2010.10.22.Fri / 19:23 
今日は昨日とは違った理由での気疲れのせいで夕食を作る気が起きなかったので、少し前にアルプラザ鶴見のmeets.(このブログで名前を出すのは初めてだけど、セリアやダイソーと少し違った品揃えなので結構気に入っている)で買った「満月ポン」というせんべいを夕食代わりにする事にした。

101022-182101.jpg


実はこの「満月ポン」、何年も前から名前だけは知っていたけど実物は見た事がなかったので、meets.で見た時には「ああ、これがあの……」と感動してしまった(少し大げさ)。

というのも、六年前に発売されたウィルコム(当時はDDIポケット)の音声端末AH-K3001V(通称・京ぽん)が発売される前の数か月もの間、ネットの掲示板上で大勢のDDIポケットユーザーがまだ見ぬ京ぽんに想いを馳せて書き込みをしていたが、その一人に毎日午後3時過ぎになると色々な菓子を食べているAAを貼っている「おやつボーヤ」と呼ばれるスレ住人がいたのだが、その「おやつボーヤ」が一度食べていたのがこの「満月ポン」だったのだ。

oyatsu-booya.png
↑これが「おやつボーヤ」「満月ポン」を食べた日の書き込みだが(「紙copi」により抜いて保存していた「おやつボーヤ」の書き込みのキャプチャ)、この時からずっと「『満月ポン』って何だろう」と興味を持っていたが、この地方では馴染みがないのか(メーカーのサイトによると大阪独自のせんべいらしい)、こうしてmeets.で偶然見付けるまで「満月ポン」は自分にとって幻の菓子だったのだ(ちなみに「おやつボーヤ」は、この書き込みから半月くらい後に、京ぽんについての発表がどんなに待ってもないのに腹を立てたのか「暴君ハバネロ」を一気食いする書き込みを最後に姿を消してしまった……)。

そしてあれから六年以上経ったけど(上のキャプチャ画面の書き込みが2004年1月下旬)、あの後三か月ほどして待望の京ぽん発売の一報が引き金となって後にネット上で「京ぽん祭り」とも言われる熱狂的な書き込みが行われ(確か「ケータイWatch」かどこかのITニュースサイトでも取り上げられた筈)、翌月の発売で更に祭りはヒートアップし、その年(2004年)で一番話題を呼んで売れたPHS端末になったのを今でも憶えているが、そんな風に一時はPHSが話題をさらった事もあったのに(もう一つは社名変更後の「ウィルコム定額プラン」かな)、昨年辺りから2010年現在までの間にウィルコム周辺に起こった様々な事を考えると、あの一時の狂騒は何だったのだろうと寂しさを感じてしまう(しかも、「満月ポン」を買った日にふと思い出して京ぽんスレを読み直そうと思って「京ぽんスレ保管庫」にアクセスしたが既に閉鎖されていた……ウェブ検索しても移転した様子も後継サイトもないようなので、「Jane Style」に保存していないスレッドを読みたかったのだが残念)。

そんな事を長々と書いているうちに少し憂鬱な気持ちになってしまったけど、「満月ポン」は予想していたより美味しかったです(後日meets.に行ったらもう残り少なくなっていたけど、なくなったらまた入荷してくれるだろうか)。

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.