2012.01.02.Mon / 14:20 
今日は続けてもう一つ記事を。

今年のしもやけシーズンが始まった先月に二つ(コレコレ)記事を書いて以来長らく間が空いた「しもやけ備忘録」ですが、あれから足のしもやけは歩くと少し圧迫されて痛いのと布団に入って暖まると痒くなるけど、先シーズンまでのように全体的に内出血が広がる事もなく、症状は軽いと言えます。

耳たぶのしもやけも、触ると所どころ硬くなって痒いけど我慢出来ないほどではなく、こちらも去年よりましと言えます。

そして何故か今年も膝に出来たしもやけは(ブログ内検索をしてみたら一昨年のこの記事が出て来たので、出来るようになったのはこの頃かららしい。昨シーズンもブログでの言及はないが出来ていた)、右膝のしもやけが内出血になって痛くてたまらないです(下手したら足のしもやけより酷いかも。何でこんな所にしもやけが出来るのかよく分からないが)。


さて、ここまで読んだ人は「毎年しつこく書いている手のしもやけはどうしたんだ」と思ったでしょう。

幸い今シーズンは、先月から使用している室内用のニット手袋のおかげか、数年振りに呑み始めた養命酒のおかげか、それとも血行を良くする為に試しに使い始めた使い捨てカイロ(ネットで「大動脈を温めると温まった血液が循環して冷えを緩和する」と読んだので、三日前から腹部の大動脈がある辺りに当てている)のおかげか、今日の時点ではしもやけの症状はおろか、はっきりと「これはもうアウトだ」と感じる予兆すらなく(時々「手が冷たい」とか「手がちょっと痒くなったな」と思ったら手をこすり合わせたりして摩擦熱でそれ以上広がらないようにしていた)、ここ数年来悩まされていた手のしもやけがない穏やかな日々を過ごしています。

今シーズン最初の備忘録「せめて手のしもやけが発症するとしても先シーズンの発症日より二週間は遅く発症して欲しい(大意)」なんて書きましたが、その二週間をクリアしてくれてホッと胸を撫で下ろすと共に、「こうなったら何処まで手のしもやけの発症が防げるだろうか」という気持ちになっています。

これから寒さがどれだけ進むか分からないので、とりあえず来週辺りまでこのまま何もない事を祈りたいです。

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.