2008.10.08.Wed / 21:05 
ずっと以前の記事で触れた事があるが、ここ岐阜西濃地方は街の規模に比べてスーパーやショッピングモールが多い(あまりにも多過ぎるからと言う訳ではないが、市内に住んでいるにも関わらず自分がアクアウォーク大垣に初めて行ったのは、オープンしてから数か月も経ってからだ)。

そんな中でまた、垂井町にマックスバリュが明日オープンするのだが、それに先駆けた先週の土曜、店のオープンについてとカード会員募集についての告知チラシが折り込まれていた(本当は土曜にこの記事を書こうと思っていたが忘れた)。

チラシを見た時、内容自体は別に普通だったが、チラシ表面の「マックスバリュ垂井店はマックスバリュ中部(株)が運営いたしております。 イオンリテール(株)運営の養老店・輪之内店・岐阜池田店・大垣東店・各務原店とはサービス内容が異なります」という注意書きと、チラシ中面の「マックスバリュポイントカードご利用可能店舗」についての「マックスバリュポイントカードはマックスバリュ中部(株)が運営する店舗でのみご利用いただけます。イオンリテール(株)直営のマックスバリュ各店ではサービス内容が異なりますのであらかじめご了承下さい。 【岐阜県】垂井店・岐南店・笠松店」という注意書きが気になった。

それでチラシを見終えた後、いつも通りGoogle検索してWikipediaを見てみたのだが、この岐阜県だけでなく、他地域のマックスバリュも複数の運営会社による店舗が混在しているようで、読んでいて訳が分からなくなった(もしかしたら間違っているかもしれないが、イオンリテール以外の各地の運営会社は、それぞれの地域のスーパーチェーンを買収・子会社化したものという認識でいいのかな?)。

それにしても、ロックシティ大垣のマックスバリュ大垣東店(現在大垣にはこの一店しかないが、既に閉店している「大垣店」が過去に別の場所にあったので、それとの混同を避ける為に「大垣東店」としたのではないかと思う)を初め、西濃地方のマックスバリュは全てイオンリテール運営の店舗ばかりなのに、何故垂井店だけ別法人であるマックスバリュ中部の運営になったのかがよく解らない。

それに、せっかく行動範囲にマックスバリュが出来たけど、実質垂井店でしか使えない(岐南・笠松なんて自分にとっては遠過ぎて行く気にならない)ポイントカードなどは作る気になれないし(しかも電子マネーWAONは使えないらしいし)、しょっちゅう買い物に出掛けている養老と違って垂井に買い物に行く回数は少ないので、今度の日曜あたりに一度行ってみたら、多分それ以降は滅多に行く事はないと思う。

それでは今夜はこの辺で。
COMMENT TO THIS ENTRY
  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
プロフィール

須藤泰昭(すどやん)

Author:須藤泰昭(すどやん)
岐阜県西濃地方在住。
1970年生まれ。
趣味・テレビ番組の録画
    映画の廉価盤DVD収集
好きな数字・7の倍数

飼い猫の「わく」ちゃんです。
イラスト英単語
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
ブログ内検索
CopyRight 2006 虹の終わる場所へ~「SUDOYAN'S SPACE」出張所 All rights reserved.