2011.01.02.Sun / 09:58 
折角の正月に相応しいお出掛け日和の晴天なのに何ですが、今朝は出掛けずにもう一つ記事を書きます。

明日からBSフジで、一時期「ボタバラ」ブームを巻き起こした、七年前(2004年)の1月クールに放映された東海昼ドラの傑作「牡丹と薔薇」が放送されます(月~金の15:00~15:55。一回二話放送)。

自分はどちらかというと所謂「ドロドロ昼ドラ」は好きではないのですが、好きな俳優の為に内容に期待せずに観たらハマったこの作品は別で(この手のドラマで同じような理由で観てハマったのは荻野目慶子さん目当てで観た「女優・杏子」だけ。以前昼ドラ関連の記事を書いた時にはすっかり忘れていてタイトルを挙げられなかったが)、このドラマのブームのおかげで一時の東海昼ドラが「下半身の緩い異常性格者達が死ぬの殺すのと大騒ぎしたり変な創作料理が出たりするドロドロ」ばかりが持て囃されるようになったのは厭だったけど、この作品に限ってはそんな部分も楽しむ(というと語弊があるか)事が出来ました。

確か当時は「テレビブロス」とかのテレビ雑誌でも特集が組まれるくらいの昼ドラとは思えない人気で(「テレビブロス」では出演者や脚本家のインタビューもあったと記憶しているが買った雑誌が手元にない)、ヒロインの一人を演じた小沢真珠が他局のトーク番組に出ても「ボタバラ」の台詞(確か「はなまるカフェ」では『ぼたん(もう一人のヒロインの名)じゃなくて豚よ』という台詞)を再現させられたりしていたのを覚えています。

あれから、小沢真珠は一時は「ボタバラ」チックなネタ臭い役ばかりやらされて(いや、もしかしたら進んでノリノリで?)いたり、もう一人のヒロインを演じた女優はナゴヤ昼ドラで主演していたけど観ていないので良く分からないけど、そんな風に番組が終わっても影響の強いドラマでしたね。

肝心のストーリーや場面の凄さは明日からの放送を是非観て欲しいのですが(小沢真珠中心に展開される中盤以降も凄いが、連ドラ終了後に放映された総集編で一切合切カットされた序盤も観て損はない凄さ)、飛び道具的な小道具やキーワードを抜きにしても、ストーリーだけでも所謂「ドロドロ昼ドラ」嫌いな人にも楽しめると思います(レイプが厭な人にとっては中盤が、子供に対する虐待が厭な人にとっては終盤が観ていて辛いかも)。

そんな訳で、BSデジタルが観られる(録画出来る)人は、試しに明日の午後3時からチャンネルをBSフジにしてリアルタイムで観てみるか、録画予約して観て下さい(上にも書いたように月~金の帯編成なので注意!)。

それでは。


BSフジ公式サイトより
「<昼ドラ名作選>新番組『牡丹と薔薇』」
http://www.bsfuji.tv/top/pub/botabara.html

「ボタバラ」関連Amazonアソシエイトのリンク
(全部チェックしてないけど一部マーケットプレイスがあるかも)
牡丹と薔薇 DVD-BOX 上牡丹と薔薇 DVD-BOX 上
(2004/07/14)
大河内奈々子、小沢真珠 他

商品詳細を見る

牡丹と薔薇 DVD BOX 中牡丹と薔薇 DVD BOX 中
(2004/08/04)
大河内奈々子、小沢真珠 他

商品詳細を見る

牡丹と薔薇 DVD-BOX 下牡丹と薔薇 DVD-BOX 下
(2004/08/18)
大河内奈々子、小沢真珠 他

商品詳細を見る
(DVD-BOX。このパッケージだけ見ると中身のドラマが異常な内容だなんて判らないね……)

涙のアリア涙のアリア
(2004/01/21)
岡本知高

商品詳細を見る

牡丹と薔薇牡丹と薔薇
(2004/01/21)
中村彰一

商品詳細を見る
(主題歌と挿入歌CD。ちなみに挿入歌の「牡丹と薔薇」は作中では昭和初期の流行歌という設定)

牡丹と薔薇〈上〉 (徳間文庫)牡丹と薔薇〈上〉 (徳間文庫)
(2007/10)
中島 丈博

商品詳細を見る

牡丹と薔薇〈下〉 (徳間文庫)牡丹と薔薇〈下〉 (徳間文庫)
(2007/10)
中島 丈博

商品詳細を見る
(ノベライズ。まさか文庫化されているとは思わなかった)
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.