2008.01.30.Wed / 20:57 
下の記事をアップして今日を終えたくないので、嬉しい話をひとつ。

私のハンドルネーム「すどやん」は、ペンネーム「須藤泰昭」から来ているのですが、このハンドルネームにする時好きだった吉本新喜劇の帯谷孝史さんの愛称「オビやん」を意識して付けたのです(ただ「スドやん」だと見た目の字面が良くないので全部平仮名にしたのだけど)。

そのオビやんこと帯谷孝史さんは、長年に亘って吉本新喜劇で活躍なさっていたのですが、1999年の秋に自身の借金問題が元で吉本興業から解雇され、その後の消息は殆どファンの前に明かされませんでした(数年前に吉本興業が主催したイベントに参加したけど復帰はならなかった模様)。

一昨年の初夏に、吉本興業のタレントである浜根隆さんが副業で経営なさっているエアコンクリーニング会社のサイトに、社員として働いてらっしゃるオビやんの写真が掲載された事がありましたが(それについてはこの記事に。現在は写真は撤去されている模様)、その後の消息は分からず(浜根さんの会社で働いている事は確かだろうが)、もうすっかりオビやんの吉本新喜劇への復帰は諦めていました。

ですが今日(というか先刻)、某所の吉本新喜劇スレッドを見たら、「オール巨人師匠のブログにオビやんの近影あり(大意)」という嬉しい話が書かれていました。

「オール巨人の日記2006~」
(1月27日付の「復活!」という記事を参照のこと)
http://nikki-2006.seesaa.net/

それで早速、上にリンクしたオール巨人師匠のブログにアクセスしてみましたが、その記事によると27日の三重県桑名市の公演で、オビやんが復帰なさったのだそうだ(記事中の名の表記が「帯谷隆史」になっているのは気になったが。改名したのならいいけど、そうじゃなかったら巨人師匠、いけませんねえ)。

浜根さんのサイトで見た写真では、苦労なさったのかだいぶ老け込んだ様子で胸が痛みましたが、巨人師匠のブログに掲載された写真のオビやんは、年齢は重ねたけれど落ち着いた様子で、ホッとしました。

以前の一時的復帰(と言えるのかどうか)はイベントでの事だったけど、今回は地方巡業とはいえ吉本興業のタレントとしての出演らしいので(この記事の記述だけでは新喜劇なのかどうか判断し辛いが)、もしかしたら近い内に、NGK(なんばグランド花月)の吉本新喜劇のステージに立つオビやんの姿を観られるのかもしれません。

あれからずっと、オビやんの復帰を待ちながらもそれが叶わなかった恨みもあり、吉本新喜劇への関心も薄らいで来ました(今は録画しても観もせずにDVD-Rにベタ焼き)。
でも、オビやんが復帰なさってくれるなら、また私は吉本新喜劇が好きでたまらなかったあの頃に戻れるかもしれません。

そう、きっともうすぐ逢えるよね。

それでは今夜はこの辺で。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.