2010.01.31.Sun / 11:46 
1月最後の日である今日は、昨日と同じような曇天から始まりましたが、昨日と違って今日の天気予報は最初から「曇り後雨」なので、「ああ、天気予報の通りだな」と思うだけです。

そんな天気だからという訳ではありませんが、今日は何処にも出掛けずにずっと家にいます(明日から録画したいハイビジョンの番組が何本も出て来たのでW301のHDD容量を空ける為に朝からダビング三昧。同時にネット巡りもしているが、新しいスマートフォンの発売で利用者が増えたのか「WILLCOM CORE 3G」は今日も朝からダメダメモード)。

明日からは当然2月ですが、今月はしもやけが悪化するほど寒気が強かったので、せめて2月は寒気が弱まってくれる事を期待したいです。



そして最後になりますが、お詫びを一つ。

星野茂樹先生、先週のこの記事では、前号のゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)のジョージ強制送還という結末と内田女史が談合スキャンダルに巻き込まれるという予告を読んだショックの余り、「もう潮時なのかな」だとか「この作者にスカッとするストーリーを期待しても虚しいだけかも知れないな」だとかネガティブな事ばかり書いてすみませんでした。

今朝、(今日は雨が降るというので)昨夜の内に買った掲載誌を読みましたが、掲載位置が少し下がっているのが気になったけど、内容はいつも通りのゲンさんらしいストーリーで安心しました(降って湧いたスキャンダルのせいで行き場を無くした内田女史が頼れる場所が五友爆破しかなかったというくだりには、自信満々で颯爽と生きていると思っていた彼女の孤独が感じられて胸が痛んだ)。

まだ今回のエピソードが完結していない時点で言うのは早いかも知れませんが(後編でストーリーがどう転ぶか分からないし)、やっぱり一読者である自分は星野先生の事を信じるべきでしたし、これからも「ダイナマイト爆裂連載」のキャッチコピーに恥じない(作品としての)ゲンさんを読ませてくれるでしょう。

そして、もしまだ希望が残されているのならば、ジョージはもう二度と日本の地を踏む事は出来ないかも知れないけど、それでも何らかの形でゲンさんとジョージの縁(えにし)の糸(って言うと某双子タレントがやった変な朝ドラを思い出しちゃうな……)だけは繋いでいて欲しいです(短期間で一度だけでいいので、ゲンさんの方からオーストラリアに出向いてジョージと再会し、いつものように憎まれ口を叩き合いながらも共同作業をするエピソードを読んでみたいのだが、無理だろうか)。

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.