2011.12.18.Sun / 12:03 
先日の記事で足の痒みがしもやけの予兆ではないかと書いたけど、あれから痒みも治まり、心配していた手のしもやけの予兆も今の所はないので、ほっとしている所です。

それはそれで嬉しいのですが、今朝またブログ内検索して過去のしもやけ関連の記事を遡って読んでいたら、2008年初頭の記事で「この冬はここ数年なかった手のしもやけが発症した(大意)」という記述があるのを見て、ブログを始めた2005年と2006年には足や耳たぶのしもやけについての記述はあるけど手のしもやけの記述はないのに気付き、「そういえば2006年の冬は体質改善の為に養命酒を飲んでいた期間内だったな」と思い出し、「まさか養命酒の服用を止めたから手のしもやけが発症するようになったのか?」という疑惑が生じて来ました(よく見たら2008年1月に書いたこの記事でも同じ事を考えていた)。

なので、先日の記事では「もう今年は去年までのような無駄金を使っての対症療法をする気はない」と書きましたが、今年はまだしもやけは発症していないと何もせずに油断していたら、いつ突然しもやけが発症して春まで苦しめられるか分からないと思い、先日の言葉は撤回する事にしました。

そして今朝は買い出しの予定はなかったけど、ひとっ走り原付を飛ばしていつものドラッグストアに行き、四年半ぶりくらいに養命酒を買って来ました(今回の価格は1,680円。ちょうどポイントカードの消費税分もピッタリだし今日は二倍ポイントが付いてラッキー)。

111218-104833.jpg


以前服用していた時は、当時の記事(余談だがURLを見たらまだ記事番号が20番台。今更ながらに月日の流れを感じる……)によると寝しなに一回だけだったけど、今回は起き抜けにも服用しようと思っています(今日はもう朝は無理なので昼食後に服用するつもり)。

さあ、これで手のしもやけとはオサラバ出来るだろうか(出来ればもうけ、出来なくても養命酒は昨シーズンのせんねん灸や温湿布よりは有益だから損はない)。

それでは。


※余談※
……とここで本当はAmazonアソシエイトの養命酒のリンクを貼りたかったが、検索しても養命酒そのものの商品リンクが出ないので「おかしいな」と思ったら、「そういえば養命酒は医薬品だからネット販売が出来ない、だからAmazon.co.jpでの取り扱いがないんだ」と気付いた。

今更ながらに、医薬品のネット販売規制に対して怒りが湧いて来た。

なので、この記事を読んだ人の中で医薬品のネット販売規制に疑問を感じる方は、右カラムのプラグイン「署名のお願いです。」のバナーもしくはこちらのリンクから、医薬品のネット販売継続を求める署名にご協力下さい。

それでは。
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.