Shufoo!」で初売りのチラシチェックをしても別に買いたい物もなかったので(去年までは新聞を取ってたので元日には大量のチラシをチェック出来たけど、今年はそれがないからちょっと淋しい)、昨日はXS57のダビング作業を少しした後、メーラーに溜まった去年のメールを削除する前にDVDに焼く為のフォルダに整理する作業をしていました。

そして今日は、そのメールフォルダを含む去年ネット巡りをして集めた画像やフラッシュなどのフォルダをDVD-RWとRに焼く作業をしているのですが、ライティングソフトの書き込み設定でディスク作成後のデータチェックを「詳細チェック」にしたせいで、午前中から始めたDVD-RWへの書き込み自体は終わったのに、まだデータチェックが終わらないせいでディスク作成が完了しないのがイヤんなります(作成前に「簡易チェック」にするかデータチェック自体をしない設定にするのを忘れていた)。

……まあ、そんな訳で正月なのに正月らしい事は雑煮を食べたくらいしかしていませんが、これが今年の自分の正月の過ごし方です。

やっぱり明日にでも何処かの店の初売りでも覗いて来ようかな。

それでは。
| BLOG TOP |
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.