2008.04.09.Wed / 19:56 
その1
先週末の記事で、先週から始まった朝ドラ「瞳」の次週予告を観て厭な予感がしたという意味の事を書いたが、今日の放送(BS2再放送)を観たら、その厭な予感が的中しそうな気がした。

問題の場面は、瞳の祖父が養育家庭として預かっている里子の一人が同級生に怪我をさせ、その件で祖父と瞳が学校へ出向いた所、同級生の母親(何と「ふたりっ子」のオーロラ輝子こと河合美智子さん!)もその場に現れて祖父に対してクドクドと厭味を言った為、瞳がついにキレて「シャラップ……シャラップっす!」と相手に言い放って明日に続く……という内容だった。

里子が起こした事件の真相が明らかになっていないので、どちらの言い分が正しいのか判断は出来ないが、この場面を観て、数年前の朝ドラ「私の青空」で、主人公・北山なずなの息子がクラスで何か問題を起こしたか何かで同級生の母親達がなずなの事を責めた所、菅井きんや山本晋也(今回は二人とも敬称略)とかのなずなの取り巻き連中が、一方的に母親連中に対して罵倒とも言えるような事をまくし立て、その後ろに隠れているなずなが、底意地の悪い得意気な顔で母親連中が罵倒されているのを見ていた不愉快な場面を思い出してしまったのだ(こちらも、主役を初め好きな俳優が大勢出演していたので観ていたが、このドラマの役柄のせいで、それまで好きだった田畑智子が、それ以降「芋たこなんきん」で呪縛が解けるまで受け付けなくなった苦い記憶がある……)。

まあ、このドラマの脚本家は「私の青空」のモラル・クラッシャー(勝手に私が命名)内舘牧子とは違うから、あそこまで酷くはならないだろうけど、あのドラマのような展開だけは御免被りたい(折角先週の内容は悪くなかったから高レートで録画決定したのに)。

その2
そろそろ「週漫」の最新号の発売が近付いているので、先週号を段ボール箱から引っ張り出して「シューマンパズル」とアンケートを書いたが、先週号のアンケートから、それまであった「今週号で面白かった劇画は」「~面白くなかった劇画は」の設問が消えていた(その代わり、表紙の感想についての自由記述のスペースが広く取ってある)。

これがどういう意味かは分からないが、ここしばらくの「週漫」の誌面構成(殆どの号で「●の●」「コ●●●ッ●ー●語」が巻頭から三番以内の掲載位置をキープ)を見ている限りだと、上記の設問の廃止は編集部の「我々はアンケートでの読者の作品に対する評価なんか聞く耳持ちません」という宣言のように見えて来る。

もしかしたら勘繰り過ぎかもしれないが、もし編集部がその気なら、こちらも律儀に全ページ目を通してアンケートを書くのは馬鹿らしいので(例のデマが出てからは、編集部に誠意を伝えようと思い、嫌いな作品も一通り目を通してアンケートを書いていた)これからは好きな作品だけ読んでアンケートに記入する事にしますわ(好きな作品が続々打ち切られて読む物が少なくなって来てますがね)。

その3
これは今日の出来事ではないが、「週漫」繋がりのネタをもう一つ。

日曜の夕方、原付を飛ばして久し振りに「GEO(ゲオ)」の古本コーナーと「BOOK OFF」で買い物をしたが、「BOOK OFF」のレジに行く途中ふと買い取りカウンターを見たら、「●の●」数冊(偶然とはいえヤな物見ちゃった)を買い取りに出している年配の客がいて、「なるほど、この手の奴等がアレを支持してるのか……」と生暖かい気持ちになってしまった……(幾らで買い取られたかは知らん)

それでは。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.