2010.06.04.Fri / 19:41 
今週は6月第一週、そして今日は金曜日。

なので今日は帰りに「いまじん大垣店」に寄って「GOLFコミック」最新号とゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌を買って来ました。

実は先週、別件で「いまじん」に行った時に何気なく二階の漫画雑誌コーナーを覗いたら、珍しく発売日当日にゲンさん掲載誌の最新号(6月11日号)が置いてあったので、「ようやく『いまじん』も以前のようにきちんと発売日にこの雑誌を売るようにしたのか」と思って手に取り、「あっそうだ、来週火曜(つまり三日前の6月1日)は『GOLFコミック』の発売日だし、来週(つまり今日)に二週分まとめて買った方がいいか」と思って取り置きしてもらったのですが、今日行ったらまだ今週号(6月18日号)のゲンさん掲載誌は置いておらず、結局「いまじん」で先週号と「GOLFコミック」を買い、今週号は他の買い物の用事があったスーパーで買う事になりました(何たる二度手間……)。


……そんな訳で、四年前に購読を始めてから初めてゲンさんを二週分一気読みした訳ですが、まさか今回のエピソードが今週でまだ完結しないとは思いませんでした。

後で紹介するゲンさんデータベースを見れば分かるように、今回のエピソードは第377話「二つの事業仕分け」から始まり(この回は、五友爆破の事務所での事業仕分けごっこの場面が、現実世界の政治を捻りもなく茶化しているようにしか見えなかったので印象が悪かった。文句なしに良かったのは釣り人姿のゲンさんだけ)、第378~380話「民の思い」へと続き、そしてまだ次号以降に続くという変則的なパターンですが(今考えたら、昨年の第340~342話「大棟梁」から351話「訪れる変化」へと続いた職人ネットワークの一世一代の大仕事のエピソードも似たようなパターンだったかな)、どうやらこのエピソードが、ゲンさんが手掛ける今年一番の大仕事になるのではないかと思っています(そのせいで、また去年秋のような「まさか今回のエピソードは連載を大団円に向かわせる為の物なんじゃないか」という不安がチラリと胸をよぎっていますが……っていい加減この性格直したいよ)。

そして二週分のゲンさんを読み終えた後、「茗荷谷なみだ坂診療所」などの他作品も読みましたが、密かに気に入っていた「ハガワの異常な愛情」(作・大羽隆廣)が今回で完結してしまったのが残念です(このラストからすると「ハガワの異常な愛情2」とか「ハガワの異常な愛情ふたたび」みたいな続編も望めそうにないし)。

でも、読者や編集部に媚びた薄汚い萌えやエロもない上に、過去のヒット作によるネームバリューだけで天下りして来た訳でもない(作者の「大羽隆廣」でウェブ検索してみたが、実績はあるが別段ビッグネームという訳ではないようだ)作家の作品が単行本化されるのは(最終ページによると8月発売予定)、この性根が腐った雑誌では久し振りの快挙と行ってもいいでしょうね(佐藤智美の「ムショ医」もそうじゃないかと言われそうだが、この作者が、この雑誌に数年に一度しか載らない某特攻隊漫画の作者……というより「ブラックジャックに何たら」とかいう他社のヒット漫画の作者と夫婦だと知ってからは、「なるほど、編集部はなかなか作品を執筆してくれない亭主への御機嫌伺いの為にこの人を優遇してんだ」としか思えなくなってしまい、その作風には今でも敬意を表してるが何か醒めた)。


これでゲンさん掲載誌で読める漫画やページ(といっても漫画以外の連載で読んでいるのは「シネマ鑑定談」だけ)は全て読んだので、それから「GOLFコミック」を(というより石井さだよし先生の「素振りの徳造」を)読みましたが、今回の徳造さんのラストは珍しく辛口に思え、新鮮に感じるというより「あれっ、どうしちゃったの?」と少し戸惑いました(いつもだったら、人を外見でしか判断しない女レッスンプロが改心した後に救いを持たせて終わるだろうに、今回は改心も救いもないまま終わっている。まさか次号に今回の続きが書かれるとも思えないし)。


……という事で、今日は初めてのゲンさん二週分一気読みを体験しましたが、また来週からはいつものようにゲンさん掲載誌は金曜から日曜の間にコンビニかスーパーで買う事を決意しました(「GOLFコミック」だけはこれからも「いまじん大垣店」で買うつもりだけど)。


そして最後になりますが、今回でデータベース一ページ分のデータが溜まったので、例によって本サイトのゲンさんデータベース「五友爆破株式会社 活動記録集」を更新しました(今回は第376~380話)。

それでは。


※余談※
……ところで、この記事を書く前に石井先生の公式サイトにアクセスしたら、ゲンさん最新号紹介ページのサブタイトルと概要は今回の物なのに扉絵画像が前回のままだったのだが(試しに扉絵画像のURLの数字を379から380に変えて直接アクセスしたら表示されたので、画像ファイル自体はサーバにアップされている)、次号が発売されるまでには直るかなあ……

そんじゃ。

※2010.06.06追記※
今夜ふと思い出したのでゲンさん最新号紹介ページにアクセスしたら、ちゃんと扉絵画像は380話のものに直ってました。

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.