初めてのDVD-R DL。 
2010.12.18.Sat / 13:45 
今日は天気があまり良くないので、朝からXS57とXS53で録画した番組のDVDへのダビングをしています(W301は例の件以来予約録画はしているが、まだDVDへのダビングを試すのが怖くて録画予約時以外は触れていない)。

いつもはDVD-RかRWだけですが、今日は初めて思い切ってこの記事で触れた長時間の舞台中継をダビングする為にDVD-R DLを使ってみました(本当だったらW301で録画した番組のダビングで初使用したかったのに……)。

101218-130409.jpg

これが今回使った(買ったのは先々月の「あきばんぐ」通販)DVD-R DLですが、実際手に取るまで気付かなかったのですが、DVD-R DLの録画可能時間ってDVD-Rの二倍じゃなかったんですね(ラベルの215分という表記を見て「あれっ」と思いウェブ検索してその理由を知った)。

それはともかくとして、まずはSPモードで録画した「愛と青春の宝塚」をプレイリスト作成後にディスクをレコーダーに入れてダビングしようとしましたが、CPRM対応ディスクの筈なのに「このディスクはDVD-Videoモードでしか作成出来ません(大意)」というアラート画面が出たのが気になりました(まあ、どっちみちDVD-Videoモードでダビングするつもりだったので普通に「DVD-Video作成」メニューでダビング出来るのは幸いだが)。

そしてDVD-R DLによる二層式DVD-Video作成(ダビング)が始まりましたが、ディスクとレコーダーの相性が悪いのか50パーセント辺りまで来たら「ディスクにエラーが出ました」というアラート画面が出てしまい、一枚ディスクが無駄になりました。

幸い二枚目は成功したけれど、それにしても普通のDVD-Rに比べてダビング終了までの時間が長いのには少し苛々しました(ダビング時間もそうだがファイナライズがこれまた遅い!)。

そして次は先日録画した「奇跡のメロディ~渡辺はま子物語」(こちらもSPモード録画)のダビングを始めましたが、今度はディスクのローディングが終わってダビングが始まろうとした時に「ディスクにエラーが出ました」が出てしまい、結局今日だけで二枚もディスクが無駄になりましたが(もしかしたら二枚目はパソコンのデータ記録用に使えるかもしれないので取っておく事にしたが)、何とか長い時間を掛けて二作品のダビングは無事終了しました。

それにしても、使う前は「長時間の番組を一枚のディスクに録画出来るなんて便利なのに、どうしてDVD-R DLってあまり普及していないんだろう(普及すればもっと安くなるだろうし)」と思っていたけど、いざ実際に使ってみるとダビング作業が意外に面倒なのに気付いたので、やっぱりこれからも長時間の舞台中継やスペシャル番組の録画は、二枚のディスクに分けてダビングした方が面倒だけど経済的(今回買ったDVD-R DLは10枚入りで980円、普段使っているDVD-Rは100枚入りで1,800円近く)だと思いました。

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.