2007.10.15.Mon / 22:03 
早ければ今週中に来るかもしれない東芝のハイブリッドレコーダー「RD-W301」(以下W301)について、商品が来る前にもっと調べようと思いGoogle検索してみた。
検索結果の多くが価格比較サイトやネットショップだったけど、ITニュースサイトの新製品紹介のページもあったのでいくつか見てみたら、「ダビング10」なる言葉が眼に付いた。

上記のニュースサイトをはじめ、改めて「ダビング10」で検索した幾つかのページの説明で解ったのだが、現在のデジタル放送に使用されているコピワンこと「コピーワンス」を緩和し、レコーダーで録画したデジタル放送の録画タイトルのDVD等へのダビングを9回、ムーブ(移動)を1回の計10回出来るようにする規格らしく、W301をはじめとする「VARDIA」の新製品が、この規格が実施され次第バージョンアップで対応出来るようになっているそうだ。
だが、これらのページを見た所、この規格はまだ大まかな規格の概要と普及させる為の呼称が出来たに過ぎないようで、最終的な規格や実施時期についてはまだ何も決まっていないようだ。

最初は「やっと忌まわしいコピワンから解放されるのか」と単純に喜んだけど、検索結果のページを幾つか読んで行く内に、「こんなものはコピワンと同じ消費者無視の遣り口で、只のまやかしじゃないか」と怒りが湧いて来た。
あるITニュースサイトのコラムによると、当初のコピワン見直し案では、視聴者側にはコピーフリーと同じ感覚で使用出来る著作権管理規格が提案され、その方式での実施が行われる筈だったそうだ。
それが今年になってから、権利者団体の猛反発と圧力により、「コピーは9回まで」という方式での実施に方向転換され、そして先週、ムーブ1回を含めた「ダビング10」という呼称の決定がなされたらしい。

結局、視聴者(消費者)を泥棒としてしか見ていない卑しい権利者団体の圧力が消費者に我慢を強いる結果になった訳で(検索結果から辿って、今年7月に行われた権利者団体の声明を伝えるニュース記事を読んだけど、記事中の写真で見た権利者団体代表の面構えが揃いも揃って醜悪だったし、主張も手前勝手な事ばかりで呆れた)、それに追従する動きを見せている東芝も、「VARDIA」になってから退化したW録(ダブロク)機能の事も合せ、今後は消費者無視と言う方針で行くのであろう(コピワン+芝ドライブのせいで、これまで何本のXS53で録画したBSデジタルの番組がDVD-RAMやRWにムーブ出来ずに涙を飲んだ事か……)。

まあ、最近はCMカットなども面倒臭くなって、ちゃんとプレイリストを作ってダビングするのはCMのないWOWOWやNHKの番組くらいで、民放の連ドラやアニメなんかはDVD-RかRWにベタ焼きしているから(番組によってはタイトルサムネイルくらい付けるが)、自分にとってはコピワンが「ダビング10」になろうと、どうでもいいのかもしれないけどね(どのみちW301はVHSで録画した舞台中継をHDD経由でDVDにダビングするのを主な使い道にするつもりだから)。

ちなみに話は変わるが、W301について検索した理由は、この機種に搭載されているDVDドライブが何処のメーカーかという事だったのだけど(XS53のように芝ドライブだったら地獄だ)、残念ながら、それについては判りませんでした。

それでは。


※追記※
この記事から、カテゴリ名「興味・好奇心」を、「興味・疑問・好奇心」に変更しました。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.