2011.08.06.Sat / 17:57 
下の記事では「今年の夏(の暑さ)はいつになったら本気を出すのだろう」などと書きましたが、午後になってようやく夏の暑さが本気を出したようで、この記事を書いている現在は太陽も顔を出したせいで予想通り室内でじっとしていても暑いです。

さて、ここからが本題ですが、前回のゲンさん(『解体屋(こわしや)ゲン』)関連記事「もしかしたら次号は8月に入って『GOLFコミック』の最新号が発売されてから買うかもしれないな」と書いた通り先週号は発売日に買わず、昨日の夕方に寄り道して今週号と「GOLFコミック」と合わせた三冊まとめての購入になりました。

なので昨日精算時に確認の為店員から表紙を示されるまで知りませんでしたが、ゲンさん掲載誌の通巻3,000号記念号となる先週号と3,001号となる今週号の表紙がゲンさんメインだとは思いませんでした(上にリンクを貼った記事でも書いたが、通巻3,000号は祝福企画にかこつけて某フxイ汚xの大プッシュ号になると思っていたので、どうせ表紙もフxイx物の主人公のキモイ優等生ブリッ子女がメインになるだろうと予想していた)。

kowashiya-gen_no438-hyoushi.jpg

kowashiya-gen_no439-hyoushi.jpg

↑どうです、
この二冊の表紙のゲンさんの格好良さ。

(下の今週号の表紙がゲンさんに寄りすぎてるのは、ゲンさんの周りに変な天下りエロマンガ等の登場人物が散りばめられていたから……でも今確認したら写ってないタイトル横の「釣り船御前丸」のヒロインだけは変な漫画の登場人物じゃなかったな……)

上記リンクの記事で触れた第436話掲載号の表紙もゲンさんメインだったし、この一か月に発売されたこの雑誌の表紙の半分以上のメインを張るなんて、ファンには嬉しいサービスです。

そしてこの二号に掲載されたゲンさんの内容も良かったので満足ですが、特に気に入ったのは今週号掲載の第439話「解体業の未来」で、サブタイトルと結び付かない扉絵(下のアドエス写真参照のこと)を見て、「一体今回はどんな内容になるんだろう」とドキドキしました。

kowashiya-gen_no439_tobira.jpg

↑ラブホテルの回転ベッド(だよね?)で
眠っているゲンさんと裸の美女。


今のこの雑誌のマンガだったら、この後すぐにセックスに突入してしまうであろうシチュエーションですが、どうしてこんな状況になったのかというと、不景気の泣き言をこぼしている同業者の男たちが自分たちとつるまない上に利益を上げている五友爆破を羨み、社長であるゲンさんを陥れて自分たちの仲間に引きずり込もうと画策し、酒に一服盛って酔い潰したゲンさんを用意していたラブホに運び、前もって因果を含めていた同業者の若い美女を使い、ゲンさんがその美女と過ちを犯したように見せかけようとするというものでした(今回のこの場面を読んでいて、似たような手で芸能プロダクションの辣腕マネージャーだったかが失脚させられるというくだりがある森村誠一氏の小説「新幹線殺人事件」が無性に読みたくなったなあ……夜か明日にでもブックオフ巡りして探そうか)。

kowashiya-gen_no439_001.jpg

↑ああ、ついにゲンさんの
貞操が奪われてしまうのか……
(違うって)


ちなみに、この後意外な展開によりゲンさんの危機は回避され、同業者達もゲンさんが酔い潰れて寝ている間に改心するのですが、そのあとゲンさんには別の危機が待っていました……(それを知りたい人は書店・コンビニ等で今週号の掲載誌を買うか立ち読みしてね)

それとは関係ありませんが、今回一押しのゲンさん。

kowashiya-gen_no439_002.jpg

↑日本酒のボトル三本(と怪しげな薬)でへべれけになったゲンさんのこの顔とバックのスクリーントーンの模様が妙にマッチして気に入りました。

そして今週号は、前号から始まった「通巻3000号祭り 懐かしの1話目ピックUP!」の第二弾として「茗荷谷なみだ坂診療所」の第1話が紹介されていました(前号は予想通りフxイx物、次号は待ってましたのゲンさん、そして最後の次々号が某コインロッカーマンガ)。

namidazaka_no001tobira.jpg

↑現在とキャラクターデザインは変わっていないけど、ちょっと劇画寄りでキツめの絵柄と(この写真では分かりづらいが)梢ちゃんの下着姿の第1話の扉絵を見て、「なんか病院を舞台にしたエロ劇画みたいだな」と思ってしまったいけない私……(作画者の向後次雄先生、失礼お許し下さい)

某フクイx物と違って単行本も出ていない(正確には2巻までは刊行されたらしいが当然絶版)ので、当然第1話を読むのは初めてですが(さすがに国立国会図書館の複写サービスを利用する余裕はない)、ワクワクしながら楽しんでいたら何と途中でブッ千切られており(扉絵含めて8ページで強制終了)、「今回初めて読む読者もいて興味を持つだろうに、何で1話分ぐらい丸ごと再録してくれないんだよ」と編集部のやり口に呆れた(まあ、この後に前号のフxイ汚xもチラリと見たけど、こちらも途中で終わってたからそういう方針なのか)。

上にも書いたように、次号のこの企画ではゲンさんの第1話が紹介されるけど、ちゃんと短期連載版の方の第1話(本サイトの作品紹介ページWikipediaの項目を見てもらえば解るけど、ゲンさんの第1話は二つあり、絶版になって久しい上に電子書籍にもオンデマンドコミックにもしてもらえない単行本の第1話「爆破解体」が短期集中連載版の第1話、第5話「イヌワシの聖地」として収録されているのが現在まで続くレギュラー版の第1話なんです)を紹介してくれるかなあ……

……まあ、その答えは来週の金曜に分かるので、次号はとうとう恐れていた某フクイ汚物プッシュ号(表紙と巻頭)だけど、今週に続いて発売日に買ってみようかと思っています。

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.