2018.09.01.Sat / 20:19 
一昨年の4月に突然電子書籍の配信が停止してショックを受けた「じゃりン子チエ」(作・はるき悦巳)だけど、それから再配信などの動きもなく完全に諦めていました(配信停止のショックについての記事はこちら)。

だが、何とデジタルリマスターによる新訂版としてこの秋から配信されるというニュースを知って驚いた(eBookJapanで今日から10巻まで先行配信、来月1日から他の電子書籍ショップでも配信)。

プレスリリースサイトの記事
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000101.000014531.html

eBookJapanの商品紹介ページ
https://www.ebookjapan.jp/ebj/473357/

早速eBookJapanで2巻まで試しに買ってみたけど、旧版の電子書籍に比べて本文の画質が向上しただけでなく、上記リンクのプレスリリースにもあるように雑誌掲載時のカラーページが復元されているのも嬉しいです(2巻までは二色カラーだけだけど、後の巻には多分四色カラーもあるだろうと期待)。

ただ残念なのは、表紙のスキャン品質があまり良くなかったのと(1巻はともかく2巻の表紙を見て眼を疑った)、旧版に無くて今回に期待していたのに結局今回もまた底本のアクションコミックス版にあった裏表紙イラストが収録されなかった事です(旧版の背表紙は表紙と口絵の間に収録されていた。それなら裏表紙を本文最終ページと奥付の間に収録してくれればいいのに)。

でも、旧版を2冊しか持っていないので今回の新訂版の配信はやはりありがたいし、これからの配信スケジュールは分からないが、毎月1、2冊ずつ買って全巻揃えるつもりです(この春から小山田いく氏の作品が電子書籍で復刊されて毎月買っているけど、定期的に買う作品が増えた)。

この新訂版の配信がきっかけとなって「じゃりン子チエ」の再評価が行われるようになったら、次は他のはるき作品の配信もお願いしたいです(旧版と一緒に停止された「日の出食堂の青春」(自分は購入済みだが)や幻の作品と言ってもいい「どらン猫小鉄」「じゃりン子チエ番外篇 どらン猫小鉄奮戦記」、そして他社で発売された「ガチャバイ」などを双葉社から電子書籍のみでいいので復刊するとか)。

ここ数か月、公私共に楽しい事が少なくなっていったけど、これで生きていく楽しみが少し増えました。
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.