ウッソー!! 
2011.02.07.Mon / 19:04 
過去記事にも書いたように、先週発売されたゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)掲載誌をなかなか買いに行きませんでしたが、今日の帰りにようやく買って来ました。

買う気がなかなか起こらない理由も前に書いたと思うけど、月の第一週に発売される号には、編集部にエコヒイキされている汚物マンガ家の新刊の広告がページ柱や、扉絵や最終ページの対面ページに続々追加されて怒りで血圧が上がるので(ただでさえ既刊の汚物マンガの広告だけでも辟易してるというのに)、そのせいでこの時期の号は買う気が進まないのだ。

なので今日も平和堂の雑誌コーナーに向かうまで気が重くて仕方なかったけど、棚に並んだ掲載誌の表紙を見たら、驚きのあまり今回の記事タイトルのように「ウッソー」と叫んでしまいました(勿論心の中で)。

kowashiya-gen_no414-hyoushi.jpg

↑見てよ、
巻頭カラーでもないのにこの大きな扱い!!

(イラストは第400話扉絵の流用だけど。一度記事をアップしてから見たら表紙のあちこちに汚物マンガのタイトルが目立っていたのでペイントソフトで画像の穢い部分を消して再アップした)

前号の次号予告では「小料理みな子」(上のアドエス写真の左側、ゲンさんの顔の横を参照)が巻頭で、後はNEWフクイ汚物(又の名を「フクイのどんど晴れ」……って自分が今付けたんだけどさ。余談だがニシユージとコマツエリコって作風も人間性も似たもの同士だと思わない?)が大きく取り上げられていたので、ゲンさんがこんな風に表紙のメインを飾るとは思いもよりませんでした。

今回のゲンさんの内容も、予告煽りから連想していたのとは違って面白かったし(だけど予告煽りの中の「旧知の土木建設業者」という箇所を読んで、「山読人」じゃない方の木村さんが再登場するかと期待していたが外れて残念)、こんな驚きが待っていると知っていたら「気が進まない」なんて言わずに木曜に買っておけば良かった……

↓で、今回一番気に入った場面はこれ。
kowashiya-gen_no414_001.jpg

今回のゲストキャラである村井(十二年前にゲンさん所有の重機を持ち逃げしてトンズラしたという男)の首を絞めているゲンさんが、有華に脇の下をくすぐられて「アヒャヒャヒャ…」と面白い顔で笑ってしまうのにはこちらもつい笑ってしまいました。

ちなみにこの村井という男、怪しげな儲け話に眼がないようで、今回ゲンさんにダチョウ(!)の飼育事業(ダチョウ牧場)への協力を請いに来たのだけど、同じように怪しげな儲け話に眼がないゴンを村井に会わせたら面白いだろうになあ……(いや、会った途端に意気投合しても儲けの取り分を巡って速攻仲違いするかな)


まあ、それはともかく今号は本当に驚きましたが、やっぱり表紙と中身を一致させるように巻頭カラーの時にゲンさんを表紙メインで扱って欲しいと思います(喜んでおいて何ですが、この編集部の昨今の汚物マンガ家への媚びまくった態度や既存の連載への冷淡な扱いなどのやり口を考えると「もうゲンさんを巻頭にするつもりはないから表紙だけで我慢してくれ」なんて考えてんじゃないかと勘繰りたくなるんだよ)。

ちなみに今週号は金曜が祝日なので木曜発売ですが、って事は一日早く発売する平和堂は水曜発売なんて事はないですよねえ……

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
--漫画同好会(名前検討中--

いろんな 仕事の漫画 映画 小説 ほか おもしろいですね。
こちらの漫画 2から3回 喫茶店で 読んだことがあります。おもしろかったです。

*- from コールガール&ジャニーズマンレディVS村石太仮面 -*
--Re: 漫画同好会(名前検討中--

承認が遅くなりましたが、コメントありがとうございます。

*- from 須藤泰昭(すどやん) -*
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
ひまだから、マンガばかり読んでブログを書いています。 先日書いた『おさなづま』は名作だけど単行本絶版なんだなあと書いたりしていたわけですが、まあ連載終わったのはだいぶ前だし仕方ない気もします。で...
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.