2009.11.06.Fri / 05:25 
又してもこんな早朝に記事をアップしますが、昨日の記事を書いてから、ゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)の今週号の内容が妙に気になって、なかなか寝付けなかった上に変な夢まで見て眠りも浅く、結局4時半を過ぎた頃に意を決して飛び起き、原付を飛ばしてコンビニまで掲載誌を買って来ました。

kowashiya-gen_04-ades.jpg

結論から言うと、今回のサブタイトルの「訪れる変化」というのは、心配していた大団円への序章などではなく、ゲンさん達五友爆破や職人ネットワークの次へのステップとしての、ゲンさん達の内面に起きた心境の変化の事でした(自分でも、一寸した事で「これは連載終了への伏線なんじゃないか」とクヨクヨ考えるのはいい加減止めたいと思っているけど、昨年流れた変なデマの後遺症は容易には去ってくれないようだ)。

ただ、今回のゲンさんのモノローグ(掲載誌89ページ)で、ゲンさんが連載開始当初に目指していた(そして読者も見たいと思っていた)日本初の高層ビルの爆破解体はもう望めない事が分かったのが残念です。

でも、今回の大仕事がゲンさん達に自信と活力を与え五友爆破の未来へと繋げたのだから、我々読者はゲンさんの決断を受け止め、これからのゲンさん達の更なる活躍を期待する事にします。

それと一つ気になったのだが、去年の第297話「心身機能」の時には職人ネットワークの一員にいたゴッさんこと左官職人の後藤さん(第280・281話に初登場)は前回までの曳き家の現場にも今回の打ち上げの席や村山さんの店にもいなかったけど、一体どうしたんだろう……(鉄工所の小林さんや植物学者の河島先生は畑違いだからいなくて当然だけど。それとトシさんの会社で最年長の作業員・坂巻のとっつぁんも長い事姿が見えないけど心配だ)

ちなみに次回の第352話「スイートホーム」(予告煽り時点でのサブタイトル)は、小雪さんと喧嘩したトシさんにゲンさんが女心について教授するという(ゲンさんもトシさんとドッコイドッコイの朴念仁なのに女心について何を教える気だ)、久し振りに肩の力を抜いて楽しめるエピソードのようです(今回の大仕事が連載終了フラグでないと分かったので次回は心から楽しめそう。それにまた第340話から今回の大仕事のエピソードをじっくり読み直してみよう)。


それはそうと、また今回ゲンさんの掲載順位が下がっているのが気になったけど(今回は変なコーヒーやチーズマンガのシナリオを書いた奴の新しいコーヒーマンガが34ページの特別待遇で巻頭、そして例の汚物と「続黒い太陽」「小料理みな子」が後に続き、ゲンさんはその次に掲載)、汚物編集部サンにはもう少しゲンさんをちゃんと雑誌の主力として扱って欲しいと言いたい(まあ、何故かほぼ毎週巻末の「茗荷谷なみだ坂診療所」に比べれば扱いは良い方だと思うべきなのか)。

そして次号は編集部お気に入りの汚物が巻頭らしいけど、今年に入ってからの巻頭の法則が崩れていないのなら、再来週号はゲンさんが巻頭と期待していいんですよねえ……?(これで汚物編集部が再来週号の巻頭にコインロッカーマンガあたりを持って来たら大激怒だけど)

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.