死ね佐川急便。 
2010.12.02.Thu / 20:08 
今日はストレートすぎるタイトルになってしまったが、はっきり言ってこれでも足りないくらい腹が立っている。

今日は、先日通販で注文したDVD-RやRWが届く事になっていたが、帰りに寄り道して昨日オープンしたホームセンターで毛布を買う事にしたので(それと毎週買ってる漫画雑誌も)、配達予定時間に帰れるかどうか微妙だった。

でも、いつも配達されるのは予定時間より遅い事が多かったので、「まあ間に合うだろ」と思って予定の買い物を済ませて帰宅したら郵便受けに何やら紙が入っていたので見ると、予想通り佐川急便からの不在通知票だった。

「ああ、こういう時に限って予定通りに来たのか」と思いながら、まずはネットで再配達依頼をしようと思い不在通知票に載っているURLにアクセスしたら、トップページでログインを要求されたので「何で一回しか使わないサービスの為にアカウントを作る必要があるんだ」とバカらしくなってブラウザを閉じ、次にドライバーのケータイに直接連絡を取る事にした。

だが、記載されているケータイ番号(ドライバーの手書き)に掛けて再配達の依頼をしようとすると、ドライバーが「その住所(うちの住所の事)は管轄外だから行かない(大意)」と言って来たので「じゃあこのケータイ番号は何なんだ(大意。実際はもっと丁寧に訊いた)」と訊いたら、「その不在通知を書いたドライバーが間違った番号を書いたんだろ(大意)」と言って来やがったのでキレそうになったが我慢した。

だが、それだけならまだしも、今度は自動音声による再配達依頼をしようとガイダンスに沿って入力したら、何と再配達日が12月10日などど返って来たので今度はマジギレしてしまい(無駄になった通話料返せ!)、しばらく悪態をついた後に気分を落ち着け、結局営業所に直接電話してようやく再配達の依頼は完了した(勿論バカドライバーと自動音声受け付けに対する苦情は伝えた)。

そして先ほど(嘘のケータイ番号を書いた)バカドライバーが荷物を届けに来たけど、いつもは気分良く応対するけど今日は絶対にそんな気になれなかったので、配達票の署名欄に名前を殴り書いて荷物を引ったくるように受け取り、穢らしい不在通知票を投げるように返してすぐにドアを閉めた(本当だったら不在通知票を丸めて相手の顔に投げ付けて皮肉の一つ二つ言ってから階段から蹴り落としてやりたかったけど理性がそれを押し止めた)。

そりゃあ確かに荷物が届くのを知っていながら「どうせ遅れるだろ」と配達予定時間にいなかった自分も悪いけど、それ以上に佐川急便のドライバーにも問題があるでしょう。

死 ね 、 佐 川 急 便 。
「あき○んぐ」の関係者がこれをもし読んでたら、来年からは配送業者をまともな別の会社にしてくれないかなあ……)

そんじゃ。
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.