2007.07.17.Tue / 18:55 
その1
昨日は、朝は気持ちのいい晴天だったのに、午前中のうちに雲が多くなって、結局夕方にならないうちに雨が降るという浮き沈みの激しい天気だった。
そして今日もぐずついた天気だけど、どうやらこの天気も今日限りで、明日以降は晴れ間も見られるらしい。

ずっと梅雨が明けず(しかも台風まで来て)鬱陶しい気分が続いたけど、そんな気分ともあと少しでさよなら出来そうだ。

その2
某所で知ったのだが、少年漫画誌「コミックボンボン」が休刊すると聞いて驚いています。

いや、自分は名前を知っているだけなので(少年時代は少女漫画誌「なかよし」を愛読し、その後「週刊少年ジャンプ」を何度か買ったり立ち読みしたくらいで少年漫画誌との縁は薄い)、思い入れという物はないのだけれど(あっそうだ、「銀河漂流バイファム」が放映されていた頃、この作品の漫画版の単行本を立ち読みした事があったっけ)、「コロコロコミック」と並ぶ小学生男子向けの漫画誌二大巨頭の一つが消滅してしまうのは、読者でも何でもない自分でも驚きでした。

このニュースを知って興味を持ってGoogle検索し、Wikipediaの項を読んでみたけど、この雑誌の編集部は、かなり読者や作家を蔑ろにしている印象を持った。
連載の打ち切りは当たり前、単行本もまともに出さない、出しても完結しない……などなど、作家だけでなく、作品を楽しみにしている読者にまで泥を浴びせるような酷い有り様。
今まで、「週刊漫画TIMES」(いつもは「週漫」と略すが今回はフルネームで)編集部ほど糞な奴等はいないと思っていたけど(本音を言えば「週漫」には不満爆発で本当は買いたくないけど、好きな作品に限って単行本が出ないので、それらの作品の為だけに我慢して毎号買った上にアンケートも律儀に出している)、どうやら下には下がいたようですね(上記の「ボンボン」編集部の姿勢の殆どが「週漫」編集部と重なる)。

私のような小うるさい人間を除いて、「単行本を出さない、出ても続刊を出さない、一部の作品ばかり異常にプッシュする」……などなどの不満を、「大人の事情」として理解し我慢している読者が多い(と推測する)「週刊漫画TIMES」と同じ事を、「大人の事情」をよく知らない読者の多い(所謂「大きいお友達」の読者は別)子供向け漫画誌で日常的にしていたら、そりゃあ読者は冷めて離れるよなぁ……というのが、Wikipediaの「ボンボン」の項を読んだ正直な感想です。

Yahoo!ニュースの記事では、来春に後継誌らしい「月刊少年ライバル」(何か誌名がダサい……)という漫画誌を創刊させるらしいけど、「ボンボン」時代の作家や読者を蔑ろにする姿勢を続けるなら、先行きは暗いだろうな……と思うのだが。

そんじゃっ。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.