2016.07.11.Mon / 19:43 
昨日の話。

夕食後に投票に行った後、それだけで帰るのはつまらないと思い池田のザ・ビッグに行く事にした。

昼飯(ひるい)から池田に行く時は大抵は赤坂宿廻りで行くのだが、原付の調子も良くなって来たので昨日はツーリング気分を味わおうと金生山廻りで行く事にした(ちなみにこのルートだと行きはそれほど上り坂は急じゃないが、逆ルートだと山道の入口からいきなり急勾配が二つも続くので今乗っている原付では登れないから帰りはこのルートを通りたくても通れない)。

それで別に変わった事もなく山道を走っていたが、赤坂地区センターの辺りに差し掛かろうとした時に、前方の視界に何か大型の動物の影が横切ったように見えた。

最初は見間違いかと思ったが、気になったので路肩に停車して原付に跨ったまま影が横切った先を見たら、何とシカが立ってこちらを見ていた。

山の中だから野生動物に出くわしてもおかしくはないだろうが、まさかそれがシカだとは思いもよらずしばらくじっと見ていたが、ようやく「まだ暗くなってないしこんな珍しい事は滅多にないから写真でも撮ろう」と原付のスタンドを立てて携帯を取り出しながらシカのいる方へ近付いたら、シカはどんどん向こうへ歩き出し結局そのまま逃げてしまったので、結局証拠写真は撮れなかった。

そして昨日はそのまま買い物をして、帰宅しても金生山のシカについて検索はしなかったのだが、この記事を書く前に「金生山 大垣 シカ」で検索しても他の目撃談は見付からず、「大垣 シカ」で検索したら去年の春に市内の山からだいぶ離れた二つの地区で目撃されたという記事が引っ掛かったが、肝心の金生山や赤坂地区でのシカの目撃談は見当たらなかった。

さすがにこの後同じルートを通ってもまたシカに出会える可能性は少ないだろうが、もしまたシカに出くわしたら今度こそ証拠写真を撮りたい。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
12 ≪│2017/03│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.